トライオートFX「米ドル/カナダドル」「ユーロ/ズロチ」手数料無料0円提供

【トライオートFX】ブログで年利益率10%の設定と実績

2024年2月12日週の週間利益は+1,319円!

手数料無料0円運用だと資金効率が段違い

 

2023年12月25日から始めたトライオートFXでの米ドル/カナダドル

8週目の先週2024年2月12日週の利益は、

  • 週間利益:+1,319円
  • 累計利益:+13,647円
  • 含み損益:-8,148円
  • 総合損益:+5,499円

 
結果8週を経過し、ここまで確定利益で年利益率+17.74%

累計損益で年利益率+7.15%換算となっています。

(サトウの50万円ではなく、推奨証拠金29万円換算だと+12.33%(;^_^A)

 
先週2月12日週の米ドル/カナダドルは、先々週に発表され、好内容だったカナダ1月雇用統計を引き続く形でカナダドル高が先行するも、アメリカ1月消費者物価指数(CPI)・生産者物価指数(PPI)が市場予想を上回る伸びを示したため、長期金利の上昇に伴うドル買い(ドル高)が勝る形となりました。
 

しかし所々で、細かくも新規⇒約定して利益を確定してくれています(^^♪

(現状は売りゾーンなので、上昇で新規ポジション、下落で利益確定となります)
 

米ドルは、上記通りアメリカ1月消費者物価指数(CPI)が前年同月比で、

前回:3.4%
予想:2.9%
実績:3.1%

コアCPIも前年同月比で、

前回:3.9%
予想:3.7%
実績:3.9%

と市場予想を上回りました。
 


 
また1月生産者物価指数(PPI)も前年同月比で、

前回:1.0%
予想:0.6%
実績:0.9%

コアPPIも前年同月比で、

前回:1.8%
予想:1.6%
実績:2.0%

と消費者物価指数(CPI)同様に市場予想を上回ったことから、早期利下げ観測は後退し、長期金利の上昇に伴うドル買い(ドル高)が進みました。
 


 
一方カナダドルは、先々週に発表された好内容だったカナダ1月雇用統計を引き続く形でカナダドル高が先行。

中東情勢をめぐる供給懸念から原油価格も堅調に推移しましたが、米ドルの勢いには勝てず、米ドル高・カナダドル安の展開となってしまいました。
 

結局前週比でおよそ+0.00235カナダドルの1.34827カナダドルで週の取引を終えています。

トライオートFXでの米ドル/カナダドル運用は、新規3・決済3という内容でした。
 

市場では2024年、連邦準備制度理事会(FRB)は4回の利下げ、カナダ銀行(BOC)4回も利下げを予想しています。

しかしこの市場予想は楽観的だと思いますが、概ね利下げの方向と言う方向性では差はないと考えられます。

つまり2024年の米ドル/カナダドルの値動きはレンジ相場になりやすく、リピート系FX自動売買に適した最強の通貨ペアと言えます(^^♪
 

トライオートFXがリニューアルされました(^^♪
 

  • 取引システムが刷新され処理速度が向上、より速くに
  • 運用成績カレンダーが追加され、成績が確認しやすく
  • メキシコペソ/円・米ドル/カナダドル・ユーロ/ズロチが追加
  • 米ドル/カナダドルとユーロ/ズロチは手数料無料、0円で提供

 
大切なことなので、2回言います。

「米ドル/カナダドルとユーロ/ズロチは手数料無料、0円で提供」

サトウカズオ的にはリニューアルよりも、こちらの方が余程重大ニュースであり、重要です!
 

アメリカとカナダは北米大陸での隣国同士。

経済的に密接に結び付いており、お互いに輸出No.1の国です。

お互いに影響を与え合っている関係上、米ドル/カナダドルの値動きはレンジ相場になりやすく、リピート系FX自動売買に適した最強の通貨ペアのひとつなのです!
 

トルコリラ円スワップFXブログ管理人
サトウカズオ
本当はメキシコペソ/円を取引したかったけど、手数料がかかるので候補外に。

ユーロ/ズロチは安値圏(ズロチ高)過ぎて想定レンジ外なのでこれまた回避。

取り扱いFX会社が少なく、手数料無料で0円運用の米ドル/カナダドル一択でしょ!

 

 

※:このブログ記事には、インヴァスト証券トライオートFXの広告を含みます。
 

松井証券FXスポンサードリンク

トライオートFX米ドル/カナダドル成績

2023年12月25日から開始して、最新の2024年2月18日時点での運用成績は、
 

2023年12月25日から始めたトライオートFXでの米ドル/カナダドル

8週目の先週2024年2月12日週の利益は、

  • 週間利益:+1,319円
  • 累計利益:+13,647円
  • 含み損益:-8,148円
  • 総合損益:+5,499円

 
結果8週を経過し、ここまで確定利益で年利益率+17.74%

累計損益で年利益率+7.15%換算となっています。

(サトウの50万円ではなく、推奨証拠金29万円換算だと+12.33%(;^_^A)

 

累計利益評価損益実 利 益
1/1週+5,243円-1,171円+4,072円
1/8週+5,881円-2,768円+3,113円
1/15週+7,177円-3,551円+3,626円
1/22週+9,108円-5,141円+3,967円
1/29週+10,377円-6,223円+4,154円
2/5週+12,328円-6,420円+5,908円
2/12週+13,647円-8,148円+5,499円

 


 
グラフを見ると毎週少しずつですが、利益が積み重ねているのが分かります。

リピート系FX自動売買の仕組み上、評価損益はありますが、現在はそれ以上に利益を上げていますし、今後実利益もどんどん増えていくことでしょう。
 

トライオートFXはトラリピよりもループイフダンよりもスプレッドは狭く、スワップポイントは高い(プラスとマイナスの差が無い)です。

トラリピよりもループイフダンよりもさらに稼いでくれることでしょう(^^♪

実際に運用して証明していきます( ・_・)b グッ

 

トライオートFX

 

トライオートFX米ドル/カナダドル設定

米ドル/カナダドル週足チャートと想定レンジ

米ドル/カナダドル週足チャートと想定レンジ

出典:トライオートFX取引画面より

 

  • 地域を分散する効果があること
  • 自動売買向きの通貨ペアであること
  • トライオートFXでの実績があること

から、インヴァスト証券トライオートFXも三大陸制覇戦略として推している通貨ペアである「米ドル/カナダドル」。

隣国同士だから値動きが少ない…こともなく、予想以上に良く動き、利益を上げてくれます。
 

正直に言うとこの米ドル/カナダドル設定は、いわゆるハーフ(Half&Half)戦略です(;^_^A

ただ最近は、アメリカ経済の好調さを反映してかドル高傾向が強く、そのためなるべくプラススワップポイントが発生するような設定を重視し、マイナススワップポイントを支払う期間が長期化しないようにも意識しています。

マイナススワップポイントは個々人により多少の違いはあれど、日々精神が削られていくのは確かなので、マイナススワップポイントが嫌な方は売り設定を設定せずに、買い設定のみで運用するのも”あり”です。
 

しかしサトウは、一番重要なのは「利益額」と考えています。

スワップポイントを重視するあまり利益が少なくなれば本末転倒です。

そのため、しっかりと計算して、なるべく大きな利益が期待されるように設定を調整しました。
 

  • 通貨ペア:米ドル/カナダドル
  • 売  買:売り
  • レ ン ジ:1.420~1.330
  • レンジ幅:930pips
  • 注文本数:31本
  • 注文金額:0.1万
  • 利益値幅:60pips
  • 損切値幅:なし
  • カウンタ:60pips

 

  • 通貨ペア:米ドル/カナダドル
  • 売  買:買い
  • レ ン ジ:1.330~1.201
  • レンジ幅:1320pips
  • 注文本数:44本
  • 注文金額:0.1万
  • 利益値幅:60pips
  • 損切値幅:なし
  • カウンタ:-60pips

 

トライオートFX米ドル/カナダドルの設定

米ドル/カナダドルの設定

出典:トライオートFX取引画面より

 
米ドル/カナダドルの設定は、いわゆるトライオートFXで言うところの「ハーフ」戦略。

米ドル/カナダドル=1.330カナダドルを境にして「売り」と「買い」の両建てを行います。
 

上記設定でサトウの想定金額は50万円。

ロスカットラインは上限は1.4660カナダドル

下限は1.2080カナダドルくらいとなっています。
 

下限のロスカットラインは想定レンジよりも上ですが、現状このラインまで米ドル安・カナダドル高が進む状況が見えないこと。

ここまで下落するまでに、ある程度の利益も乗っているので、多少ことでは大丈夫と判断し、このまま50万円設定で運用を開始ます(^^♪
 

米ドル/カナダドルの損益シミュレーション

米ドル/カナダドルのシミュレーション

出典:トライオートFX取引画面より

 
この設定で米ドル/カナダドルは【年利益率41.0%相当】。

本当なのか!出来すぎではないのか?

まあサトウは(余裕を持って)想定金額を50万円としている段階で、年間利益率は23.6%となるのですが、推奨証拠金29万~30万円とするならばこの年利益率となるのでしょう(;^_^A)
 

それを確かめるべく、サトウ自身のお金(リアルマネー)で運用して、実際の年利益率を報告していきます!

利益が乗り、上手く運用出来ていれば真似を。

損益が膨らみ、失敗とした運用となれば反面教師として、皆様のトライオートFX自動売買の投資方法の参考にしてください(^^♪

 

 

セントラル短資FX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
トライオートFX「米ドル/カナダドル」「ユーロ/ズロチ」手数料無料0円提供
最新情報をチェックしてあげる(^^♪

システムトレードの最新記事4件