週刊トルコリラ円為替売買動向

トルコリラ円為替売買動向

リクエストがあったのでくりっく365発表のトルコリラ円の売買ポジション枚数をグラフ化してお届けしていきます。

これはくりっく365で取引されている企業・投資家の売買ポジションの保有数を表しています。

そのため当日新規でポジションを持ち、当日中に決済したポジションは含まれていません。

記載日締めの段階で決済せず保有したまま、翌日に持ち越した枚数を表しています。

単位は”枚”で”1枚=10,000通貨”です。

(くりっく365は10,000通貨単位の為)

トルコリラ円売り30,000枚とあれば、それはトルコリラ円売りポジションが300,000,000通貨(3億通貨)あるということになります。


このトルコリラ円売買ポジション動向は、あくまでもくりっく365で取引している企業・投資家の売買ポジションの保有数を表しています。

そのため当然、世界中のトルコリラ円の売買ポジションを表している訳ではありません。

しかし、くりっく365は顧客口座数・証拠金残高ともに日本一であり、トルコリラ円なんてほぼ日本人しか取引しないでしょうから、一番信頼できる数値と言えます。

毎週火曜日更新(予定)、頑張ります(笑


トルコリラ円為替売買動向推移

2017年に入っての急激なドル高トルコリラ安。

それに伴なってトルコリラ安円高が進んでいます。

(ドル円÷ドルトルコリラ=トルコリラ円となるため)

その為でしょうかトルコリラ円…買いポジションが増えてる?

逆に売りポジションが減ってる…。

この推移については毎週ごとに追記していきます。


トルコリラ円為替売買動向-リアルタイム-

ほぼリアルタイム(30分毎)のトルコリラ円の売買ポジションも掲載しておきます。

緑が買い(ロング)ポジションで、赤が売り(ショート)ポジションとなっています。

このデータは枚数ではなく、全体の保有ポジション(100%)のうち、買いポジションの割合が何%、売りポジションの割合が何%かをしてしています。

このグラフはSWFXセンチメント指数をもとに作られており、SWFX(スイスFXマーケットプレイス)の透明性と独立性を示している、そうです。

しかし、SWFX(スイスFXマーケットプレイス)の規模が良く分からないため、参考程度にしていただければと思います。

このグラフはデューカスコピー・ジャパン社提供です。


30分毎トルコリラ円為替売買動向

この指標は現在の取引の流れを基にした情報からなり、主要通貨および主要通貨ペアごとのロング/ショートの割合を示す情報が反映されるように設計されています。

約定済みの保有ポジションの総量におけるロング/ショートポジションの比率によって表されます。


トルコリラ円は人気通貨

トルコリラは高金利通貨の為、低金利通貨である日本円を売ってトルコリラ円を買うことにより、高いスワップポイントを得ることが出来ます。

そのためくりっく365内でも人気の通貨組み合わせであり、ダントツ(断然トップ)人気のドル円。

人気No.2のポンド円。

ユーロ円を差し置いて人気No.3の通貨組み合わせとなっています。

これまた高金利通貨として人気のオーストラリアドル円の1.5倍。

ニュージーランドドル円に至っては4.0倍から4.5倍くらいの取引量です。

改めてトルコリラ円の人気に驚かされました。

GMOクリック証券 マネーパートナーズ
スワップポイントはいつでも引き出し(出金)可能!