トルコリラ円スワップFXブログ-メキシコ国境

メキシコペソ円の為替見通しをトレイダーズ証券井口喜雄に聞く2019年3月

取材、インタビュー

トレイダーズ証券の井口喜雄部長にメキシコペソ円の今後の為替見通しを聞いたよ♪

メキシコペソ円スワップポイントランキングでメキシコペソの取り扱いを開始以来、常に第一位・第二位を争うトレイダーズ証券のみんなのFXLIGHT FX

そのサービス提供・運営会社であるトレイダーズ証券の井口喜雄部長に今後のメキシコペソ円の為替見通しを聞いてきました!

メキシコペソを175万通貨以上保有しているサトウカズオ。

私自身は底堅く推移すると思っているので、さらに買い増すつもりでいます。

しかし…通貨数が通貨数なので不安・心配はついて回るもの…。

今後メキシコペソはどうなるのだろう?

メキシコペソの見通しは?

これはやはり専門家に話を聞いてみなければ!

よっし、トレイダーズ証券にインタビューだ(笑

スポンサードリンク

メキシコペソのまとめ

忙しいあなたに、最初にメキシコペソのまとめを書いておきます(笑

メキシコペソまとめ

  • 2019年も安定的な値動きを予想
  • 新NAFTA(USMCA)や好調なアメリカ経済はプラスに作用
  • 不安視された新大統領の評価も上昇
  • さらに利上げ見通し
  • ただ積極財政への財源に不安も…

 

トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ

メキシコペソ今後の為替見通し

[char no=”1″ char=”サトウカズオ”]トレイダーズ証券さんは、そのスワップポイントの高さから当ブログで”No.1″人気のFX会社さんとなっています。

いつもありがとうございます。

次にメキシコペソの今後の為替見通しについてお聞かせいただければと思います。[/char]

以後はトレイダーズ証券の井口喜雄市場部長とのやり取りとなります。

よくyoutubeや雑誌で見る人だ―!

よろしくお願いします♪

以後、口語体の文章になりますので、会話していると思って読んでくださいね♪

トレイダーズ証券の井口部長

トレイダーズ証券の井口喜雄市場部長

トレイダーズ証券市場部所属の認定テクニカルアナリスト。

1998年よりディーリング業務に携わり、2009年からみんなのFXに在籍。

ドル円や欧州通貨を主戦場にディーリング業務を行なっています。

ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があります。

公式Twitterはフォロー必須!

メキシコペソのポジティブ材料

2019年も安定的な値動きを予想しています。

メキシコペソのポジティブな材料としては、

  • 新NAFTA(アメリカ・メキシコ・カナダ協定、USMCA)の締結
  • 好調なアメリカ経済
  • ロペス・オブラドール氏の大統領就任
  • 利上げ見通し

などが挙げられます。

新NAFTA(アメリカ・メキシコ・カナダ協定、USMCA)は米加墨の結びつきを強め、今後のメキシコ経済にとってはプラスとなります。

好調なアメリカ経済も隣国メキシコにとっては経済成長のプラスであり、輸出額の増加などにつながればメキシコ経済の先行きは明るいといえるでしょう。

過激な言動で知られるロペス・オブラドール大統領もここまではアメリカに対してうまく対応しており「アメリカと友好関係を築きたい」と述べるなど反米色を示さず、経済界からの評価も上がっております。

安定的な政権運営はメキシコペソにとってもポジティブです。

さらに政策金利に関しては 2019年に2回の利上げが実施されるという予想がコンセンサスであり、メキシコペソの上昇要因になりそうです。

メキシコペソのネガティブ材料

一方でネガティブな材料としては、

  • 積極財政への財源確保
  • 米中貿易摩擦の激化

などが挙げられます。

昨年12月に発足した新政権では、社会保障やインフラ投資など積極的な政策を推し進めていますが、肝心の財源確保には不透明感が残っています。

この財源の確保を巡って、産業界との対立が表面化する場面では政策リスクにつながり、メキシコペソ円の上値を抑える要因となります。

また、こちらはクロス円の宿命的なところもありますが、米中関係の悪化や世界的なリスクオフの場面ではメキシコペソ円も下方に影響を受けるでしょう。

しかし、アメリカの隣国であるというアドバンテージを十分に活かしているほか、メキシコ自体も今後人口の増加が予想されています。

さらに経済成長も期待でき、失業率や財政も健全です。

外部要因から下方に振らされる危険性はあるものの、中長期投資には優位性があり有望です。

理想としては5.5円以下を拾いたいので下落局面で買い場を探したいのですが、このモメンタム(相場の勢い)であれば割高とはいえ、押し目を待っている状況ではないのかもしれません。
 

レイダーズ証券【LIGHT FX】

サトウカズオの投資法

今回はトレイダーズ証券の井口喜雄市場部長に、メキシコペソの今後の為替見通しについてインタビューさせていただいました。

井口喜雄部長、ありがとうございます。

メキシコペソ…、底堅いですよね♪

井口部長にも「安定的な値動きを予想」と言っていただき、ほっと胸を撫で下ろしています。

中期・長期的にも今のところ問題は見えないですね(笑

いくでー、やるでー、メキシコペソ買い増しやー!

それにしても1メキシコペソ=5.5円以下を拾いたい、とは手堅い…と言うか何と言うか(笑

サトウカズオは6.0円以下は買いだと思っています。

(逆に6.0円以上になると、少し手が出にくいかも…)

現状メキシコペソは圧倒的利益となっている通貨なので、今後とも安くなったら買い、高くなったら売り、横横展開なら保持してスワップポイントで利益を得る戦略で臨みたいと思います♪

(1メキシコペソ円為替見通しブログの1管理人の予想の感想です)

サトウカズオは、1年-2年でメキシコペソの運用を止めようとは思っておらず、長期運用をしていこうと思っていますので、5年-10年くらい先にメキシコペソ高円安になっていれば、それで良いです(笑

メキシコペソは十分、その可能性がある(高い)と思って買い増ししていきます♪

サトウカズオの保有資産状況はTwitter @tryjpyFXや、このトルコリラとメキシコペソのFXブログで公開しているので、気になる人は見てくださいね♪

今回、トレイダーズ証券にお伺いして、メキシコペソの今後の為替見通しなどを聞きました。

これを機に、メキシコペソへの投資を検討されてはいかがでしょうか(笑
 

タイアップで当ブログ経由からだと最大53,000円です♪

 
トレイダーズ証券さんで是非に!と言いたいですが、皆さんが投資するFX会社に選ぶかと言えば、それとこれとはまた別のお話でしょう(笑

メキシコペソ円の取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のメキシコペソ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪

毎週更新していますので是非、参考にしてみてください。

メキシコの政策金利は(2019年2月28日)現在8.25%

高金利通貨として人気のオーストラリアドルニュージーランドドル、そして南アフリカランドなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できるため、最近特に人気となっています。

なによりメキシコはトルコや南アフリカよりも安定していることが大きな魅力ですね♪

メキシコペソだけではなく、各項金利通貨のスワップポイントランキングで常に第一位・第二位を争っているトレイダーズ証券【みんなのFX】【LIGHT FX】はおすすめです。

さあサトウカズオと共にメキシコペソのスワップポイントを複利で積立投資していこう!

 

トルコリラ円スワップFXブログ-メキシコ国境
最新情報をチェックしてあげる♪
トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ
セントラル短資FX