トルコリラ円スワップポイント-人口増加

トルコの人口前年比107万人増加

トルコの人口は7981万4871人

トルコ統計局は「2016年度住所に基づく人口登録システム結果」を発表した。

これによると、2015年までに7874万1053人であったトルコの人口は、107万3818人増加した。

男性人口比率は50.2パーセント(4004万3650人)

女性人口比率は49.8パーセント(3977万1221人)となった。

年間人口増加率は、2015年に1.34パーセントであったが、2016年には1.35パーセントに上昇した。

県や市の中心部に居住している人の割合は、2015年に92.1パーセントであったが、この割合は2016年に92.3パーセントとなった。

トルコリラを買う理由、トルコ経済に投資する理由として人口増が挙げられます。

ドイツの総人口が8200万人くらいですから、このままでいくと今後数年以内に欧州連合(EU)圏最大の人口を誇る国となるでしょう。

(ヨーロッパで考えると、ロシアのおよそ1億4300万人が最大)

人口が増える(労働人口、若年層が増える)ということは、それ自体が生産と消費を増加させます。

つまりは国力が増すのです。

今の中国やインド、高度経済成長期の日本などがそうですね。

(まあ失業率や貧困・格差などかじ取りは難しいのですが)

それに引き換え、日本は人口減少社会へ突入していきます。

トルコの国力は増し

日本の国力は横ばいか微減

人口増vs人口減、この構図だから仕方が無いでしょう。

これが管理人がトルコリラ買い日本円売りの(トルコリラ円を買いで保有している)理由の一つでもあります。


トルコは多子若年化、日本は少子高齢化

トルコの高齢者の総人口に対する割合は8.2パーセント(2015年)。

ちなみに世界の高齢者の割合は8.5パーセント(2015年)で、トルコは下回っています。

それだけ今後も人口増、労働人口増による経済の発展が見込るのです。

「世界平均とそんなにかわらないじゃないか?」

と思うかもしれませんが、これは先進国が高齢者の割合を引き上げているからです。

高齢者の割合が高かった上位国は

1位、26.34% 日本
2位、22.40% イタリア
3位、21.39% ギリシャ
4位、21.24% ドイツ
5位、20.79% ポルトガル
6位、20.47% フィンランド
7位、20.02% ブルガリア
8位、19.94% スウェーデン

等々、となっています。

(ちなみにアメリカは移民の国ですから、38位の14.78%だったりします)

この下にも19.12%で11位のフランスを始め、デンマーク(18.95%)、スペイン(18.78%)、オーストリア(18.75%)、オランダ(18.23%)、ベルギー(18.22%)と続いています。

ヨーロッパの人口は現在およそ7億3900万人。

その人口は確実に減少していくでしょう。

どこまでをヨーロッパとするかは別として(トルコは自称ヨーロッパの国)、少なくても欧州連合(EU)圏最大の人口を誇る大国トルコ!が見れる日も遠くないかもしれません…たぶん(笑



トルコリラ取引の参考にとトルコリラ円為替売買動向を作りました。

くりっく365上でのTRY/JPY売りとTRY/JPY買いの枚数を週ごとですが、記載しています。

「TRY/JPY買い勢の多くがロスカット(強制強制決済)された!」(かも)などが見て取れます…。

またトルコリラを運用する上で、真面目に選定したFX会社比較ランキング作りましたので、参考にしてやってください♪

今のところはトルコリラ円のスワップポイントが一番高いFXプライムbyGMOさんがお薦めです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑

トルコリラならFXプライムbyGMO マネーパートナーズ