トルコリラ

トルコリラは割安

新興国通貨が引き続き下落した。

(中略)

モルガン・スタンレーの見方

トルコリラは消費者物価指数(CPI)で調整した実質レートでみれば割安に思える。

しかし単位労働コストは今年CPI上昇率をはるかに上回っており、バリュエーションは見た目ほど割安ではないことを示唆している。

要約すると

トルコリラは割安

色々考えると見た目ほど割安ではないけど全体で見るとやはり割安

という意味でしょうか。

トルコリラは2年前の2014年12月、1トルコリラ=およそ53円。

1年前の2015年12月、1トルコリラ=およそ42.5円でした。

今年2016年12月の今、1トルコリラ=33.5円です。

やはり買い時ではないかと思っています。

(欲を言えば32円で買いたかったですが(笑)


トルコリラ円は今現在、緩やかなトルコリラ高円安に向かって行ってますが、実際はというと。

ドルトルコリラが少し大変で、トルコリラが弱い(安い)と言うこともあるのですが、ドルが強(高)すぎる。

同じようにドル円は、円が弱い(安い)と言うこともあるのですが、これまたドルが強(高)すぎます。

つまりトルコリラが強い(高い)と言う訳ではなくて、ドルが強すぎるだけ。

結果、米ドル>>>トルコリラ>日本円という関係になっています。


トルコリラ最安値更新でも書いてますが、トルコリラ円の最安値は11月09日の米国大統領選挙にてトランプ候補勝利時の1トルコリラ=30.65円です。

ちなみに管理人は下がっても28円。

28円が下値の目安だと思っています。

(1ブログ1管理人の予想です)


ユーラシア・トンネルは開通へ準備万端

海底でアジアと欧州をイスタンブールのボスポラス湾を通ってつなぐ長さ14.6キロメートルのユーラシア・トンネルは、12月20日にレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領も出席して開通される。

2階建てのユーラシア・トンネルを車両13万台が利用することにより、都市の交通渋滞の大部分が緩和されることになる。

100分間続いていた移動が15分間に短縮される。

こうして年間何億トルコリラ分もの燃料が節約されることになる。

トルコ最大の都市イスタンブール。

その人口は1,410万人で、イスタンブールだけで巨大な経済圏を形成しています。

イスタンブールはアジア大陸とヨーロッパ大陸との交通の要所として栄えた性質上、アジア側とヨーロッパ側とをボスポラス海峡によって分断されています。

現在は2本の橋や、フェリーなどの船舶によって行き来していますが、なにせ人も多ければ車も多く、さばき切れていません。

このアジア側とヨーロッパ側の両岸をトンネルによって結ぶ事で街の混雑渋滞緩和、街の一体化・効率化を図る、まさにトルコ国家を挙げての一大プロジェクトだったのです。

経済成長率も上がる見込みだったのですが、今の現状では難しいだろうなー…。

ちなみに大成建設が海底部分のトンネル施工に参加し重要な役割を担いました。

えらいぞ大成建設!

GMOクリック証券 マネーパートナーズ
スワップポイントはいつでも引き出し(出金)可能!