トルコリラとメキシコペソのFXブログ_会議・データ

どうなるメキシコペソ!NAFTA再交渉期限迫る

トルコリラとメキシコペソのFXブログ_会議・データ

5月の17日-18日がメキシコペソの将来を決める?

 
毎週史上最安値を更新し続けるトルコリラ

まったく温厚なサトウカズオさんだって愚痴を言いますよ、怒りますよ。

それに比べてメキシコペソは対ドルで確かに下落しているものの、それは円もユーロも英国ポンドも同じ。

むしろ健闘しているぐらいですね。

下値も堅く、あとは反転上昇していってくれれば文句なしだけど…。
 

スポンサードリンク

下値が堅いメキシコペソ

先週1メキシコペソ=5.56円くらいまで下げたメキシコペソ。

しかし一時は1メキシコペソ=5.7円まで盛り返すなど、下値も堅く堅実な動きを示しています。

FXプライムbyGMOの外為ディーラーも高金利通貨FXならトルコリラよりメキシコペソと面白い(耳が痛い)事を言っています。
 

メキシコペソか~…。

トルコリラが不安定な動きな分、サトウカズオも思わずメキシコペソの方を買い増ししました(笑

そのメキシコペソ、長期的には有望も、短期的には為替の行方を左右する、NAFTA再交渉の期限が迫っています。
 

NAFTA再交渉期限迫る

NAFTA再交渉の行方
 

5月11日 3時17分

フリーランド・カナダ外相
「NAFTA交渉は時間がかかるだろう」
「NAFTA交渉は全分野において良い点が見られている」
 

5月11日 4時28分

一部通信社が伝えたところによると「アメリカはNAFTA交渉の期限を今月17日か18日に設定する可能性」という。
 

5月11日 4時56分

アメリカ共和党のライアン下院議長は「議会はNAFTA法案を17日までに成立させなければいけない」と発言した。
 

05月11日 7時25分

ロイターは、メキシコのグアハルド経済相が、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が短期間で合意する可能性について、向こう2日間以内に見通しがつくとの認識を示したと報じている。

また、11日に交渉が継続した場合も対応できるとしたという。
 

 
と日本時間で12日未明まで断続的に協議していましたが…、

その結果は…、

 

セントラル短資FX

セントラル短資FXはメキシコペソが熱い!

 

NAFTA再交渉は来週も継続、閣僚会合で結論出ず
 
米国、カナダ、メキシコによる北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉は11日、ワシントンで閣僚会合を開いた。

域内の自動車貿易で関税をゼロにする条件などを巡って結論は出なかった。

来週も交渉を続ける。
 

米政府は5月中旬までの合意を目指しているが、目標期限に間に合うかどうかは依然見通せない

カナダのフリーランド外相は会合後、記者団に「必要に応じて閣僚が近いうちに再び会うことになる」と述べた。

事務レベルで詰めの交渉を続けると説明した。
 

3カ国の閣僚は4月から5月にかけてワシントンに頻繁に集まり、交渉を重ねてきた。

車の関税をゼロにする条件として域内の部材調達比率を定めた「原産地規則」などを巡って妥協点を探っている。

米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は、今の米議会で交渉結果の承認を得るため、5月中旬までの合意を目指している。

 

引用元:日本経済新聞

 
交渉はまとまらず、今週に持ち越しとなりました。

問題となって言うのは上記通り、自動車の貿易協定(関税0)交渉において、アメリカは現在の部品調達率62.5%以上から一気に75%以上への引き上げを要求。

対してメキシコは部品調達率を70%以上にすると譲歩したのですがまとまらず…、という結果となっています。
 

まあ実際はもっと細部に、そして落としどころを探している状況なのでしょうけど、相当とも国益が絡む問題だけにおいそれと決めることは出来ません。

方向としては、アメリカが高い数値を設定し、そこから双方で妥協点探っていく、ということになるのでしょうけど…。

メキシコ、カナダとも、相当譲歩しているようで、後はアメリカが譲歩するかどうかですね。

と言っても再交渉している時点でアメリカ有利・勝ちな再協定になるのですが(笑)
 

当然、再交渉がまとまればメキシコペソ高

まとまらなければメキシコペソ安になることが容易に予想されます。
 

ただトルコと違い、メキシコのインフレ率は収束しつつあり、メキシコ経済も悪くありません。

再交渉がまとまらなくても、そこまで値崩れしない、時を置けば再び上昇してくると読んで買い増ししました。

まあ、1メキシコペソブログ管理人の勝手な意見ですがね(笑
 

メキシコペソ・スワップポイント小漫画-政策金利7.25%_mini

 

メキシコペソ/円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のメキシコペソのスワップポイント比較ランキングを載せておきます。

毎週更新していますので是非、参考にしてみてください。
 

メキシコの政策金利は現在7.25%(2020年1月30日現在)。

なによりメキシコはトルコや南アフリカよりも安定していることが大きな魅力です♪

さあサトウカズオと共にメキシコペソのスワップポイントを複利で積立投資していこう!
 

関連記事

アインシュタインの名言「数学における最も偉大な発見は複利である」 メキシコペソAは仲間を呼んだ!メキシコペソBが現れた!メキシコペソCも現れた!DもEもFも現れた!みんな仲間になりたそうにし[…]

トルコリラ円スワップFXブログ-貯金預金

 

関連記事

目指せ!メキシコペソでスワップ生活 スワップポイント運用はリスクが低く、少ない資金で始められることから人気となっています。最近特に注目されているのがメキシコペソのスワップ運用ですが、本当に利益が出るのか気になっ[…]

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-休暇・旅行

 

トレイダーズ証券【LIGHT FX】
セントラル短資FX
トルコリラとメキシコペソのFXブログ_会議・データ
最新情報をチェックしてあげる♪