取材、インタビュー

トレイダーズ証券の井口喜雄部長にトルコリラ円の今後の為替見通しを聞いたよ♪



トルコリラ円スワップポイントランキングでトルコリラの取り扱いを開始以来、常に第一位・第二位を争うトレイダーズ証券のみんなのFXLIGHT FX

そのサービス提供・運営会社であるトレイダーズ証券の井口喜雄部長に今後のトルコリラ円の為替見通しを聞いてきました!


トルコリラに再デビューを果たしたサトウカズオ。

私自身は底堅く推移すると思ってトルコリラを「買い」でポジションを取ったものの、やはり不安・心配はついて回るもの。

今後トルコリラはどうなるのだろう?

トルコリラの見通しは?

これはやはり専門家に話を聞いてみなければ!

よっし、トレイダーズ証券にインタビューだ(笑!

トルコリラのまとめ

忙しいあなたに、もうまとめますね(笑


トルコリラまとめ

  • 原油価格の下落・アメリカの利上げペースの鈍化は好材料
  • トルコ国内の選挙・米中貿易摩擦の激化などは不確定要素
  • トルコリラがクラッシュするリスクは常に考えておきたい
  • トルコリラなどの高金利通貨はヘッジファンドに狙われている
  • そのためには資金管理の徹底と安値をしっかり拾っていくことが重要


トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ


トルコリラ今後の為替見通し

サトウカズオサトウカズオ

トレイダーズ証券さんは、そのスワップポイントの高さから当ブログで”No.1″人気のFX会社さんとなっています。

いつもありがとうございます。

まずはトルコリラの今後の為替見通しについてお聞かせいただければと思います。

以後はトレイダーズ証券の井口喜雄市場部長とのやり取りとなります。

よくyoutubeや雑誌で見る人だ―!

よろしくお願いします♪

以後、口語体の文章になりますので、会話していると思って読んでくださいね♪


トレイダーズ証券の井口部長

トレイダーズ証券の井口喜雄市場部長

トレイダーズ証券市場部所属の認定テクニカルアナリスト。

1998年よりディーリング業務に携わり、2009年からみんなのFXに在籍。

ドル円や欧州通貨を主戦場にディーリング業務を行なっています。

ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があります。

公式Twitterはフォロー必須!



トルコリラのポジティブ材料

2019年のトルコリラのポジティブな材料としては「原油価格の下落」「アメリカの利上げペースの鈍化」などが挙げられます。


原油の輸入国であるトルコにとって原油価格の下落はトルコリラ相場のプラス材料となり、目安としては原油価格が1バレル=50ドル前後で安定してくれるようだとトルコリラにとってはポジティブです。


また、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の2019年利上げ予想回数は現在のところ0回です。

FRBの動向には注視する必要がありますが、アメリカの利上げサイクルが止まるようであれば新興国通貨であるトルコリラにとっては好材料となります。

トルコリラの不確定要素

一方で「トルコ国内の選挙」や「米中貿易摩擦の激化」などは不確定要素になります。


2019年3月末にはトルコで地方選挙が予定されており、新エルドアン政権となってから初の民意を問う選挙となるだけに、トルコリラ相場に与える影響は少なくありません。

重要になるのはやはり支持率で、6月の選挙の支持率とさほど変わりなければ問題ありませんが、大きく支持率が低下するようなことがあればトルコリラ相場のリスクとなりそうです。

しかし、トルコ中央銀行に利下げ圧力をかけるエルドアン大統領が負けたほうがトルコリラにとってプラスに動く可能性もあり、見極めが必要となるでしょう。


また、トルコリラ相場はリスクオフの場面では売られやすい傾向にあり、米中貿易摩擦は今のところ一段の激化は避けられているものの、2019年に入り、米中二か国の関係が悪化するような場面でトルコリラは売られます


そのほかでも、トルコの民間銀行は多額の対外債務があり、その返済は2019年に返済が本格化します。

さらにエルドアン大統領が、またアメリカに喧嘩を売る可能性も否定できません。


ネガティブ要因も多く、2019年もどこかのタイミングでトルコリラがクラッシュするリスクは常に考えておきたいところです。

トルコショック再び?

そして、忘れてはならないのが昨年8月のトルコショックです。

あの時トルコリラの下落材料は豊富にありましたが、クラッシュの正体は日本の個人投資家のポジションです。

大量のロスカットで銀行も白旗を上げていました。

戦意喪失した銀行の薄い板をさらに食っていったので崩れるほかなかったのです。

つまり、トルコリラのような高金利通貨は常にヘッジファンドに狙われているということです。

今年もどこかでクラッシュする局面があるかもしれません。

トルコリラへの投資戦略

そうした場合、トルコリラでの投資戦略は2つ考えられます。

1つ目は資金管理を徹底すること。

どうしてもスワップポイントに目がくらんでポジションサイズが大きくなりがちですが、ロスカットにかからない実行レバレッジで取引することをお勧めします。


2つ目は来るクラッシュに備えて安値をしっかり拾っていくこと。

瞬間的な下振れ相場も好機と捉え、行き過ぎた場面を逆張りエントリーすることで利益をだしているトレーダーも少なくなくありません。


トルコリラに限らず、新興国通貨では行き過ぎたタイミングを好機と捉えられるような余裕を持ったトレードをすることが大事になってきます。


レイダーズ証券【LIGHT FX】


サトウカズオの投資法

今回はトレイダーズ証券の井口喜雄市場部長に、トルコリラの今後の為替見通しについてインタビューさせていただいました。

井口部長、ありがとうございます。

トルコリラ…、リターンが大きい分、リスクもそれなりにありますね(笑


ただ現状の計算では(あくまで現時点では)、1年間保有すれば4円弱の下落には耐えることができます。

計算上、トルコリラを5年間も保有すれば0円程度まで下落しても、大丈夫と言うことに…(笑

短期筋・投機筋が狙うロスカット仕掛けに負けないような資金計画を持って保有してください。

(1トルコリラ円為替見通しブログの1管理人の予想の感想です)


サトウカズオは、1年-2年でトルコリラの運用を止めようとは思っておらず、長期運用をしていこうと思っていますので、5年-10年くらい先にトルコリラ高円安になっていれば、それで良いです(笑

サトウカズオの保有資産状況はTwitter @tryjpyFXや、このトルコリラとメキシコペソのFXブログで公開しているので、気になる人は見てくださいね♪


今回、トレイダーズ証券にお伺いして、トルコリラの今後の為替見通しなどを聞きました。

これを機に、トルコリラへの投資を検討されてはいかがでしょうか(笑


タイアップで当ブログ経由からだと最大53,000円です♪




トレイダーズ証券さんで是非に!と言いたいですが、皆さんが投資するFX会社に選ぶかと言えば、それとこれとはまた別のお話でしょう(笑

トルコリラ円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のトルコリラ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪



トルコの政策金利は(2019年3月1日)現在24.0%

高金利通貨として人気のオーストラリアドルニュージーランドドル、そして南アフリカランド

最近人気を高めつつあるメキシコペソなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

トルコリラだけではなく、各項金利通貨のスワップポイントランキングで常に第一位・第二位を争っているトレイダーズ証券【みんなのFX】はおすすめです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑



トルコリラは値動きが激しくてリスクがあって怖い…と言う方。

それならばメキシコペソは如何でしょうか?

メキシコの政策金利は(2019年3月1日)現在8.25%

なによりメキシコはトルコや南アフリカよりも安定していることが大きな魅力ですね♪

メキシコペソ/円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のメキシコペソのスワップポイント比較ランキングを載せておきます。

毎週更新していますので是非、参考にしてみてください。


トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ レイダーズ証券【LIGHT FX】
【毎週更新】アメリカドル南アフリカランドのスワップポイント、FX自動売買のランキングも掲載中!