トルコ国旗-トルコリラ-

トルコ国民投票CMをYoutubeに

Youtubeに国民投票CM

公正発展党(AKP)によって準備された国民投票の最初のコマーシャルフィルムが、スローガン「人生は映画ではない、未来に毅然と立ち向かおう」と共にTRT1局のYoutube公式チャンネルで公開された。

セルジューク朝からオスマン朝、独立戦争から07月15日のクーデター未遂事件までに起こった過程が、比喩的表現や詩的表現を使って伝えられたビデオには、歴史上の重要人物も登場している。

スルタン・アルプ・アルスラーン、クルチ・アルスラーン、オスマン・ベイ、ファーティフ・スルタン・メフメト、ヤウズ・スルタン・セリム、スレイマン大帝、アブデュルハミド2世、ムスタファ・ケマル・アタチュルク、オメル・ハリスデミルが登場する映画の最後には、エルドアン大統領が現れる。

「アッラーよ、私はあなたの代理人であり、あなたのために戦っている。その尊大さの前に私はひれ伏している」との言葉で始まる映画は

「我々の願望は問題ではない。我々の問題は国民であり祖国である」

「未来に毅然と立ち向かおう。」とのエルドアン大統領の言葉で締めくくられている。

YoutubeのTRT1公式チャンネルに国民投票CMが。

それがこのCM、

トルコ国民投票CM



凄い壮大なCMです。

日本の場合、神武天皇から始まり、日本武尊(やまとたけるのみこと)、藤原道長、平清盛、源義朝、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、坂本龍馬、伊藤博文…(異論認めます)

が出てきて最後に党首が出てくる。

こういうCMを日本の自民党がやったりしたら抗議殺到でしょうね(笑

トルコだからこそ、エルドアン大統領だからこそ出来るCMです。

(対立候補がやったら即逮捕でしょうが)

いやーそれにしてもCMでは、スレイマン大帝やケマルと肩を並べましたか…凄すぎますエルドアン大統領。


国民のための大統領制

エルドアン大統領は、大統領制統治システムを国民のためだけに望んでいると明かし、独裁者の批判に反発を示した。

エルドアン大統領は、
「大統領制統治システムは、我が国と我が国民の未来のために望んでいる」

「個人のイニシアチブに委ねられることがないようにと、統治システムを変えようとしている」

「安定と信頼の保証は人ではなく、システム自体であるようにと、憲法改正を望んでいる」と述べた。

圧倒的な賛成多数で可決すると思っていたトルコの国民投票ですが、反対数も結構あるようですね。

改憲案では大統領を行政のトップと定め、補佐する副大統領職を新設し首相府を撤廃する。

実現すればトルコは現行の議院内閣制から、大統領が大きな権限を持つ実権型大統領制へ移行することになる。

直近の世論調査によると、賛成と反対がいずれも4割前後で拮抗しており、国を二分する議論になる見通しだ。

フェイク(嘘)ニュースだ!

と言いたくなるような情報なのですが(朝日新聞なだけに)、これどこの情報なのでしょうか?

トルコのテレビ、ラジオ、新聞は政府の支配下に入ってますから、全部が全部本当とは限りませんが、トルコ系のメディアが上記情報を出すことは無いでしょう。

では朝日新聞イスタンブブール支局が独自に調査したのでしょうか?

何人に?どうやって?国家非常事態宣言下で?

すごいなー朝日新聞。

さすがは天下の朝日新聞。

でも結局は賛成多数になると思いますが…。


[追記]
産経デジタルが首都アンカラで与党公正発展党(AKP)が大規模集会を開催したことを紹介した共同通信の記事として、

世論調査では賛否が拮抗している。

ユルドゥルム首相は演説で「国民の意思が反映される体制になる」と改憲の意義を主張した。(共同)

共同通信か…。

うーん、電話調査したのですかね。



トルコリラ取引の参考にとトルコリラ円為替売買動向を作りました。

くりっく365上でのTRY/JPY売りとTRY/JPY買いの枚数を週ごとですが、記載しています。

「TRY/JPY買い勢の多くがロスカット(強制強制決済)された!」(かも)などが見て取れます…。

またトルコリラを運用する上で、真面目に選定したFX会社比較ランキング作りましたので、参考にしてやってください♪

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑

トルコリラならFXプライムbyGMO マネーパートナーズ