トルコリラ円スワップFXブログ-分岐点

トルコリラ安は底を打ったのか!?



およそ1週間前、トルコリラは一時1トルコリラ=28円を割り込み、もう何度目かの史上最安値を更新しました。

しかしその後は、トルコ中央銀行やトルコ政府の口先介入など、一丸となったトルコリラ安防衛策が上手くいっている(ように見える)のか、現在1トルコリラは29円20銭ー30銭で推移しています。

年末年始に向けて、トルコリラはどうなっていくのか!?


トルコ政府の口先介入

トルコのエルドアン大統領の主席経済顧問である、セミル・エルデム氏は、インフレ期待に影響があればトルコ中央銀行は、金利やその他の措置により介入すると述べた。

テレビとのインタビューで、インフレ率は2018年初めには急落するとの見方を示す一方、今月末に再び高水準となる可能性を言及した。

先週、対ドルと対ユーロで過去最安値を更新したトルコリラ相場については、一段安の展開は予想しないと発言。

さらに、為替相場がインフレ目標に影響を与える場合、トルコ中央銀行が介入するとの見通しを示した。



トルコリラ安になって困るのはトルコ政府も同じですから、まずはエルドアン大統領の主席経済顧問であるセミル・エルデム氏が口先介入を実施。

セミル・エルデム主席経済顧問の口先介入ですからエルドアン大統領は知らないということはありえず、公(おおやけ)か暗黙かは置いといてエルドアン大統領公認(了承済み)でしょうし、実際にそういう事態となったら躊躇なく行うでしょう。

ますはこれで一息。

(しかし管理人含め、市場はもっと具体的な行動を期待していたのですが…)


FXプライムbyGMO

↑スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪


トルコ中央銀行の口先介入

「2018-2020年期のインフレターゲットは5%」

「為替市場の均衡を守るため、2018年も従来どおりに為替市場へ流動性を支える

「行き過ぎた動きや、不自然な価格変動があった場合は、直接的か柔軟的な行動か問わず介入をするだろう」



セミル・エルデム主席経済顧問の発言の後、トルコ中央銀行も声明を発表。

トルコリラ安はトルコ政府にとっても、トルコ中央銀行にとっても困る事象ですから、一致団結してトルコリラ安に立ち向かうのは当然でしょう。

実際に為替介入を行う場合、政府の指示によりトルコ中央銀行が行うので、この間の見解が違っていたら問題ですが、まあ一致しているので一安心。

はったり(ブラフ)か警告かですが、日本と違いトルコの場合は実際に躊躇なく行うでしょうから、短期筋(いわゆる禿鷹)には良い口先介入だと思います。

あとは…、実際に介入を行った場合に、短期筋に勝てる軍資金(種銭)があるかどうか、勝てるかどうかが問題ですがね(笑

(韓国は敗北、日本は国債を売ってまでも軍資金を確保し勝利)


それにしても…、「2018-2020年期のインフレターゲットは5%」と大見えを切ったものです。

今現在13%近くあるのですけどね。

確かにフィッチもトルコリラの今後の見通しは明るいとし、2年の期間を経て8%前後に落ち着くと予想します。

S&Pもトルコのインフレ見通しを来年には7.9%に低下すると予想しています。

目標を高く掲げることは良い事ですが、現実的には

2018年:一桁台

2019年:8%前後

2020年:5%前後

でも十分、楽観的な目標と思えるのは管理人だけでしょうか。

まあ、フィッチやS&Pのように、8%を切ればトルコ大勝利!と思います(笑

(5%を切ったら…管理人ウハウハで、管理人の投資の見る目が凄かったということ(笑)


FX取引ならヒロセ通商へ

1,000通貨単位手数料無料!高スペックなヒロセ通商LION FX!管理人も利用中♪


トルコリラの今後の見通し

トルコリラが先週、過去最安値をまたまた更新した後の今後の見通しについてですが、大和住銀投信投資顧問が動画をアップしていたので紹介しますね。



プラス材料
1.好調なトルコ経済
堅調な個人消費
輸出の増加

2.中長期的な経済成長
相対的に金利高


マイナス材料
1.トルコと米国の関係悪化

2.原油価格の上昇
(トルコは資源がなく、輸入に頼っているため)

3.インフレ率上昇


結論
政治情勢次第!

うーん…、その通りだ(笑

エルドアン大統領、大人の判断です。

意地や誇りも大切ですが、トルコ国民の生活はもっと大切ですよ。


でもまあ、FXプライムbyGMOチーフストラテジストの高野やすのりさんもトルコリラの今後の見通しについて、好調なアメリカ経済=好調な世界経済⇒お金が新興国に回ってきて新興国通貨上昇

ドル高トルコリラ高円安となり、トルコリラ円はトルコリラ高円安となるって言われていますし、トルコリラは底堅いと思います。

(詳しくはトルコリラとドルの今後の見通し短期(年内)と中期をFXプライムbyGMOに取材を参照してください)

そう思って管理に人もトルコリラ買ってますしね(笑


トルコリラ円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のトルコリラ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪

TOPページを下にスクロールすると出てきます。

トルコの政策金利は(2017年12月05日)現在8.0%

事実上の政策金利である後期流動性貸出金利は12.25%となっています。

高金利通貨として人気のオーストラリアドルやニュージーランドドル、そして南アフリカランド。

最近人気を高めつつあるメキシコペソなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

昨年からトルコリラ円で1位2位を争う高スワップポイントを維持し続けている管理人おすすめのFXプライムbyGMO(←スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪)。

1,000通貨単位で購入でき手数料も無料、高スワップポイントで管理人も利用中のヒロセ通商 LION FX

1通貨から購入が可能!トルコリラ複利運用積立投資に最適なSBI FXトレードがおすすめです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑


FX取引ならヒロセ通商へ FXダイレクトプラス
トルコリラ円FX投資をするなら今でしょ!