取材、インタビュー

トレイダーズ証券の井口喜雄部長にカナダドル円の今後の為替見通しを聞いたよ♪



カダナの政策金利は1.75%!

とうとう高金利通貨国と言われていた、オーストラリアドル(豪ドル)より高い政策金利となってしまいました。

さらには世界有数の資源国としても有名で、特に石油の埋蔵量は世界第3位とエネルギー資源や天然資源が多く埋蔵されています。

高金利通貨国共通の悩みである通貨の安定性もカナダは、G7 (アメリカ、日本、ドイツ、イギリス、フランス、カナダ、イタリアの7つの先進国)の一員であり、政治・経済ともに安定している国と言えます。

あれ…カナダドル有望なのでは?


そのカナダドル円スワップポイント比較ランキング第一位のトレイダーズ証券「みんなのFX」「LIGHT FX」

そのサービス提供・運営会社であるトレイダーズ証券の井口喜雄部長にカナダドル円の今後の為替見通しを聞いてきました!


世界最強経済国家アメリカの隣国カナダ。

引きづられる形でカナダ経済も好調です。

ただ気になるのは今後の行く末・見通し。

いったいカナダドルはどうなるのだろう?

カナダドルは上がるの?下がるの?
(あくまでも現時点での予測・見通しです)

これはやはり専門家に話を聞いてみなければ!

よっし、トレイダーズ証券にインタビューだ(笑!

カナダドルのまとめ

忙しいあなたに、もうまとめますね(笑


カナダドルまとめ

  • カナダドルは安定しており投資しやすい通貨
  • 政策金利は当面据え置きも次は利上げと予想
  • 原油高は当然カナダドルに対してプラス要因
  • インカムゲイン・キャピタルゲイン両方を狙える通貨
  • 資源国+先進国=底堅い通貨と言える


トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ


カナダドル今後の為替見通し

サトウカズオサトウカズオ

トレイダーズ証券さんは、そのスワップポイントの高さから当ブログで”No.1″の人気FX会社さんとなっています。

いつもありがとうございます。

今回はカナダドルの今後の為替見通しについてお聞かせいただければと思います。

以後はトレイダーズ証券の井口喜雄市場部長とのやり取りとなります。

よくyoutubeや雑誌で見る人だ―!

よろしくお願いします♪

以後、口語体の文章になりますので、会話していると思って読んでくださいね♪


トレイダーズ証券の井口部長

トレイダーズ証券の井口喜雄市場部長

トレイダーズ証券市場部所属の認定テクニカルアナリスト。

1998年よりディーリング業務に携わり、2009年からみんなのFXに在籍。

ドル円や欧州通貨を主戦場にディーリング業務を行なっています。

ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があります。

公式Twitterはフォロー必須!



カナダドルの現状

カナダドルはボラティリティが小さく(値動きが少なく)、為替差益を狙う人には少し不満があるかもしれませんが、スワップポインチ狙いの人にとっては安定しており、投資しやすい通貨ではないでしょうか。


当初カナダは2019年、年2回の利上げを見込んでいました。

それがカナダ経済の減速懸念などから0回に下降修正されてしまいました。

しかしカナダ経済が悪い…と言うことはなく、むしろ世界的に見れば好調な部類です。

そのため次は利下げではなく、利上げに向かうと思っています。

むしろ2019年内にでも1回の利上げがあるのではないかと思っています。

カナダ経済

原油高がカナダに恩恵をもたらしています。

また隣国アメリカに引きづられる形でカナダも比較的好調を維持しています。

ただアメリカというプラス要因が無くてもカナダ自体が好調なため、経済面ではあまり問題は見られません。

原油高

上記通り、原油高がカナダに恩恵をもたらしています。

原油価格は年末に向けて1バレル=70ドルを目指す勢いです。

(4月26日時点で1バレル=64.10ドル)

原油高は当然カナダドルに対してプラス要因となります。

そのためカナダドルは年末に向けて1カナダドル=90円も視野に入るか…と思っています。

カナダドルのメリット

トルコリラ/メキシコペソ円FXブログ-カナダ


以上のことから、スワップポイントの高さもあり、カナダドルはインカムゲイン(スワップポイント)・キャピタルゲイン(為替差益)、両方を狙える通貨だと思っています。

カナダドルのデメリット

ただ原油価格が崩れると、カナダドルも崩れやすいでしょう。

しかし現状原油価格は崩れなさそうですね(笑

カナダドルの投資戦略

現状カナダ政局に不安は見られません。

治安も良く、欠点らしい欠点が見られません。

資源国+先進国=底堅い通貨、と言えます。


1月フラッシュクラッシュがありました。

当然カナダドルも影響を受けたのですが、そういう崩れた時に買えればbest(最も良い)ですし、崩れなくてもbetter(より良い)な通貨だと思います。


オーストラリアドル(豪ドル)に比べ、中国に降らされる心配も少ないので、比較的リスクも少ない通貨と言えるのではないでしょうか?


レイダーズ証券【LIGHT FX】


まさかの平松栄一郎社長登場!

取材を終えて皆さまに挨拶をし、帰ろうと出口に向かった先に人影が…。

サトウ:「???」
???:「社長をしております平松と申します」
サトウ:「ええぇーー」

サトウ:「恐縮です、いやー…なにか…すいません」

サラリーマン投資家、兼ブロガーのサトウカズオ、肩書に弱い(笑



サトウカズオの投資法

話を戻して…今回はトレイダーズ証券の井口喜雄市場部長に、カナダドルの今後の為替見通しについてインタビューさせていただいました。

井口部長、ありがとうございます。

カナダドル…、昔は政策金利の割にスワップポイントが低い通貨でしたが、トレイダーズ証券さんが上げたお陰で他のFX会社さんも追随し、ようやく高金利通貨と言えるようになってきました。

資源国+先進国=底堅い通貨、良い言葉ですね♪


サトウカズオは今回のトレイダーズ証券への取材を機にスワップポイント投資をオーストラリアドルからカナダドルに乗り換えようと思います(笑

(現在トルコリラ・メキシコペソ=利益追求通貨、オーストラリアドル=安定通貨として運用中♪)

現状インフレ率の低下からオーストラリアは利下げ確率が50%以上となっています。

カナダは据え置き予想も方向性は利上げ方向!

またオーストラリアに一番影響を与える国は中国。

カナダに一番影響を与える国はアメリカ、と収益も安定性も上かな…と(笑

さっそくポートフォリオの組み直しだ!


今回、トレイダーズ証券にお伺いして、カナダドルの今後の為替見通しなどを聞きました。

インカムゲインもキャピタルゲインも両方を狙える通貨

これを機に、カナダドルへの投資を検討されてはいかがでしょうか(笑


タイアップで当ブログ経由からだと最大53,000円です♪




トレイダーズ証券さんで是非に!と言いたいですが、皆さんが投資するFX会社に選ぶかと言えば、それとこれとはまた別のお話でしょう。

カナダドル円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のカナダドル円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪




カナダの政策金利は(2019年4月27日)現在1.75%!

高金利通貨として人気のオーストラリアドルニュージーランドドルなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

この記事を見られているってことはカナダドルに興味があるってことですよね?

気になるなら悩むよりも時間を味方に、早く始めることが重要だと思います♪

(1カナダドル円為替見通しブログの1管理人の予想の感想です)


トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ セントラル短資FX
【毎週更新】アメリカドル南アフリカランドのスワップポイント、FX自動売買のランキングも掲載中!