トルコリラ円スワップFXブログ-万歳達成

トルコ米国ビザ問題解決(の方向)へ!そしてひっそりと非常事態宣言延長…



10月09日トルコと米国のビザ相互発給停止が原因でトルコリラが暴落

もともと流動性が低い月曜日早朝という時間帯に加え、日米とも3連休中ということもあり一気にトルコリラが暴落し最安値更新となってしまいました。

トルコ米国ビザ問題はその後、ティラーソン米国国務長官とトルコのチャブシオール外相が電話会談を行い、これ以上の深刻化・緊迫化は避けられそうな雰囲気でしたが…。

トルコ米国ビザ問題解決(の方向)へ!

トルコとアメリカの間で、ビザ発給業務が先週相互に停止されたのを受け、問題を解決するために、両国の外交代表団の間で初めての協議が今日アンカラで行われる。

アメリカ国務省ヨーロッパ・ユーラシア地域担当のジョナサン・コーエン国務次官補を団長とするアメリカの外交代表団が今日(10月16日)アンカラで、トルコ外務省のアフメト・ムフタル・ギュン外務次官補を団長とする外交代表団とビザ発給業務停止問題を解決するために協議することが予定されている。

ビザ発給業務停止の経緯

イスタンブールにあるアメリカ総領事館の職員メティン・トプズがテロ組織フェトとつながりがあり、「憲法秩序を破壊しようとする企て」「スパイ行為」「トルコ共和国政府を排除しようとする企て」の罪で09月25日に逮捕された。

これに対し、アメリカ国務省は反発を示した。

トルコ外務省はトプズに関し、「2017年09月25日にテロとつながりがあるという罪で拘束され、その後逮捕された人物はアメリカ総領事館で正式に登録された職員ではなく、いかなる外交免責特権も領事免責特権も有していない」との声明を発表した。

これを受け、アメリカはトルコにあるすべてのアメリカの外交使節団の公館で移民以外のビザ発給業務を停止したと発表した。

アメリカの首都ワシントンにあるトルコ大使館もこれを受け、「アメリカにあるすべての我が国の外交使節団の公館でアメリカ国民に対するビザ発給業務を停止した」と発表した。




詳しい経緯は上記やトルコリラ暴落!一時30円割れ!米国トルコ間のビザ相互発給停止が原因!に譲るとして、このビザ相互発給停止問題が原因でトルコリラが売られて(トルコリラ安)いるのは確か。

是非、話し合いで解決して欲しいものです。

現にトルコ側もこれに先立ちトルコ当局に拘束されていたトプズ容疑者の妻と子を解放したようです。

(家族まで拘束していたのか!)

このまま、いがみ合いを続けるのはデメリットの方が多いですからね。

トルコ米国とも徐々に軟化してきていますし、是非政治的決着をつけて欲しいものです。

そしてトルコリラ高再び!

お願いしますよエルドアン大統領!


非常事態宣言も延長(の方向)へ

国家安全保障会議は、トルコ政府に

「トルコ領空をイラク・クルド地域政府に対し閉鎖する」

よう提案した。

また、非常事態の延長も提案した。




えーっと、トルコ的にはイラクのクルド人自治政府への報復処置として、クルド人自治政府関係のトルコ領空の飛行禁止を申し渡したようです。

クルド人自治政府はトルコも国境を接しているイラク内陸部にあります。

北にトルコ、南はイラク、東はイランで西はシリアと海には面してはいません。

友好国がなく、まさに四方八方敵であり四面楚歌状態です。

経済的にクルド人自治政府は苦しい立場に追いやられています。

(いわゆる経済封鎖、武田信玄が今川家と交戦状態になり今川家から塩を止められた状態と似た状況…分かりにくいかな)

またクルド人自治政府が実効支配しているキルクーク油田をイラク中央政府軍が奪還したとの報道があり(そのため原油価格が上昇中)、地政学リスクも上昇しています。

クルド人問題がまたまたきな臭くなってきたなー…って、何ひっそりと、ついでのように非常事態の延長”も”提案したって文字が!

いやいやいや、トルコリラ保有者にとっては、こちらの方が重要ですよ!

まあ、そうだろうとは思っていました。

でもまだトルコ政府の正式決定ではありません…が、国家安全保障会議が提案したってことは、ほぼほぼ決まりでしょう。

そうですか、非常事態宣言の延長ですか…。

また、欧州連合(EU)に攻撃(口撃)の口実を与えましたね。

これでまた欧州連合(EU)との仲直りの道が遠のきました…残念。

FXプライムbyGMO

高スワップポイント&約定力100%の完全約定!
キャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!
↑スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪


ビザ発給業務停止問題解決会談延期!

と、嬉しさ8割、悲しみ2割でクライマックスシリーズ見てたら、驚きのニューズが!

何だって!そんな馬鹿な!

トルコからの報道によると、10月17日に予定されていたトルコと米国の間の危機解決に関する交渉が延期された。

理由は明らかにされていない。

先にトルコのチャブシオール外相と米国の代表団との間で会合が開催されることが報告された。



トルコリラ円スワップ生活-がっかり

がっかり…



上記通り、非常事態宣言の延長も濃厚になってきたのと併せて、トルコリラも下がって(売られて)きているような。

よし気を取り直そう。

ただの延期ですよね?

話し合う前から決裂って事ではないですよね?

今週末くらいまでには無事解決されますよね?

この件に関しては、分かり次第記事にしていきます。


トルコリラ円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のトルコリラ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪

TOPページを下にスクロールすると出てきます。

トルコの政策金利は(2017年10月10日)現在8.0%

事実上の政策金利である後期流動性貸出金利は12.50%となっています。

高金利通貨として人気のオーストラリアドルやニュージーランドドル、そして南アフリカランド。

最近人気を高めつつあるメキシコペソなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

昨年からトルコリラ円で1位2位を争う高スワップポイントを維持し続けている管理人おすすめのFXプライムbyGMO(←スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪)。

FX取引高5年連続世界第1位!と本気を出してきたGMOクリック証券

1通貨から購入が可能!トルコリラ複利運用積立投資に最適なSBI FXトレードがおすすめです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑


FX取引ならヒロセ通商 セントラル短資FXダイレクトプラス
トルコリラ円FX投資をするなら今でしょ!