トルコリラ円スワップ生活-投票選挙

クルド人自治区でイラクからの分離独立の是非を問う住民投票を強行



上の図はあくまでもイメージ図で実際は銃を片手にした武装自衛団の中での投票となっています。

クルド人自治区周辺ではトルコ・イラク合同軍事演習が実施されており、戦車や装甲車が走っていますからね。

そんな中でクルド人自治政府はイラクからの分離独立の是非を問う住民投票を強行しました。

独立される側のイラクはもちろん、クルド人を多数抱える周辺国のトルコ、イラン、シリアも反対。

地域の不安定要素となり安定を脅かすため、アメリカ、ロシアも反対。

敵の敵は味方、論法で何故かイスラエルは賛成と、地政学リスクが高まりつつあるクルド問題。

トルコリラの行方はどうなるのか!?


クルド人による独立を問う住民投票

イラク北部のクルド人自治区で25日、同国からの分離独立の可否を問う住民投票が行われる。

実施されれば独立賛成が多数を占める公算が大きく、自治政府は独立への足がかりとする方針を示している。

イラク中央政府のほか、クルド人を抱えるトルコやイランなどは国内に独立機運が波及するのを恐れ、投票が行われれば対抗措置を取ると警告しており、緊張が高まっている。



イラク北部のクルド人自治区などで25日に行われた分離独立の是非を問う住民投票は、同日夜に投票が締め切られ、集計作業に入った。

ロイター通信によると、投票率は78%に上った。

独立支持が多数を占める公算が大きく、イラク中央政府やトルコなど周辺国が警戒を強化している。

また、クルド自治政府とイラク中央政府が帰属をめぐって係争中の油田地帯キルクークでは25日夕、夜間外出禁止令が布告された。

派遣されたイラク軍兵士が市街から外部に通じる道路などを封鎖したという。




上記にある通り周辺国はもちろん、アメリカ、ロシア、国連までもが反対の中、クルド人自治政府のイラクからの分離独立の是非を問う住民投票が強行され、そして無事(?)終了しました。

投票率は78%

投票結果は72時間以内に発表されるようです。

もはや賛成多数は当然、あとは賛成派がどのくらいの多数を占めるのか?というのが焦点となっています。

(90%超える支持率とも言われていますが詳細は分からず)

そもそも賛成多数になることは分かり切っていたので、住民投票を実施すること自体が問題だったのですがね。


トルコは大反対!

法的根拠を持たない住民投票とは言え、クルド人の意思を示すには十分な威力があり、周辺国は大反対!

既に上記にある通り対抗措置とは名ばかりの制裁措置が行われています。

トルコ、イラク・クルド人自治区との国境を閉鎖

イラクのクルド人自治区のすべての需要の70%をトルコ経由で賄っていると言われています。

クルド人自治政府のバルザーニ大統領も「トルコが国境を閉鎖しないよう期待する」と述べていましたが、そう言われてそうしないエルドアン大統領ではないでしょう。

エルドアン大統領にそういうことを期待する方が間違っています。

クルド人自治区の石油輸送パイプラインの停止を警告

上記がクルド住民への制裁措置なら、これはクルド人自治政府への対抗措置。

クルド人勢力が実行支配するキルクーク油田地帯からの石油輸送パイプラインの停止を警告しました。

この石油輸送パイプラインが停止させられたら、クルド人自治政府の資金源が断たれてしまいます。

しかしこれはトルコにとっても諸刃の剣。

トルコもこの石油輸送パイプラインで経済的に利益を得ています。

そしてこれはトルコを含め周辺国すべて、そしてアメリカにも言えるのですが、クルド人勢力が弱体化するとその分ISIS(イスラム国)の勢力が増す回復することになります。

イラク中央政府軍が逃げ出した地域をクルド人勢力が奪還していますからね。

まあ、トルコにとってはクルド人勢力とISIS(イスラム国)が共倒れしてくれるのが理想なのでしょうけど…。

トルコ、軍事行動も選択肢に

トルコのユルドゥルム首相は、イラク・クルド地域政府の違法な独立の住民投票を強行したことで武力闘争の土台ができたと発言した。


ユルドゥルム首相は「危機はもはや頂点に達した。後戻りできない段階に来ているため、これからは好ましくない時期が始まる。住民投票を強行したことで、武力闘争の土台ができた。この代償を払うのは、そこにいる罪なき民間人なのである。イラク中央政府とさらに緊密に連絡を取り、決定を下す」と発言した。

ユルドゥルム首相は、イラク中央政府が自分たちに関わるよう要請があったことを明らかにし、遅れることなくいつくかの取り組みが行われると述べた。




つまりイラク・クルド人自治区への越境軍事行動をイラク合意の下、イラク軍と共に行うことを示唆しています。

フセイン大統領時代のイラク軍は兎も角、今のイラク軍は弱いです。

統制が取れていないというか、イラク国内が群雄割拠状態ですからね。

周辺国もイラク…ではなくてイラク中央政府と言っている有様です。

(まあその代表格がクルド人地域自治政府や、ISISが支配する地域なのですけどね)

そりゃーイラクも賛成するでしょう。

FXプライムbyGMO

9月第4週のスワップポイント付与額も第1位!
キャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!
↑スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪


クルド人自治区独立を問う住民投票強行でトルコリラ

クルド人地域自治政府がイラクからの分離独立の是非を問う住民投票を強行したことで、トルコリラがどうなったかと言うと…。

これが難しい…。

そもそもこのクルド人問題とは別に、日本・アメリカが関係してる北朝鮮問題もあるからです。

・トルコリラ
隣国イラクでのクルド人や国内のクルド人問題を抱えて地政学リスク上昇により、当然リスク回避のトルコリラ売り(トルコリラ安)

・アメリカドル
北朝鮮を巡る地政学リスク上昇により、リスク回避のドル売り(ドル安)

しかし年内追加利上げへの思惑・期待から、下がったところでは買い戻しも見られる。

・日本円
有事の円買い(円高)

比較的安全資産と言われる円が買われて円高に。


どちらも直ぐに解決されるような問題ではないので、ドルやトルコリラの上値は重いかなー…。

図式で言うと、円>ドル>トルコリラの順に…。

こういう時に国、通貨の信用がモノを言ってきます。

アメリカドル、日本円強い!

トルコリラ…弱い…。

むしろ買い増しのチャンスかも!

管理人、トルコリラ買い増しを実施する

トルコリラ円スワップFXブログ-トルコリラ買い増し

トルコリラ10万通貨買い増し、合計20万通貨保有



いやー、指値で指定していたら刺さってしまった(笑

比較的資金に余裕があるドル円運用口座の方でトルコリラ買い増ししてしまいました(笑

ドル円の運用口座なのにトルコリラを10万通貨追加購入して、合計20万通貨保有に。

トルコリラ用口座が32万通貨保有なので、どっちが本命か分からなくなっています。

でもなぜ買い増ししたかと言うと…トルコリラが儲かるからです!

トルコリラほったらかしで月10万円

トルコリラ円スワップを検証-年利回り30%-

トルコリラ円でスワップポイントによる複利運用積立投資をおすすめする理由

このブログ書いていて、改めてトルコリラの利回りと言うか利益率(儲け)が凄いので、思わず買ってしまいました(笑

結論:トルコリラは買い!


トルコリラ円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のトルコリラ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪

TOPページを下にスクロールすると出てきます。

トルコの政策金利は(2017年09月22日)現在8.0%

事実上の政策金利である後期流動性貸出金利は12.50%となっています。

高金利通貨として人気のオーストラリアドルやニュージーランドドル、そして南アフリカランド。

最近人気を高めつつあるメキシコペソなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

昨年からトルコリラ円で1位2位を争う高スワップポイントを維持し続けている管理人おすすめのFXプライムbyGMO(←スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪)。

FX取引高5年連続世界第1位!と本気を出してきたGMOクリック証券

1通貨から購入が可能!トルコリラ複利運用積立投資に最適なSBI FXトレードがおすすめです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑


GMOクリック証券 マネーパートナーズ
スワップポイントはいつでも引き出し(出金)可能!