トレイダーズ証券の井口喜雄

トルコリラ,メキシコペソ為替見通しをトレイダーズ証券井口喜雄に聞く2019.10

取材、インタビュー

トレイダーズ証券の井口喜雄部長にトルコリラとメキシコペソの今後の為替見通しを聞いたよ♪

 
当ブログで1・2を争う人気通貨であるトルコリラとメキシコペソ。

サトウカズオもトルコリラ再デビューを果たし、25万通貨を保有。

メキシコペソに至っては700万通貨以上保有しています。
 

うん、やり過ぎました(笑

ちょっと怖い、反省しています(涙

トルコリラやメキシコペソの今後の為替見通しはどうなっているのだろう…。

トルコリラは下がるの?

メキシコペソは上がるの?

これはやはり専門家に話を聞いてみなければ!

(あくまでも現時点での予測・見通しです)
 

当ブログ(「みんなのFX」「LIGHT FX」合計)で人気No.1のFX会社であるトレイダーズ証券。

そのサービス提供・運営会社であるトレイダーズ証券の井口喜雄取締役市場部長にトルコリラ円の今後の為替見通しを聞いてきました!
 

スポンサードリンク

トルコリラ・メキシコペソまとめ

忙しいあなたに、もうまとめますね(笑
 
トルコリラまとめ

  • ポイントはインフレとシリアへの軍事行動
  • インフレ低下はトルコ経済にとってプラス
  • トルコ中銀が追加利下げする可能性は高い
  • 金利低下もトルコ経済にとってプラス
  • トルコ・シリア問題は行くヘを見守るしかない

 
メキシコペソまとめ

  • メキシコ経済はちょっと低迷
  • アメリカ経済もちょっと停滞
  • 年内追加利下げ観測が高まっている
  • 予想レンジは1メキシコペソ=5.2~5.8円
  • 米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)の行くヘに注目

 

トルコリラ円スワップFXブログ管理人
サトウカズオ
トレイダーズ証券さんは、そのスワップポイントの高さから当ブログで”No.1″の人気FX会社さんとなっています。

いつもありがとうございます。

当ブログでも人気の高いトルコリラやメキシコペソの今後の為替見通しについてお聞かせいただければと思います。

 

以後はトレイダーズ証券の井口喜雄市場部長とのやり取りとなります。

よくyoutubeや雑誌で見る人だ―!

よろしくお願いします♪

以後、口語体の文章になりますので、会話していると思って読んでくださいね♪
 
トレイダーズ証券の井口部長

トレイダーズ証券の井口喜雄市場部長

 

トレイダーズ証券市場部所属の認定テクニカルアナリスト。

1998年よりディーリング業務に携わり、2009年からみんなのFXに在籍。

ドル円や欧州通貨を主戦場にディーリング業務を行なっています。

ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があります。

公式Twitterはフォロー必須!

引用元:トレイダーズ証券

 

トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ

みんなのFXはスワップポイントが凄い!

トルコリラ今後の為替見通し

トルコリラの注目ポイントはインフレシリア国境への軍事行動になります。
 

まずはインフレ。

10月3日発表されたトルコ9月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比9.26%と、前月の15.01%から急低下しました。

これは前年同月の物価が高水準だったことが背景で、年内に再び12~13%前後に落ち着くと予想されています。

予想通りCPI成長率が低下してくれば、トルコ中央銀行の次回会合で追加利下げする可能性は十分にあります。

ただ、インフレの落ち着きはトルコ経済にとってプラスに働くため、トルコリラ安に歯止めが掛るのに期待されます。
 
【※】
10月24日、トルコ中央銀行は政策金利を、現行の16.50%か2.50%利下げし、14.00%としています。
 

シリアへの軍事行動はトルコの行動次第になっています。

これまでアメリカはISIS(イスラム国)を打倒するため、シリア北東部のクルド人民兵組織を支援していましたが、その役目を終えたため米軍はシリア国境から撤退しました。

アメリカ政府はトルコ政府にクルド人民兵部隊と戦闘にならないよう安全地帯を設置することで合意しました。

トランプ大統領は「トルコが行き過ぎた行動を取れば同国の経済を完全に破壊する」と警告したように平和的に解決すればポジティブ材料になる一方で、行き過ぎた行動ととられれば大きなマイナス材料になるため、トルコの軍事作戦の動向を注視したいですね。
 

メキシコペソの今後の為替見通し

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-メキシコ国境
 
低調なアメリカ経済指標や米中貿易戦争を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まるなか、メキシコペソを選好しにくい状況になっています。

また、新NAFTA=アメリカ・メキシコ・カナダ協定(USMCA)に関しても、アメリカ議会側は野党民主党が協定への反対姿勢を崩しておらず発動の見通しが立っていません。

経済指標では先月24日に公表された9月前半のインフレ率(CPI)が鈍化したことで、アメリカと同様にインフレが伸び悩みを背景に年内の利下げ観測が強まっています。
 

ポジティブな材料としては10月2日ロペスオブラドール大統領が景気のテコ入れ目指すため、4000億ドル規模の大型インフラ計画を近く発表すると明らかにしました。

この計画で投資の落ち込みを回避することができれば、メキシコペソへの見通しが明るくなりスタンスを変えて良いかもしれません。

予想レンジは1メキシコペソ=5.2円から5.8円と、ややレンジを切り下げている状況です。

5.5円から下が買いゾーンと思います。
 

井口喜雄・サトウカズオ対談

今回はトレイダーズ証券の井口喜雄市場部長に、トルコリラとメキシコペソの今後の為替見通しについてインタビューさせていただいました。

井口部長、ありがとうございます。

トルコリラはサトウカズオも1,600万円もの損失を出したいわくつきの通貨ですが、やはり愛着があります(笑

現状25万通貨保有しており、トルコリラにはなんとか頑張って欲しいものです。
 

メキシコペソは将来性もあり、ポテンシャルの高い有望通貨だと思っています。

そのためトルコリラ損切り後も、メキシコペソはコツコツと積み立てながら買い増ししています。

(700万通貨保有はやり過ぎだと思っていますが(苦笑)
 

トルコリラについて

トルコリラ、意外とポジティブに考えています。

インフレ率の低下=喜ばしい

政策金利の低下=もどかしい

しかし、インフレ率25%、政策金利24%と言う、今までが異常なだけであって、だんだんと正常になりつつあります。

(インフレ率25%とか経済が破たんするレベル(苦笑)
 

中東の地政学リスクが燻っていますが、トルコ経済は最悪期を脱し、良くなってきています。

そのためエルドアン大統領がやらかしてトルコリラが大きく下がるようなことがあれば買い。

値が元に戻ってくる段階で売ると言う、安く買って高く売る戦略で良いと思います。
 

トルコリラ円スワップFXブログ管理人
サトウカズオ
トルコリラはここ1年はむしろ安定しています。

ただ…、トルコリラはスワップポイントの高さから買いポジションに偏りがちです。

しかもボラティリティーも高い通貨ですので、短期筋や投機筋に狙われやすい通貨とも言えます。

恐らくまたどこかでクラッシュするでしょうから、このくらいまで下がるかなー…と言うところの、もうちょい下あたりで指値指定しておけば良いと思います♪

 

トルコリラは現状、1年間保有すれば3.5円程度の下落には耐えることができます。

計算上、5年間も保有すればトルコリラが0円となっても大丈夫と言うことに…(笑

まあ、トルコリラが0円になることはあり得ないと思いますが、短期筋・投機筋が狙うロスカット仕掛けに負けないような資金計画を持って保有していきます。

 

レイダーズ証券【LIGHT FX】

LIGHT FXもスワップポイントが凄い!

トルコリラ円スワップポイントをチェック

メキシコペソについて

インフレも落ち着いてきました。

しかし経済はちょっと低迷しています。

その結果、年内追加利下げが濃厚でしょう。
 

ただメキシコペソが大きく崩れることは無いと思います。

やはり隣国が経済最強国家アメリカ。

そして人口増が増えることは、消費の拡大・経済成長に寄与します。
 

ロペス・オブラドール大統領の経済政策の失敗で、経済がちょっと弱くなってきていますが、大統領もここにきてようやく大型インフラ投資(公共事業)に舵を切りました。

そのため予想レンジを切り下げて、1メキシコペソ5.2円から5.8円としますが、将来性のある通貨には変わりありません。
 

トルコリラ円スワップFXブログ管理人
サトウカズオ
メキシコ経済、今はちょっと良くはないですけど、新大統領就任時の混乱も収まりつつあり、今年後半からは徐々に成長が加速していくことが予想されています。

そのためメキシコペソも、ポテンシャルの高い有望通貨と言えますね♪

 

FX全般に言えることですが、お金は失うのは簡単ですが、得るのは難しいものです。

大切な自分のお金です。

ロスカットにならないよう、資金管理をしっかりと行いましょう。

(1為替見通しブログの1管理人の予想の感想です)
 

サトウカズオは、1年-2年でトルコリラやメキシコペソの運用を止めようとは思っておらず、長期運用をしていこうと思っていますので、5年-10年くらい先にトルコリラ高やメキシコペソ高になっていれば、それで良いです(笑

その間にはスワップポイントも多く貰えるでしょうしね(笑

サトウカズオの保有資産状況はTwitter @tryjpyFXや、このトルコリラとメキシコペソのFXブログで公開しているので、気になる人は見てくださいね♪
 

今回、トレイダーズ証券にお伺いして、トルコリラやメキシコペソの今後の為替見通しなどを聞きました。

これを機に、トルコリラやメキシコペソへの投資を検討されてはいかがでしょうか(笑

タイアップで当ブログ経由からだと最大53,000円です♪

 
トルコリラ・スワップポイント小漫画、政策金利14.00%

 

トレイダーズ証券さんで是非に!と言いたいですが、皆さんが投資するFX会社に選ぶかと言えば、それとこれとはまた別のお話でしょう。

トルコリラ円の取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のトルコリラ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪

 

関連記事

2019年11月4日-11月8日週 先週のトルコリラ円スワップポイント比較ランキング第1位は、10,000通貨あたり1週間の合計485円、1日平均69円28銭でインヴァスト証券トライオートFXでした! […]

トルコリラ円スワップ生活-比較ランキング

 

トルコの政策金利は現在16.50%(2019年11月2日)。

高金利通貨として人気のオーストラリアドルニュージーランドドル、そして南アフリカランド

最近人気を高めつつあるメキシコペソなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

 
トルコリラは値動きが激しくてリスクがあって怖い…と言う方。

それならばメキシコペソは如何でしょうか?

メキシコの政策金利は現在7.75%(2019年11月2日現在)。

なによりメキシコはトルコや南アフリカよりも安定していることが大きな魅力です♪
 
メキシコペソ・スワップポイント漫画-政策金利7.75%_mini

 

メキシコペソ/円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のメキシコペソのスワップポイント比較ランキングを載せておきます。

毎週更新していますので是非、参考にしてみてください。
 

関連記事

2019年11月4日-11月8日週 先週のメキシコペソ円スワップポイントランキング第1位は、10,000通貨あたり1週間の合計105.7円、1日平均15円10銭でLIGHT FXでした! 他の新興[…]

メキシコペソ円スワップ-比較ランキング

 

トレイダーズ証券の井口喜雄
最新情報をチェックしてあげる♪
トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ
セントラル短資FX