トルコリラ円スワップFXブログ-工業・製造業


トルコの3月製造業PMIは市場予想を下回り、過去1年で下から2番目の悪さも値動きは、ほぼなし。

アメリカの3月製造業PMIも市場予想を下回ったものの、あれれ?ドル高トルコリラ安が進んでいるよ?

トルコ03月製造業PMI

まずは、トルコ03月製造業PMI

前回02月実績55.6、市場予想54.9に対し、実績51.8!


うーん…、01月実績が統計を計り出してからの過去最高値

02月実績も過去2番目の高水準反動(生産調整)からなのか、3月実績は前月実績はもとより、市場予想を大きく下回ってしまいました。

しかし、PMIという指標は景気判断の方法として数値が50を上回ると改善50を下回ると悪化と判断されます。

今回も50を大きく上回っていますので、まだトルコの製造業は好調!と考えて問題はなさそうです。


トルコ3月の輸出額は過去最高

トルコ3月の輸出は、昨年同月(2017年3月)と比べて11.5パーセント増加して151億600万ドル(約1兆6065億円)に達した。

したがって3月は輸出史上最大の輸出を実現した月となった。

年間最初の3か月間の輸出は、2017年同期と比べて10.4パーセント増加して407億2700万ドル(約4兆3313億円)に達した。

この12か月間の時期には10.5パーセント上昇して、1599億2300万ドル(約17兆30億円)の輸出額に達した。

3月の輸出統計に対してトルコのゼイベクジ大臣も発表を行った。

民法のテレビ局で質問に答えたゼイベクジ大臣は、2018年第1四半期の成長予測は6パーセント以上であると明かした。




輸出は過去最高でも、報道されていない輸入額は輸出額以上でしょうから、貿易収支・経常収支は未だに赤字なのでしょう。

過去最高の輸出額を大々的に発表し、輸入額がニュースに出てこないところが、あやしさ満点ですね(笑

それでも、過去最高の輸出額と言うのは喜ばしい限りです。

(3月の貿易収支・経常収支は期待して良いのかな?)


好調な要因として、周辺国への自動車を始めとする工業製品の輸出(とくに経済が好調な欧州各国への輸出)が増えていることが挙げられます。

トルコ経済の好調は、欧州経済の好調さに多分に影響を受けています。

エルドアン大統領、欧州連合(EU)を敵に回してはいけませんよ、分かっていますよね?


FXプライムbyGMO

↑スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪


アメリカ03月ISM製造業景況指数

次に、アメリカ03月ISM製造業景況指数

前回02月実績60.8、市場予想60.0に対し、実績59.3!


あああー…、こちらも前月2月実績はもとより、市場予想をも下回ってしまいました。

まあ、ISM製造業景況感指数も50を景気の拡大/後退の分岐点とし、50を上回ると景気拡大50を下回ると景気後退を表しますので、アメリカの景気も依然好調を維持している、と言えるのですが…。

発表を受け、アメリカ株価は下落。

為替もドル安円高に進んでいます。

イースターマンデーで市場参加者が少ないのが幸か不幸か、下落幅は少ないです。


アメリカ03月製造業PMI

アメリカ03月製造業PMI(改定値)

速報55.7、市場予想55.7に対し、実績55.6!


アメリカの場合、ISM製造業景況感指数があるため重要度は低いですが、トルコとの比較のために掲載(笑

速報値よりも下降修正され、上記ISM製造業景況感指数が市場予想を下回ったこともあり(ちなみに2月の建設支出も前月比+0.1%と市場予想の同+0.4%を下回る)、ドルもアメリカ株も売られています。

今週は堅調な労働市場の継続が見込まれるアメリカ雇用統計に向けてドル円は底堅く、徐々にドル高円安に向かうと思っていたのですがねー…。


FX取引ならヒロセ通商へ

1,000通貨単位手数料無料!高スペックなヒロセ通商LION FX!管理人も利用中♪


トルコ3月製造業PMIでトルコリラ

トルコ3月製造業PMIで、トルコリラがどうなったかと言うと…。


ドル/トルコリラ
現在、1ドル=3.97トルコリラくらいでしょうか。

トルコ3月製造業PMI発表では、ほとんど値動きは無かったのですが、アメリカ3月製造業PMI(改定値)やISM製造業景況指数で何故かドル高トルコリラ安が進んでいます。

株価下落によるリスク回避のトルコリラ売りでしょうか。

ってニュース見ると、中国がトランプ大統領による輸入制限の報復措置として、アメリカからの輸入製品130品目に対する報復関税の実施に踏み切ったことによる米中貿易摩擦(貿易戦争)への懸念から、リスク回避により株価暴落、新興国通貨売り(トルコリラ安)が進んでいますね。

は~(深いため息


ドル/円
1ドル=106円20銭あたりでしょうか。

こちらは弱いアメリカ経済指標に加え、上記通りのリスク回避姿勢からアメリカ株安長期金利低下、ドル売り円買い(ドル安円高)が進んでいます。

アメリカ3月の雇用統計など、堅調な労働市場からのドル高円安を期待しているので、週末に期待したいです。


トルコリラ/円
1トルコリラ=26円70銭くらいでしょうか。

弱いトルコリラと強い円から、トルコリラ安円高が進んでいます。

って書いているうちに、アメリカニューヨークダウもナスダックも下げ幅を拡大しています。

もう一回、は~(深いため息


現状、図で表すと、円>ドル>トルコリラですかね。



トルコリラ円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のトルコリラ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪



トルコの政策金利は(2018年07月12日)現在17.75%

高金利通貨として人気のオーストラリアドルニュージーランドドル、そして南アフリカランド

最近人気を高めつつあるメキシコペソなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

昨年からトルコリラ円で高スワップポイントを維持し続けている管理人おすすめのFXプライムbyGMO(←スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪)。

スタート時のみの客寄せパンダとはもう言わせない!本当に1日100円のスワップポイントを維持しているトレイダーズ証券【みんなのFX】

1通貨から購入が可能!トルコリラ複利運用積立投資に最適なSBI FXトレードがおすすめです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑


トレイダーズ証券[みんなのFX] FXダイレクトプラス
【毎週更新】トルコリラメキシコペソ南アフリカランドのスワップポイント比較ランキングを掲載中