トルコリラ円スワップ生活-経常収支や貿易収支

貿易収支と観光客数…そこまで悪い数値とは思わないけどなー



2017年最後のトルコの経済指標である11月貿易収支と観光客数が発表されました。

昨年11月にトルコリラを買って1年と1カ月が過ぎましたが、今年も色々とありましたねー。

まあ1年を振り返るのは別にして1番言いたいのは、確かに購入時よりも現在の方がトルコリラ安円高が進んでいて、為替差益はマイナスですがそれを上回るスワップポイント益のより合計はプラス!

(トルコリラは1年持てば、およそ4円トルコリラ安円高が進んでも大丈夫♪)

来年はトルコリラ高円安が進んで、為替差益&スワップポイント両方でプラスになれば良いなー♪


トルコ11月貿易収支

トルコ11月貿易収支

前回10月実績-72.9億ドル、市場予想-57.0億ドルに対し、実績-63.2億ドル!


うーん…、市場予想を下回る悪い数値には変わらないけど、そこまで悪い数値ではない。

むしろここ最近のいつも通りの赤字額と言えるでしょうか。

まあ、改善に向かっていないとも言えますが…。

ただトルコはもともと過去10年間貿易黒字になったことはないくらいの貿易赤字国なので、そこまで心配することではない(市場もそれが普通、もしくは普通よりもちょっと悪いくらいにしか考えていない)と思うのですが、トルコ経済を考えた場合、やっぱり心配。

エルドアン大統領をはじめとするトルコ政府も、何とか貿易赤字を減らそうと、諸外国の工業を誘致し、重工業(特に自動車産業)に力を入れています。

(雇用対策、経済活性化にもなるし)

貿易赤字自体は悪い事ではないです。

現にアメリカはトルコの100倍くらいの貿易赤字国です。

(国自体の経済規模、信用度が違うので一概には比較できませんけどね)

この貿易赤字自体も、

良く言えばトルコ国内の消費(内需)が増えて輸入が増えていると言えます。

しかし、悪く言えばお金が国外に逃げている&外国に借金しているということになります。

トルコ経済発展のためにも貿易赤字削減は急務です。


トルコ11月観光客数

トルコ11月観光客数

前回10月実績前年比+22.16%、市場予想同+18.0%に対し、実績同+22.13%!


おおー、思ったよりも良かったですね♪

トルコ経済における観光業の割合は大きく、また外国人がトルコ国内に旅行に来てお金を使ってくれると対外赤字も(多少)解消されるという、トルコにとっては重要な経済指標です。

この観光客数もヨーロッパ諸国からの観光客減少、ロシアや中東からの観光客増となってます。

最近、トルコ政府は政治的にロシアや中国への接近、関係強化に動いていますが、観光客数が最も多い&お金をたくさん落としてくれるヨーロッパ諸国との関係を回復してくれないと本格的には伸び悩むように思えるのですが…。

もっと言えば、要は観光客数よりも、観光客がトルコ国内でどれだけお金を使ってくれたかが重要です。

あ、トルコリラ安が観光客数増加に役立っているのかな。

トルコリラ安は嬉しいような…、やっぱり嬉しくないし悲しい(涙


FXプライムbyGMO

↑スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪


トルコ11月貿易収支と観光客数でトルコリラ

トルコ11月貿易収支と観光客数で、トルコリラがどうなったかと言うと…。


ドル/トルコリラ
うーん…、コメントに困る値動き(笑

アメリカがビザの予約制限を撤回!との報道があったのが、28日22時過ぎ。

一気にトルコリラ高が進みましたが、その後は週末・年末の利益確定・ポジション調整のためか、徐々にトルコリラ安が進んでいます。

まあ、しっかりと1ドル=3.8はもとより、3.79を下回っているのは良いことか。

何もなければトルコリラ高に進むはずなので、この年末も何もなければよいのですが…。


ドル/円
北朝鮮を巡る(北朝鮮曰く人工衛星の発射準備、CNN曰く大陸間弾道ミサイルの発射準備により)地政学リスクが上昇してきていることで、比較的安全資産と言われる日本円を買う動きが出てきてドル安円高に。

とは言ってもドルも底堅く、そもそも年末で投資家はほぼ休暇中で値動きがない!

コメントが難しい…。


トルコリラ/円
1トルコリラ=29円70銭から80銭、最終的には29円63銭くらいでこの年の取引を終えています。

30円台復活は来年に持ち越しですね。

まあ、一時期よりかは持ち直してきていますし、政治的にも良いニュース(EU諸国とトルコの関係修復)も流れてきていますし、来年に期待しましょう!

多少の為替損もスワップポイントが吸収してくれるはずです。

エルドアン大統領、お願いしますよ♪



トルコリラ円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のトルコリラ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪



トルコの政策金利は(2018年7月2日)現在17.75%

高金利通貨として人気のオーストラリアドルニュージーランドドル、そして南アフリカランド

最近人気を高めつつあるメキシコペソなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

昨年からトルコリラ円で高スワップポイントを維持し続けている管理人おすすめのFXプライムbyGMO(←スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪)。

スタート時のみの客寄せパンダとはもう言わせない!本当に1日100円のスワップポイントを維持しているトレイダーズ証券【みんなのFX】

1通貨から購入が可能!トルコリラ複利運用積立投資に最適なSBI FXトレードがおすすめです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑


トレイダーズ証券[みんなのFX] FXダイレクトプラス
【毎週更新】トルコリラメキシコペソ南アフリカランドのスワップポイント比較ランキングを掲載中