ユーロポンドの予想レンジを説明

【ループイフダン】ユーロポンドの予想レンジと設定

ループイフダンの平均利益率は+14%

ループイフダンでユーロ/ポンド運用

少額50万円からの設定と実績も公開!

 

ループイフダンによるユーロ/ポンド運用。

開始33週目、先週2023年1月16日週の利益は、

  • 週間利益:+*2,753円
  • 累計利益:+75,102円
  • 含み損益:-26,494円
  • 累計損益:+48,608円

 
運用を開始して33週を経過し、確定利益で年利益率+23.67%

累計損益で年利益率+15.32%換算となっています。

 
2023年1月16日週のユーロ/ポンドは、前週比-0.01001ポンドの0.87509ポンドで週の取引を終了しています。

先週のユーロ/ポンドは、ユーロ安・ポンド高の展開となりました。

イングランド銀行(BOE)による追加利上げが想定されたことから、ポンドの買戻しが進んだ格好です。
 

ユーロは、ユーロ圏経済の先行き不安は解消されていません。

しかし欧州中央銀行(ECB)は2月開催の理事会に向けタカ派姿勢を強めていましたが、「欧州中央銀行(ECB)内にて2月に0.50%の利上げ後、3月には0.25%の利上げへと減速させる支持が強まっている」との一部報道からユーロ安が進みました。
 

しかしその後、ドイツのショルツ首相による「ドイツは今年、景気後退を回避すると確信」との発言。

欧州中央銀行(ECB)12月定例理事会議事録にて、当初0.75%の利上げを支持する委員がいたことが明らかになるなど、改めて強気なタカ派姿勢が確認されたことから、ユーロの買戻しが進みました。
 

一方ポンドも、イギリス経済の先行き不透明感は変わらず、また直近の経済指標も市場予想を下回る内容のものが多くなっています。

とは言えイギリス12月消費者物価指数(CPI)が前年同月比で10.5%。

食料品やエネルギーを除いたCPIコア指数でも同じく前年同月比で6.3%と高止まりが続いていることからイギリスの記録的な高水準のインフレを背景に、イングランド銀行(BOE)も金融引き締めスタンスは維持しており追加利上げが想定されたことから、今まで売られていたポンドの買戻しが進みました。
 

また2023年のイギリスの経済成長率は鈍化するものの、大幅な景気悪化は回避されるとの見方が浮上したこともポンドへの支援材料となりました。

通貨強弱は「ポンド>ユーロ>ドル」の順です。
 


 
ユーロはEU域内経済指標が低調ながらも、インフレのピーク越えが期待されていること。

ポンドは、スナク新政権による財政再建の観点からポンド買いが進みそうも、高インフレ下での増税による経済への影響も懸念されており、…どちらも懸念材料が多く、買いにくい状況が続いています(-_-;)

つまりはレンジ相場が期待できる!

そう、リピート系FX自動売買であるループイフダンが得意なレンジ相場を形成中です(^^♪

サトウは売り設定なので、大きく下落(ユーロ安・ポンド高)になって欲しいです(;^_^A
 

ループイフダンによるユーロ/ポンド運用、先週2023年1月9日週は、新規2・決済4の取引となりました。

ユーロ/ポンドでは「売り」で高いスワップポイントを得ることができます。

ポジションを持つと決済されるまでは高いスワップポイントが積み重なり、決済時にドカンと利益に貢献してくれます。

そのため多少の含み損の時(スワップポイント積み上げ期間)も許容でき、次週以降の決済に期待大です(^^♪
 

そのため、サトウカズオは確信しました!

ループイフダンはFX自動売買中スプレッド最狭+スワップポイント最高な素晴らしいリピート系FX自動売買(シストレ)(※2)です。

そう、ループイフダンはおすすめなのです( ・_・)b グッ
 

そのループイフダンでの運用成績とその設定方法を説明していきます。

資金に余裕がある、1回の利益額が少ないと感じた方は、取引数量を「1:1,000通貨」から「2:2,000通貨」にするなど、2.0倍や5.0倍にして、各自調整してください(^^♪
 

※1:平均利益率14%
2020年度前期(4月1日~9月30日)にループイフダン口座で運用中のお客様を対象とし、4月1日と9月30日の各口座の利益率を平均した値。

アイネット証券調べ。
 
※2:スワップポイント最高
2022年12月18日現在。

サトウカズオ調べ。
 

ちなみに同じくループイフダンでメキシコペソ25万円チャレンジの検証報告も行っていますので、よろしかったら参考にしてみてください(^^♪
 

併せて読みたい関連記事

ループイフダンでメキシコペソ運用少額25万円からの設定と実績も公開 ループイフダンによるメキシコペソ運用。開始97週目、先週2023年1月16日週の利益は、週間利益:+4,342円累計利[…]

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-お金の生る木

 

 

スポンサードリンク

ループイフダンでユーロポンドの運用成績

2022年6月6日から開始して、最新の2023年1月15日時点での運用成績は、
 

ループイフダンによるメキシコペソ運用。

開始33週目、先週2023年1月16日週の利益は、

  • 週間利益:+*2,753円
  • 累計利益:+75,102円
  • 含み損益:-26,494円
  • 累計損益:+48,608円

 
運用を開始して33週を経過し、確定利益で年利益率+23.67%

累計損益で年利益率+15.32%換算となっています。

 

累計利益評価損益実 利 益
12/5週+68,991円-9,112円+59,879円
12/12週+68,991円-23,713円+45,278円
12/19週+69,668円-37,780円+31,888円
12/26週+70,318円-46,656円+23,662円
1/2週+71,608円-34,429円+37,179円
1/9週+72,349円-43,922円+28,427円
1/16週+75,102円-26,494円+48,608円

 


 

ループイフダンでユーロポンドの設定方法

サトウカズオが(2023.1.22)現在、どのようの設定でユーロポンドをアイネット証券のループイフダンを稼働運用させているのかを書いていきます。
 

1回の利益額が少ないと感じた方は、取引数量を「1:1,000通貨」から「2:2,000通貨」にするなど、2.0倍や5.0倍にして、各自調整してください(^^♪

ただし、ご自身の資金、リスクとリターンを考えた心がけをお願いします。
 

ユーロ/ポンドのチャートと想定レンジ

2015年からのユーロ/ポンド月足チャート

 

質問がきそうなので予め記載しておきますが、基本的にスワップポイントが貰える「売り」レンジのみとし、マイナススワップポイントとなりスワップポイントを支払う「買い」レンジは運用しません

下にレンジアウトした時は、そのまま値が返ってくるまで待ちます。
 

ただチャートを見るに、レンジを下抜ける場合も直ぐに戻ってきていることを考えると、「売り」と同じレンジ幅で仕掛けるのも面白いと思います(^^♪

この場合は「ループイフダンBS」が活躍しますね( ・_・)b グッ
 

とは言え、長期的に見ると今はかなり高値圏であり、いったん値が崩れると、どこまで下に行くのか分からない・目途が見えないので「買い」運用はおすすめしません。

そこまで冒険を冒す必要もないかな、と思っております。
 

一方、可能性はかなり低いと思いますが、上にレンジアウトした時は、追加資金を投入し、1.00までは耐えようかと思っています。

過去チャートを見ても1.00を超えたことは無く、1.00を上抜ける可能性はかなり低いと思いますが…(大切なので2回言いました(;^_^A)
 

ユーロ/ポンドの設定

ユーロ/ポンドの設定

 

  • 通貨ペア:ユーロ/ポンド
  • 売  買:売り
  • システム:S40(EUR/GBP)
  • 損切設定:損切なし
  • 取引数量:0.1万
  • レ ン ジ:0.95~0.83
  • レンジ幅:1200pips
  • 最大ポジション数:31

 
上記設定で推奨金額は50万円。

想定レンジは目安です。

ユーロ/ポンドのレートが高値圏0.98~0.96ポンド、安値圏が0.82~0.80ポンドになったら、一旦停止するのが良いでしょう。

ループイフダンは、ぴたっとレートを選べませんし、そもそも為替は予想通り動いてくれないのでので大体で問題ありません(^^♪

 

ループイフダン

ユーロポンドの予想レンジと見通し

 

なぜループイフダンなのか?

サトウカズオはほったらかし投資が大好きです。

今でこそセミリタイア生活(無職)でコロナ禍と言うこともあり、ほぼ一日中家にいますが、仕事をしていた時は当然忙しく、帰ったら食事してお風呂入ってもう寝ていました。

多数の会社員の人や主婦の方も忙しい日々を過ごしていることでしょう。

つまりはトレードしている暇は無いのです。
 

また裁量トレードをする相場観はサトウにはありません。

上昇しようが下落しようが相場の状況に左右されない、相場を読まないトレード。

それが「リピート系FX自動売買=ループイフダン」です。

ユーロポンドのスプレッド比較

アイネット証券のループイフダンは手数料が無料!

そのためループイフダンにかかる費用は、純粋にスプレッドのみです。

さらにそのスプレッドは業界最狭水準!

以下、1,000通貨あたりの売買手数料を加味したスプレッドとなります。
 

システム名米ドルユロポンカナダ豪/NZ
トラリピ4.4-4.73.8-4.55.05.0
ループイフダン2.04.05.06.0
トライオート4.35.95.99.8
iサイクル注文23.06.07.012.0
トラッキングトレード2.24.96.89.1

 
※注意(1:
トラリピは変動制、日中目視確認。

そのためトラリピは上記とは違う可能性あり。

※注意(2:
iサイクル注文、トラッキングトレードは手数料半額キャンペーンをずっと実施中で手数料は半額の200円。

反映済み。

※注意(3:
トライオートFXは、10,000通貨以上での取引の場合、手数料が半額(1/2)となるため、上記の表のとおりではないことをご了承ください。
 

上の表のようにループイフダンのスプレッドは最狭・最安水準です!

一番取引量の多い米ドル。

この記事でも取り上げているサトウカズオおすすめのユーロポンドは最狭!

リピート系FX自動売買で最強通貨ペアと呼ばれている豪ドル/NZドル…はトラリピに劣るものの、2番手につけています。
 

つまり…ループイフダンの米ドルは約定しているのに、トラリピでは約定していない…なんてことは結構あります。

ループイフダンのメキシコペソも約定しているのに、iサイクル注文2では約定していない…なんてことも結構あります。

スプレッドが狭い・手数料が無料!はとても重要です♪

 

ループイフダン

ユーロポンドの予想レンジと見通し

 

ループイフダンでユーロポンドまとめ

トルコリラとメキシコペソのFXブログ_メリット・デメリット

メリット

  • ループイフダンは手数料が無料!
  • ループイフダンはスプレッドが最狭水準!
  • 初心者でも簡単!シンプルで分かりやすい設計
  • 1,000通貨単位で運用可能なので少額からでもOK!(※4)
  • スワップポイントが高い!FX自動売買ツールの中では最高値!(※5)

 
デメリット

  • 自由度が低い(注文値幅・決済値幅が決まっている)
  • 開始したレートが基準となるたた開始値・決済値を選べない

 
個人的には、サトウカズオの本名が「木津智理斗(きつちりと)」と、名は体を表すと言われているように、開始値が「○○.02」とかで始まると、決済値も「××.02」となり、この端数が何とも気に入らないのですが、まあそれは個人的な感情(;^_^A
 

総じてデメリットを上回るメリット!

デメリットも某FX自動売買システムへの特許関係と思われるので強く言えない(苦笑

スワップポイントも裁量組のFX会社を抑えてランキングトップを飾るなど、現状一番スペックが良いFX自動売買システムと言えるでしょう♪
 

ループイフダン4コマ漫画
 

 

トレイダーズ証券【LIGHT FX】
セントラル短資FX
ユーロポンドの予想レンジを説明
最新情報をチェックしてあげる(^^♪