トルコリラ円スワップ生活-スワップポイント

FX会社のスワップポイント比較

高金利通貨だけでなく、主要国家の政策金利を一覧にしてみます。

各FX会社のスワッポポイント一覧(01月21日現在)

国名 豪ドル NZドル トルコリラ 南アランド
ヒロセ通商[LION FX] 50円 60円 70円 15円
FXプライム by GMO 29円 33円 90円 10円
インヴァスト証券 35円 38円 55円 10円
外為オンライン(くりっく365) 37円 36円 70円 15円
外為オンライン 35円 40円 5円
GMOクリック証券(くりっく365) 37円 36円 70円 15円
GMOクリック証券 35円 28円 12円
セントラル短資FX 35円 35円 65円 13円
FXトレード・フィナンシャル 36円 35円 62円 9円
SBI FXトレード 37円 34円 62円 13円
マネーパートナーズ 34円 28円 11円
DMM.com証券 FX 39円 45円 10円


スワップポイントとは

スワップポイント(スワップ金利)とは異なる2国間の通貨の金利差のことを言います。

2国間の通貨のうち、高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売ればスワップポイントが受け取れます。

(トルコリラ買い円売りで10,000通貨あたり1日55円-90円貰える)

逆に高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買えばスワップポイントを支払うことになります。

(トルコリラ売り円買いで10,000通貨あたり1日55円-115円支払う)

スワップポイントは一定ではなく日々変化しており、その国の政策金利が変更されれば、その国にかかわる通貨のスワップポイントは大きく変化します。

米国は今後も政策金利を上げる予定で、つまりは継続的に利上げを実施する方向で続中であり、”ドル円買い”ポジションの場合は、(日本より)高金利の米ドル買い低金利の日本円売りとなり、1日に貰えるスワップポイントは多くなります。

管理人もトルコリラ買い日本円売りポジションを持っているので、トルコの政策金利上昇のニュースは素直に嬉しいです。

また、スワップポイントはFX会社によっても異なります。

その為スワップポイントの高い低いは、FX会社を選ぶ際の重要なポイントとなります。

ただ、政策金利比較表のように政策金利は米国が0.5%、オーストラリアは1.5%です。

ではオーストラリアドルを買った時のスワップポイントが、米国ドルを買った時の3倍貰えるかと言われると、その通りにはいかないのですが、概ね政策金利が高ければスワップポイントも高いと言って良いです。

GMOクリック証券 マネーパートナーズ
スワップポイントはいつでも引き出し(出金)可能!