トルコリラ円スワップFXブログ-住宅販売

トルコ7月の住宅販売件数が驚きの数字に!



トルコ7月の住宅販売件数が物凄いことになっています!

前回(6月住宅販売件数)はそれはそれは酷くて、眠気も吹っ飛びましたが今回は良かった♪

これはブログに書かないとね(笑


トルコ07月住宅販売件数

トルコ07月住宅販売件数

06月実績前年比-8.1%、07月実績同+42.4%!


トルコの住宅販売件数が前年比+42.4%!?

スマホで経済指標見ていたら驚いて、即にメモに残しました。

(トルコの経済指標の場合、よほど重要な経済指標以外は、なかなか残らないですからね)

それにしても一体全体、07月トルコに何がったのでしょう?

…って何かあったのは今年2017年07月ではなくて、昨年2016年07月です。

はい、住宅販売件数の指標は前年比。

トルコやトルコリラに関心がある訪問者はピンときたかもしれませんが、2016年07月15日トルコ軍の一部によりトルコクーデター未遂事件が起こりました。

いやーそんな時に家買う人はいませんよね。

ですから前年比では高くなって当然なのですが…さすがに+40%超えはインパクトがあるポジティブサプライズと言って良いのではないでしょうか。

外国人向け住宅販売も前年比+65.3%!

トルコ統計局は、7月期住宅販売統計を発表した。

これによると、トルコ全土で住宅11万5869戸が販売された。

イスタンブールが1万8083戸の住宅販売でトップとなった。

イスタンブールに続くのは、アンカラとイズミルである。

また、外国人への住宅販売でも昨年同月と比べて65.3パーセントの増加が見られた。

トルコ全土で先月住宅約2000戸を購入した外国人は、イスタンブールとアンタルヤを最も選択している。



外国人向けの住宅販売件数前年同月比+65.3%ですって?

…って約2,000戸と件数が少ないので何とも言いにくいですが(日本には日本の、トルコにはトルコの住宅事情があるため)、それにしても前年同月比+65%超えも十分にインパクトがあるポジティブサプライズです。

外国からの投資、外国人労働者・技術者の住宅用、外国人富裕層の別荘、etc.

トルコ経済が上向いている証拠です♪

GMOクリック証券 くりっく365
ドル円だけではなくトルコリラ円も熱い!

トルコ08月消費者信頼感指数

トルコ08月消費者信頼感指数

07月実績71.3、市場予想71.8に対し、実績71.1!


うーん…予想よりも悪い。

特に前月実績よりも悪くなっているのが痛い。


消費者信頼感指数とは、消費者のマインドを指数化したもののことを言います。

これが前月よりも下がったということは、トルコ経済が若干下向きになっていると消費者が感じている、ということ。

まあ消費者信頼感指数も、そこまで悪い数値ではなく、01月から03月にかけては60ポイント台だったので、70ポイント台を維持しているだけ踏ん張っているとも言えるのかな。


住宅販売件数を受けてトルコリラ

トルコ07月住宅販売件数の結果、トルコリラがどうなったかと言うと…。

現在1トルコリラ=31円40銭近辺まで持ち直しています♪

と言っても、ドル/トルコリラの値にそう変化はないので、正直に言うとあまり変化なし…。

インパクトがあるポジティブサプライズだっただけに、もう少し値が上がっても良いと思うのですけどもねー。


トルコリラ円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新トルコリラ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪

TOPページを下にスクロールすると出てきます。

今のところ、FX取引高5年連続世界第1位!と本気を出してきたGMOクリック証券

昨年からトルコリラ円で1位2位を争う高スワップポイントを維持し続けているFXプライムbyGMO

スプレッドを併せた総合力ではトルコリラ円取り扱いFX会社No.1のマネーパートナーズがお薦めです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑


FX取引ならヒロセ通商 セントラル短資FXダイレクトプラス
トルコリラ円FX投資をするなら今でしょ!