トルコリラ円スワップ生活-トルコリラ安

トルコリラ円スワップポイント急落!なぜ?



あれ?FXプライムbyGMOのスワップポイントが下がっている。

GMOクリック証券のスワップポイントも下がっている。

トライオートFXのスワップポイントも下がっている…どうしたんだトルコリラ!?

(既に答えは題名に書いているけどね(笑)

トルコ中央銀行、買いオペレーションを実施

FX会社によっては12日から(マネーパートナーズ)

他のFX会社でも13日から(FXプライムbyGMO、GMOクリック証券、ヒロセ通商、インヴァスト証券、SBI FXトレード)急落したトルコリラ円のスワップポイント。

トルコの政策金利発表は14日なのに何故か気にはなっていたのですが、特段情報も無く、金利等の一時的な事柄だろうと思っていたのですが…。

飛んでイスタンブールさん、情報ありがとうございます。(←お歳がばれますよ(笑)

なんと、トルコ中央銀行が「買いオペレーション(通称:買いオペ)」を実施したようです。

トルコ/円のスワップポイントについて


平素はSBI FXトレードをご利用くださいまして誠にありがとうございます。

昨日、トルコの外貨準備に係る同国中央銀行のオペレーションの影響で、トルコの短期金利が急落しております。

その結果、トルコ/円のスワップポイントが大幅に減少しております。

(買建玉の受取額、売建玉の支払額が共に減少)

なお、9月14日(木)にトルコの政策金利発表が予定されておりますので、口座状況を含め、お取引・ポジション管理等にご留意くださいますようお願い申し上げます。




また、マネーパートナーズでも、

トルコリラ/円のスワップポイントにつきまして


スワップポイントは「政策金利」ではなく「短期金利」を基に策定し、カウンターパーティからの提示を受けて、当社にて決定しております。

14日にトルコ中央銀行・金融政策決定会合が行われることもあり、現在トルコリラ(TRY)は短期金融市場にて極めて不安定な動きを見せています。

11~12%前後で推移していたトルコリラ(TRY)・オーバーナイト金利は一夜にして一時7%台への急低下(12日)を見せており、カウンターパーティからの提示も極めて不安定な状況になっています。

あくまで「短期的な需要ひっ迫が原因」とは見られますが、お客様に於かれましては、トルコリラ/円のスワップポイントは「落ち着きを見せるまで、しばらく急変動する可能性あり」という旨をご理解いただければと存じます。



買いオペレーションとは

買いオペレーション(通称:買いオペ)とは、中央銀行が市場から債券などを大量に購入することです。

その効果は、

債券大量購入
⇒債券価格上昇
⇒債券利回り低下
金利引き下げ

債券大量購入
⇒債券購入代金が市場に大量に出回る
⇒金融緩和
通貨安を招く

となります。

まあ、日本銀行も金利上昇を抑えるために行っていて、

日本の金利上昇を抑える
⇒日米金利差拡大の思惑からドル高円安

となります。

逆に日本の金利上昇を放っておくと
⇒日本の金利上昇
⇒日米金利差縮小の思惑からドル安円高

となります。

今回11%~12%と言われるトルコリラのオーバーナイト金利を一夜にして7%台への急低下させるなんて、トルコ中央銀行もやるなー。

ただ、ずっと続ける訳にもいかず(資金が続かない)、金利も徐々に戻るはずなので、この効果がいつまで続くことか。

トルコリラホルダーにとってはスワップポイントが下がる(利益儲けも下がる)ので、嫌なことは嫌ですが、これがトルコ経済トルコリラにとって良い事ならば、長期的にはトルコリラホルダーにとってもメリットある施策だと思いたいです。

(でも…残念…)

FXプライムbyGMO

高スワップポイント&約定力100%の完全約定!
キャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!
↑スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪


買いオペ実施によってスワップポイントの変化

このトルコ中央銀行による買いオペレーション実施によって、トルコリラがどうなったかと言うと…。

先週9月第2週のトルコリラスワップポイント付与額ベスト4の推移は…、

GMOクリック証券
108円⇒106円⇒95円107円

FXプライムbyGMO
105円⇒105円⇒70円*80円

ヒロセ通商[LION FX]
108円⇒107円⇒81円*95円

マネーパートナーズ
*95円⇒*70円61円*80円


(それぞれ、11日⇒12日⇒13日⇒14日のスワップポイント)

うん、徐々に落ち着きを取り戻し、スワップポイントも再度上昇に向かっています。

やはり一時的な減少に収まりそうです。

トルコリラホルダーの皆様は落ち着いて、引き続きトルコリラを買い増ししていきましょう♪

今週のトルコリラ円スワップポイント比較ランキングで詳しくまとめますので、を期待しておいてくださいね♪



トルコリラ円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のトルコリラ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪

TOPページを下にスクロールすると出てきます。

トルコの政策金利は(2017年09月14日)現在8.0%

事実上の政策金利である後期流動性貸出金利は12.50%となっています。

高金利通貨として人気のオーストラリアドルやニュージーランドドル、そして南アフリカランド。

最近人気を高めつつあるメキシコペソなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

昨年からトルコリラ円で1位2位を争う高スワップポイントを維持し続けている管理人おすすめのFXプライムbyGMO(←スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪)。

FX取引高5年連続世界第1位!と本気を出してきたGMOクリック証券

1通貨から購入が可能!トルコリラ複利運用積立投資に最適なSBI FXトレードがおすすめです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑


GMOクリック証券 マネーパートナーズ
スワップポイントはいつでも引き出し(出金)可能!