トルコリラ円スワップ生活-貯金預金

トルコ、宝くじで世界第3位

トルコ、宝くじで世界第3位

新年が近づく中、宝くじの興奮も最高潮に達した。

国民的宝くじの当選金額6000万リラ(約9億9929万円)と共に、新年に配給される合計当選金額は、3億4818万リラ(約115億9777万円)である。

国民的宝くじが唯一新年に配給するこの金額により、世界有数の11か国で行われる年末宝くじの中では、合計当選金額から見て、トルコは第3位である。

最高当選金ランキングでは、6億3000万ユーロ(約775億94万円)でスペインが1位となり、1億500万ユーロ(約129億1682万円)でイタリアが2位となった。

日本の年末ジャンボ10億円じゃん!日本が世界3位じゃん!

と思いましたが良く考えてみると、日本の年末ジャンボの場合1等当選金額が7億円で、前後賞が1.5億円の合計10億円ですね。

10億円までは必要ないので、2億円を当選確率5倍、もしくは1億円で当選確率10倍にして欲しいものです。

管理人も当然買いました。

ええー夢を見るためです。

車買い替えて、家買って、トルコリラ買い増しして、一部貯金。

うんサラリーマン考えの堅実路線だ(笑

10億円なんて貰っても逆に身を亡ぼす元になりかねないと思います。

しかし10億円貰えれば、話は別でとても嬉しいです♪

と、かなり話がそれて管理人の話となりましたが、トルコの宝くじ、2年前は1等当選金額は5000万トルコリラでした。

当選金額増えてますね。

どこの世界でも高額当選金にして購入意欲をあおるスタイルが主流のようです。

しかし2年前の5000万トルコリラ、当時の為替レートは、1トルコリラ=50円くらいあったのですよね。

ということは、5000万トルコリラX50円=25億円!

マクドナルド算

凄い、トルコでの物価価値を考えたらいくらだろう。

2倍…2.5倍…。

嘘です、お金の価値はマクドナルド算(世界各国のマクドナルドの価格を為替レートで換算した計算方式)で比較すると、ほぼ変わりません。

昔は(トルコリラ安円高で)逆に高かった、今は同じくらいです。


それにしてもユーロ圏。

スペイン、イタリアの770億とか、130億とかなんなんでしょう。

小国の国家予算並みですね(ドミニカとか)

使い切れないのでは…。


トルコの家電大手ベステル、洗濯乾燥機の新工場建設

トルコ家電大手のベステルは7千万ユーロ(約86億円)を投じて洗濯機と乾燥機を製造する新工場をトルコ西部マニサ県に建設する。

生産能力はそれぞれ75万台で、2018年6月の完成を目指す。

洗濯機はすでに年240万台の生産能力を持つが、300万台超に引き上げる。乾燥機だけの生産は初めて。

今回のベステルの投資に対して、トルコ政府は関税や付加価値税(VAT)減免などの優遇策を講じる

トルコ経済2017年は節約の年でも書きましたが、トルコ国内民間企業育成のための土地の斡旋紹介や法人税の減税がベステルの新工場にも適用されるそうです。

外国企業もありがたいですが、はやりトルコ企業に頑張ってもらわないといけません。

トルコは高所得国のミツバがトルコで新会社の項目でも書きましたが、欧州連合(EU)トルコ関税同盟を利用して、人件費の安いトルコで製品を作り、EUへ輸出すれば良いのです。

新たな雇用、人材の育成、(税金の減免期間が切れる)数年後の税収増、良い方向に向かいます。

ブログを訪れる皆のためにトルコ経済向上、トルコリラ高のために、頑張れトルコ!

GMOクリック証券 マネーパートナーズ
スワップポイントはいつでも引き出し(出金)可能!