トルコリラ円スワップFXブログ-トルコリラ上昇中


トルコ政策金利のまさかの据え置きから一夜たち、トルコリラがどうなったかと言うと…。

上昇していますね(笑

マイナス材料で大きく下げて、その後何事もなく徐々に上昇していく姿が多いです😐

トルコリラ…底堅いのかな(笑

頑張れトルコリラ!



トルコ金利の据え置きから一夜経ち

昨日のトルコ中央銀行の据え置きサプライズには参りましたね。

アルバイラク財務大臣はエルドアン大統領の娘婿ということでマーケットの不安を一身に背負った形で、大統領に逆らうかたちで利上げを行うという市場の評価を大きく改善させるイベントのはずだったのですが、結果はこの通り。

大統領の中央銀行介入が現実味を帯びてきたことを実感させるだけのイベントになってしまいました。

本日は落ち着いた動きではありますが、反発には至っていません。

トルコのコアレンジは一段下に落ちた1トルコリラ=22.50円から23.50円と考えるのが妥当でしょうかね。



昨日速報で伝えたトルコ中央銀行による、まさかの政策金利17.75%の据え置き



一夜経って冷静に分析してくるニュースサイトも多くなってきましたね。

良く言えば金利上昇による景気縮小・経済冷え込みを嫌うエルドアン大統領に配慮した。

悪く言えばエルドアン大統領に屈したトルコ中央銀行。

予想外の政策金利の据え置きによるトルコ経済の悪化よりも、中央銀行の独自性・独立性に対する懸念から市場での信頼を失ったことによるトルコリラ売り(トルコリラ安)。

もっとたちが悪い…。

トルコリラの急落も頷けます。


と言っても古参のトルコリラ保有者にとっては「またか…」という感想です、いつもの事ではないでしょうか(笑

これくらいの出来事で驚いていてはトルコリラは保有できません。

残念なのは残念なのですが、結構冷静なサトウカズオが居ます。

あまり嬉しくは無いですが…(涙


上記はFXプライムbyGMOの会員限定、歴戦の外為ディーラーが独自の視点で相場を解説する、決して余所では読めない裏話から、マーケットよもやま話まで、そんなディーラー達のおしゃべり会コンテンツ「井戸端為替会議」から引用したものです。

上記通り会員限定です(…引用まずいかな?)。

読んだあなた会員になりましょう!

(うん、これで問題なし(笑)

いやー「井戸端為替会議」ためになる良いコンテンツです♪(よいしょっ!)

何が言いたいかと言うと…、FXプライムbyGMOさん、見逃してください♪

さあ皆さん、続きが見たいなら↓FXプライムbyGMOへ!↓


FXプライムbyGMO

↑スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪


ブランソン牧師釈放!

トルコで収監の米国人牧師が自宅軟禁に


トルコでほぼ2年前から収監されていた米国人牧師が25日、自宅軟禁に移された。

両国間の緊張を打開する突破口になるのではないかと期待が高まっている。

トルコの裁判所は、健康上の理由によりアンドリュー・ブランソン牧師は自宅に戻れるとの判断を下した。

トルコのテレビ局は同氏が車に乗せられ、警察の護衛の下で走り去る映像を流した。



こちらはポジティブサプライズ!

先のアメリカ・トランプ大統領とエルドアン大統領と首脳会談の時にも議題となったものの、トルコの裁判所は引き続き収監継続を決定し強硬姿勢を貫いていたトルコが…



ついに軟化に転じ、ブランソン牧師が釈放されました!

(まだ自宅軟禁だけど)

両国間の緊張を打開する突破口になるのではないかと期待からトルコリラは買われて(トルコリラ高になって)います♪


トルコ出身のエコノミスト・為替ストラテジストであるエミン ユルマズさんも、




トルコ中央銀行とトルコ政府、トルコの裁判所との関係を疑っています。

これが本当だとしたら素晴らしい連係プレイ!

(↑皮肉ですよ)

上のポイントは、裁判所の判断による釈放といいながらも、どう考えてもトルコ政府(エルドアン大統領)の意向が働いている点。

中央銀行の独自性・独立性、裁判所(司法)の独立、ともに成り立っていませんね。

まあ、トルコリラが上がってくれればそれで良く、そもそも私は日本国民なので、トルコ国民が選んだエルドアン大統領、与党公正発展党(AKP)主導の政党連合に対し、とやかく言う権限は無いでしが、心配ですね。


もうひとつエミン ユルマズさんのtweetで気になる点が…

それは「トルコメディアで、政府が近々IMFと協議を始めるのではないかとのニュースも出て来ている」と言う点。

本当にIMF(国際通貨基金)の支援を受けるとしたら、かなりの朗報です!

なにせ現在のとてつもなく高いトルコの金利ではなく、IMFから低金利で融資を受ける(お金を借りられる)ことが出来ます。

この金利負担分が少なくなるだけでもトルコの財政・経済にとっては魅力的に映るでしょう!

でもまあ、IMFからの融資は金利がとても低い分、利用用途等事細かく決められており、さらに事細かく報告しなければならず、プライドの高いエルドアン大統領が受け入れることは無いでしょうね。

さらに困ったことに(?)そこまでトルコは落ちぶれていないことです。

一応言っておきますけど、お金もまだありますし、そこまで酷くは無いのですよ(笑


トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ



金利据え置きから一夜経ちトルコリラ

昨日のトルコ政策金利の金利据え置きから一夜経ってトルコリラがどうなったかと言うと…。


ドル/トルコリラ
現在1ドル=4.83トルコリラくらいでしょうか。

やはりブランソン牧師釈放のニュースを受けてトルコリラ高が進んでいます。

とても良い傾向です。

トルコの政治リスク・外交リスクが軽減されるだけでも(お金かからず)トルコリラ高になるので、是非エルドアン大統領にはこのことを胸に刻んで、政権を運営して欲しいです♪


ドル/円
1ドル=111円00銭くらいでしょうか。

日本銀行が金融政策で正常化の検討を始めるとの思惑から、円買い(円高)が進んでいます。

この経済の状況下で金融政策の正常化をするとはとても思えず、つい最近も審議委員が金融緩和政策の早期正常化論を牽制する発言をしたばかりですからね。

マスコミの願望、飛ばし記事だと思いますが…。


トルコリラ/円
1トルコリラ=23円00銭前後くらいでしょうか。

23銭を回復!すぐ下落…を繰り返しています(涙

グットニュース待ちか、さもなくばバッドニュースがなければ徐々に上昇していくと思っています。

悪いニュース来ませんように…(祈り


現状図で表すと、円>ドル>>トルコリラですかね。

トルコリラ…何とかしてください(涙


トルコリラ円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のトルコリラ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪



トルコの政策金利は(2018年07月26日)現在17.75%

高金利通貨として人気のオーストラリアドルニュージーランドドル、そして南アフリカランド

最近人気を高めつつあるメキシコペソなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

昨年からトルコリラ円で高スワップポイントを維持し続けている管理人おすすめのFXプライムbyGMO(←スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪)。

スタート時のみの客寄せパンダとはもう言わせない!本当に1日100円のスワップポイントを維持しているトレイダーズ証券【みんなのFX】

安心安全の東京金融取引所(愛称”くりっく365″)、株式・投資信託・くりっく株365もできる岡三オンライン証券がおすすめです。

いっそのこと最大レバレッジ888倍!ドルストレートのアメリカドル/トルコリラ(売り)で海外FX XMと言う手もあります。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑



トルコリラは値動きが激しくてリスクがあって怖い…と言う方。

それならばメキシコペソは如何でしょうか?

メキシコの政策金利は(2018年07月26日)現在7.75%

なによりメキシコはトルコや南アフリカよりも安定していることが大きな魅力ですね♪

メキシコペソ/円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のメキシコペソのスワップポイント比較ランキングを載せておきます。

毎週更新していますので是非、参考にしてみてください。


トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ 岡三オンライン証券_くりっく365
【毎週更新】トルコリラメキシコペソ南アフリカランドのスワップポイント比較ランキングを掲載中