トルコリラとメキシコペソ円のFXブログ-南アフリカランド

【最新】南アフリカランド円スワップポイント比較

トルコリラとメキシコペソ円のFXブログ-南アフリカランド

2022年11月21日-11月28日週

前週比1銭の南アランド安円高

 
11月21日週の南アフリカランド/円は、最大の貿易相手国である中国の新型コロナウイルス感染再拡大⇒ゼロコロナ政策強化(北京などでの行動規制再強化)や、世界経済の減速懸念によるリスク回避姿勢から売られていきました。
 

しかし注目された10月消費者物価指数(CPI)が前年同月比で、

前回: +7.5%
予想: +7.4%
実績:+7.6%

と前月や市場予想を上回ったこと。
 

そして24日に南アフリカ準備銀行が0.75%利上げし政策金利を7.00%としたことが好感され、買戻しの展開となりました。

結局前週比では1銭安となりましたが、他のクロス円と比べて大健闘と言えるでしょう(^^♪
 

確かに南アフリカランドは新興国通貨なので値動きは激しいですが、例え下落しても、その間は高いスワップポイントで耐えつつ、上昇時には為替差益で決済利益も狙います(^^♪

増額祭りで大変動の南アフリカランド円スワップポイント比較ランキングを発表します!
 

11月21日週の南アフリカランド円スワップポイントランキング第1位は、

10,000通貨あたり1週間の合計71.6円・1日平均14円32銭で、くりっく365

第2位は、10,000通貨あたり1週間の合計65.0円・1日平均13円00銭で、外貨ex byGMOでした!

 
南アフリカランドと言えば、価格自体は安値なのに政策金利以上のスワップポイントが貰える、これぞ高金利通貨!と言う通貨の代表格です。

良く言えば、銀行のレートが安定しており、FX会社も安心して高いスワップポイントが出せる通貨。

悪く言えば、客寄せ通貨です(笑
 

その南アフリカの政策金利は7.00%!

11月24日、南アフリカの政策金利は市場予想通り0.75%利上げし、7.00%となりました(^^♪
 

スポンサードリンク

南アフリカランド円スワップポイント比較

  1. 岡三オンライン証券_くりっく365

    岡三オンライン[くりっく365]

    21日0円
    22日0円
    23日44.5円
    24日13.1円
    25日14.0円
    26日0円
    27日0円
    合計71.6円
    1日平均14円32銭
    取引単位100,000通貨
    スプレッド0.5銭10月平均

     

    岡三オンライン証券…というか、くりっく365勢が1週間の合計スワップポイント71.6円、1日平均では14円32銭で復活の第1位に!

    しかし店頭FXとは違い、安心安全のくりっく365にしては頑張っていると思います。

    東京金融取引所(愛称”くりっく365″)は、金融商品取引法に基づき市場開設の免許を受けた公的な取引所です。

    くりっく365では、東京金融取引所でもFX取扱会社でもスワップ金利で利益を得ていないため、投資家に魅力的なスワップポイントを提供しています。
     

     

  2.  

  3. 外貨ex byGMO

    21日0円
    22日0円
    23日39円
    24日13円
    25日13円
    26日0円
    27日0円
    合計65円
    1日平均13円00銭
    取引単位10,000通貨
    スプレッド1.3銭原則固定

     

    外貨ex byGMOが1週間の合計スワップポイント65円、1日平均では13円00銭で第2位に!

    ワイジェイFX(ヤフーグループ)から外貨ex byGMO(GMOインターネットグループ)に代わり、新たなFX会社となった外貨ex byGMO!

    面白いCMもさることながらキャッシュバックキャンペーンの内容が凄くて、理からの入れ具合がわかります。

    スマホアプリもワイジェイFX時代から使いやすかったのが、GMOインターネットグループ入りしてさらに進化していますね(^^♪

    しかもバイナリーオプションである「オプトレ!」も楽しめたりと色々勢いづいている外貨ex byGMOは要チェックや!
     

     

  4.  

  5. FX取引ならヒロセ通商へ

    ヒロセ通商[LION FX]

    21日12円
    22日13円
    23日36円
    24日13円
    25日13円
    26日0円
    27日0円
    合計87円
    1日平均12円42銭
    取引単位1,000通貨
    スプレッド0.8銭原則固定

     

    ヒロセ通商が1週間の合計スワップポイント87円、1日平均では12円42銭で第3位に!

    トルコリラ円メキシコペソ円でも上位の常連、当然南アフリカランドでも上位に食い込む!

    スプレッドは業界最狭!手数料無料で1,000通貨単位で購入可能、必要証拠金も引き下げなどハイスペックなFX会社となり、過去のスワップポイントは高いけど使いにくい会社と言うイメージは払拭できたぞヒロセ通商!

    高金利通貨取扱・高スワップ付与FX会社なヒロセ通商をスワップポイントが高い限り支持します(^^♪
     

     

  6.  

  7. トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    トレイダーズ証券[LIGHT FX]

    21日0円
    22日0円
    23日36.3円
    24日12.1円
    25日13.1円
    26日0円
    27日0円
    合計61.5円
    1日平均12円30銭
    取引単位1,000通貨
    スプレッド0.9銭原則固定

     

    トレイダーズ証券のLIGHT FXが1週間の合計スワップポイント61.5円、1日平均では12円30銭と同額で仲良く同率の第4位に。

    スワップポイント・スプレッドはトレイダーズ証券みんなのFXとほぼ同じのため、業界一・二を争う高スワップポイント!

    だったらわざわざ口座開設する必要ないのでは?

    いえいえみんなのFX⇒売買専用口座LIGHT FX⇒積み立てFX口座と分けることが出来ます!

    さらに、みんなのFX⇒トルコリラ口座LIGHT FX⇒南アランド口座と通貨別に管理することも♪
     

     

  8.  

  9. トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ

    トレイダーズ証券[みんなのFX]

    21日0円
    22日0円
    23日36.3円
    24日12.1円
    25日13.1円
    26日0円
    27日0円
    合計61.5円
    1日平均12円30銭
    取引単位1,000通貨
    スプレッド0.9銭原則固定

     

    トレイダーズ証券みんなのFXが1週間の合計スワップポイント61.5円、1日平均では12円30銭と同額で仲良く同率の第4位に。

    みんなのFXはトルコリラメキシコペソのランキングでも1位か2位と圧倒的!

    そして南アフリカランドのスワップポイント付与額も8円/1日を記録するなど高金利通貨FX世界の新たな神となるか!

    しかもみんなのシストレみんなのバイナリーオプションと幅広いFXが楽しめるトレイダーズ証券は要チェックや!
     

     

  10.  

  11. DMM FX

    DMM.com証券

    21日33円
    22日0円
    23日0円
    24日33円
    25日11円
    26日0円
    27日0円
    合計77円
    1日平均11円00銭
    取引単位10,000通貨
    スプレッド1.0銭10月実績

     

    DMM.com証券の1週間の合計スワップポイント77円、1日平均では11円00銭と同額で同率の第6位に。

    総口座数国内第1位!FX年間取引高世界第2位!さらには国内FX会社最狭スプレッドの称号を手に入れた(サトウカズオ調べ)DMM.com証券!

    うーん南アフリカランド円取引においても隙がない、まさに王者の貫禄!

    豊富な取引ツール、手厚いサポート体制とFX初心者にも安心しておすすめできるFX会社ですね。

    ドル円、ユーロ円も楽しみつつ南アフリカランド/円に投資する…という場合は、最適なFX会社かな♪
     

     

  12.  

  13. GMOクリック証券

    GMOクリック証券

    21日0円
    22日0円
    23日33.0円
    24日11.0円
    25日11.0円
    26日0円
    27日0円
    合計55.0円
    1日平均11円00銭
    取引単位100,000通貨
    スプレッド0.9銭原則固定

     

    GMOクリック証券が1週間の合計スワップポイント55.0円、1日平均11円00銭と同額で同率の第6位に。

    FX取引高世界第1位!(2020年1月~2021年12月:ファイナンス・マグネイト社調べ)、日本国内でもFX預かり資産第1位!総口座数第2位!と、DMM.com証券と対をなす国内FX会社の雄!それがGMOクリック証券。

    どこかのFX会社の口座を開設するならGMOクリック証券もついでに口座開設しておきましょう!

    ドル円、ユーロ円などの主要通貨ペアはFX業界最狭水準です!

    バイナリーオプションも楽しめなど、安心しておすすめできるFX会社です♪
     

     

  14.  

  15. SBI FX

    SBI FXトレード

    21日0円
    22日0円
    23日0円
    24日33円
    25日11円
    26日11円
    27日0円
    合計55円
    1日平均11円00銭
    取引単位1通貨
    スプレッドほぼ0.99銭

     

    SBI FXトレードが1週間の合計スワップポイント55円、1日平均では11円00銭と同額で同率の第6位に。

    必要証拠金は安く、スワップポイントは高く、ロスカットルールは保証金維持率50%と業界最高水準で初心者に優しい!

    唯一の弱点と言えたホームページが簡単(凝ってなさ)すぎて不安なところも(笑)全面的にリニューアルしてデメリット無し!?

    そして1番の特徴は1通貨から取引可能で少額から取引できる積立FX!由一無二の他社にない強力な強味です。

    ドルコスト平均法を最大限発揮できるのはSBI FXトレードだけ♪
     

     

  16.  

  17. トライオートFX_トルコリラ用

    インヴァスト証券[トライオートFX]

    21日0円
    22日0円
    23日30円
    24日10円
    25日11円
    26日0円
    27日0円
    合計51円
    1日平均10円20銭
    取引単位10,000通貨
    スプレッドおおよそ1.8銭

     

    インヴァスト証券のトライオートFXが1週間の合計スワップポイント51円、1日平均では10円20銭で第9位に。

    しかし他のFX会社とは違いトライオートFXというFX自動売買システムソフトを使い、初期設定時に2-3分設定するだけで、あとは新規⇒決済⇒新規を自動で売買を繰り返しほったらかし状態に。

    そのため南アフリカランド上昇時はシステムが自動で新規⇒決済を繰り返しお金を稼ぎ、南アフリカランド下落時はスワップポイントで稼ぎながら耐えることが出来ます。

    高金利通貨南アフリカランド+FX自動売買=最強?
     

     

  18.  

  19. FXプライムbyGMO

    FXプライムbyGMO

    21日30円
    22日0円
    23日0円
    24日30円
    25日11円
    26日0円
    27日0円
    合計71円
    1日平均10円14銭
    取引単位1,000通貨
    スプレッド0.9銭原則固定※1

     

    FXプライムbyGMOが1週間の合計スワップポイント71円、1日平均では10円14銭で第10位に。

    アメリカ雇用統計時やテロなど相場が荒れる場面でも約定力(約定率)99%以上を貫き通したのはさすがで、元伊藤忠商事だった意地か高スワップポイントの維持と安定感・継続性が光ります。

    2006年から南アフリカランド円、2017年開始のトルコリラ円、2018年からはメキシコペソ円の取り扱いも開始するなど高金利通貨への理解が深い!

    さすが今現在管理人一押しのFXプライムbyGMO

    バイナリーオプションも楽しめるよ♪

    注:※1
    ※対象時間は午前9時~翌午前4時まで。
     

     

  20.  

  21. 外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

    マネーパートナーズFX

    21日0円
    22日0円
    23日18円
    24日6円
    25日6円
    26日0円
    27日0円
    合計30円
    1日平均6円00銭
    取引単位10,000通貨
    スプレッド0.9銭原則固定

     

    マネーパートナーズのパートナーズFXが1週間の合計スワップポイント30円、1日平均では6円00銭と同額で同率の第11位に。

    頑張れマネーパートナーズ!管理人も(南アフリカランド円&メキシコペソ円で)利用しているぞ!

    スプレッドの条件は落ちるものの100通貨単位のパートナーズFX nanoというコースもあり、積み立てFX投資に最適です♪

    ただnano口座が証拠金維持率100%でロスカットなのに対し、こちらのパートナーズFXは証拠金維持率40%までOKと言うメリットも♪

    さらにパートナーズFXには代用有価証券サービスと言う、株・ETFを担保にして資金0円でFXができる素晴らしい仕組みもあります(^^♪

    さすが2016年・2017年・2018年・2019年・2020年オリコン日本顧客満足度ランキングFX取引部門、5年連続第1位ですね。
     

     

  22.  

  23. マネーパートナーズFX

    マネーパートナーズFXnano

    21日0円
    22日0円
    23日18円
    24日6円
    25日6円
    26日0円
    27日0円
    合計30円
    1日平均6円00銭
    取引単位100通貨
    スプレッド0.1銭-0.8銭原則固定

     

    マネーパートナーズの100通貨単位で取引できるコースであるパートナーズFXnanoが1週間の合計スワップポイント30円、1日平均では6円00銭と同額で同率の第11位に。

    上記は100通貨単位のパートナーズFXnanoで積み立てFX投資に最適です♪

    しかも連続予約注文と言うリピート系自動売買ツールを手数料無料のスプレッドのみで利用でき、サトウカズオおすすめの口座でもあります。

    さすが2016年・2017年・2018年・2019年・2020年オリコン日本顧客満足度ランキングFX取引部門、5年連続第1位ですね。

    頑張れパートナーズFXnano!管理人も(ドル円・カナダドル円口座として)利用しているぞ!
     

     

  24.  

  25. セントラル短資FX

    セントラル短資FX

    21日0円
    22日0円
    23日12円
    24日4円
    25日4円
    26日0円
    27日0円
    合計20円
    1日平均4円00銭
    取引単位1,000通貨
    スプレッド0.9銭原則固定

     

    セントラル短資FXが1週間の合計スワップポイント20円、1日平均では4円00銭で最下位に。

    「高金利通貨と言えばセントラル短資FX」で口座開設した人も多いはず。

    ドル/円、ユーロ/円はスプレッドが広いため10,000通貨単位のウルトラFXや他のFX会社をおすすめするも南アフリカランド/円なら問題なし!

    むしろ1,000通貨単位(手数料無料)、スワップポイントの決済前の引き出し(出金)可能と高スペック!

    “売買シグナル”を搭載した「みらいチャート」によると南アフリカランドは…。

    口座開設で無料即加入できるセントラル短資FXクラブオフ会員が意味不明にお得すぎます(^^♪

    (↑タイアップキャンペーン実施中!「トルコリラ円スワップ生活」は1つ前のブログタイトルです(;^_^A)
     

     

2022年11月21日週の南アフリカランド

2022年11月21日週の終値は、1南アフリカランドで8円12銭くらいです。

前週比1銭の南アフリカランド安円高で週の取引を終えています。

一方、1トルコリラは7円44銭くらいです。

前週比9銭のトルコリラ安円高ですね。
 


 
単純計算で同じ日本円の金額で買える通貨枚数は、1トルコリラ≒1.0南アフリカランドくらいとお考えください。

つまりはトルコリラの1/1のお値段で南アフリカランドが買えます!
 

南アフリカランドの利回り・ロスカット

現状の為替相場、1南アフリカランド=8.0円初期投資金額を8.0万円スワップポイント(スワップ金利)は1日16円と仮定。

ロスカットは証拠金維持率100%で計算した場合、
 

【1万通貨:レバレッジ1倍】
年間スワップ金額:5,840円

年間利回り:7.30%

ロスカット:0.000円

【2万通貨:レバレッジ2倍】
年間スワップ金額:11,680円

年間利回り:14.60%

ロスカット:4.167円

【3万通貨:レバレッジ3倍】(←おすすめ)
年間スワップ金額:17,520円

年間利回り:21.90%

ロスカット:5.556円

【4万通貨:レバレッジ4倍】
年間スワップ金額:23,360円

年間利回り:29.20%

ロスカット:6.250円
 

史上最安値が5円66銭くらい(2020年4月)です。

南アフリカランドならレバレッジ3倍でも年率(年利回り)およそ22%も現実的です!
 

利上げ姿勢の南アフリカ準備銀行(SARB)。

指し値オペを実施するなど、異次元金融緩和政策の断固維持を掲げる日本銀行(BOJ)。

この南アフリカ・日本館の金利差拡大、原油価格の上昇も考えると、1ランド=6.0円を割るのは現状考えられませんが、まあレバレッジは3倍あたりが順当でしょうか(;^_^A

それでも年率(年利回り)およそ22%とは恐ろしい…。
 

自分のお金です、リスク管理・資金管理は十分にご注意ください。

当然リスクはあるものの、それを補って余りあるほどの魅力ある高金利通貨として現在でも大人気の南アフリカランド

寝ていても仕事をしていても、お金が”ちゃりんちゃりん”と入ってくる(ものぐさ)初心者投資家ニーズに答える注目の南アフリカランド/円スワップポイントをランキング形式で発表していきます!
 

南アフリカランド今後の為替見通し

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-良いニュースと悪いニュース

南アフリカでは、予てより電力不足に代表されるインフラ面の問題が指摘されています。

国内のおよそ9割の電力供給をまかなう国営電力会社エスコムは巨額の負債を抱え、現状でも経営状況の改善は見られず、最近では電力供給能力の低下から散発的に実施されていた計画停電が強化されるなど更に深刻化しています。

電力問題が長期的に足かせとなる中で、4月の洪水被害による国内情勢・経済への影響も現時点では未知数のため、景気回復の妨げとなる可能性も考慮したいです。
 

また、対外的な要因についてみると、主要貿易相手国である中国では、新型コロナウイルス再拡大を抑え込むべく厳格な「ゼロコロナ」政策により都市部でロックダウン措置を敢行、中国経済の先行き不透明感が広がりました。

今後再びロックダウン措置などが実施された場合、南アフリカへの悪影響も大きいといえます。
 

加えて、今年は主要国の利上げラッシュ局面、中でもアメリカは国内の高インフレ抑制対応のために積極的な金融引き締め策を打ち出しており、市場ではその後のリセッションシナリオを懸念する声も聞かれています。

利上げ局面を経て景気後退局面まで、基軸通貨米ドル優勢の展開となれば、南アフリカランドの上値圧力になる点には警戒したいです。

(米ドル高・南アフリカランド安の展開となりやすい)
 

既に高値圏でもあり、南アフリカランド/円では6.5円から9.0円付近のレンジ相場を想定シナリオとみています
 

引用元:南アフリカランドの為替見通しをトレイダーズ証券井口喜雄に聞く

 

併せて読みたい関連記事

円安資源高で上昇も国内問題山積み南アフリカランド今後の為替見通し 南アフリカランドが凄い!サトウカズオ的には南アフリカランドが何故ここまで上昇している理由が分からず、なんならトルコリラの方がポテンシャルは高[…]

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-地獄か天国か
 

南アランド手動トラリピでロスカット回避

南アフリカの政策金利は現在7.00%(2022年11月27日)。

南アフリカランドは高金利通貨として、他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

この記事を見られているってことは南アフリカランドに興味があるってことですよね?

気になるなら悩むよりも時間を味方に、早く始めることが重要だと思います♪
 

心配ならサトウカズオの過去の経験から学ぶ南アフリカランドは金利天国?手動トラリピで利益も安定感もupを参考にしてみてください。

何か南アフリカランド投資へのヒントになれば幸いです(^^♪

 

併せて読みたい関連記事

南アランド半端ないって!めっちゃ上昇してるもん言っといてや、コロナ前よりも上昇するんやったら スワップポイントがたくさん貰える通貨ペアはなんでしょう?このFXブログのタイトルにもなっている、トルコリラ/[…]

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-ヒロセ通商LION FX

 

トレイダーズ証券【LIGHT FX】
セントラル短資FX
トルコリラとメキシコペソ円のFXブログ-南アフリカランド
最新情報をチェックしてあげる(^^♪

スワップポイントの最新記事4件