トルコリラとメキシコペソのFXブログ-不安・困惑

メキシコペソ最安値更新中!政策金利は6.5%に利下げ

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-金利の変化・動向

メキシコ、政策金利を6.50%に利下げ

メキシコペソは史上最安値更新中(涙

 
メキシコ中央銀行は20日、臨時の金融政策決定会合を開き、政策金利を0.50%利下げして6.50%にしました。

(日本時間の21日午前4時過ぎ発表、臨時過ぎる(涙)

メキシコペソ、お前もか…。
 

※:注意
この読まれている記事は最新の情報(現在のメキシコ政策金利記事)ではありません。

最新のメキシコ新政策金利情報を知りたい場合は、下の記事を参照ください。
 

関連記事

メキシコ、新政策金利を4.25%に仕方ないとはいえ11会合連続の利下げ メキシコ中央銀行は24日、金融政策決定会合を開き、政策金利を0.25%利下げして4.25%にしました。(日本時間の24日午前3時発表)[…]

トルコリラ/メキシコペソ円FXブログ-借金・債務

 

スポンサードリンク

メキシコ、政策金利を6.50%に

メキシコ銀行(中央銀行)は20日、臨時の金融政策決定会合を開き、政策金利を現状から0.50%引き下げて6.50%にすることを決めた

26日に定例会合が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で経済への深刻な影響が懸念され、会合を繰り上げて開催した。
 

利下げは6会合連続となる。

メキシコは2019年に10年ぶりにマイナス成長になるなど、経済活動が低迷していたが、新型コロナ感染拡大の影響で自動車工場などが操業停止に追い込まれている。

ホテル、航空など観光産業も大きな打撃を受けている。

民間機関では、2年連続のマイナス成長が避けられないとの見方が広がっている。
 

一方、物価上昇のペースはやや加速しているものの、メキシコ銀行が目標としている3%台を維持している。

こうした状況から早期の利下げが適切と判断した。
 

多くの国が政策金利の引き下げと合わせて、緊急の経済対策を打ち出しているが、メキシコ政府は現状では具体策を示していない。

経済界からは公共投資の拡大や減税などの要望が出ている。

感染の拡大防止策と合わせて、新型コロナウイルスへの対応の遅れが指摘されている。

 

引用元:日本経済新聞

 

結果、メキシコ銀行 政策金利

前回実績7.00%、市場予想6.50%に対し、実績6.50%!
 

メキシコ銀行、今週26日に予定されていた金融政策決定会合を前倒し開催。

先週末の市場が閉まる直前で政策金利を0.50%利下げし6.50%としました。

利下げ幅は兎も角、メキシコ銀行までも前倒しの緊急利下げですが…。

こういうの投資家は「メキシコの現状、経済ってそこまでヤバいの!?」となるので、余程の緊急の場合以外はやらない方が良いと思いますが、余程の緊急と判断したのでしょう。
 

会合では理事会メンバー5人のうち4人が0.50%利下げ。

1人は0.25%の利下げ幅を主張していたそうです。

でもアメリカが今月一気に1.50%をも利下げしていますからね。

0.50%でも仕方がないかと…。
 

メキシコ銀行は声明で利下げの理由を、

原油価格の記録的な安値

最安値を更新したメキシコペソ

新型コロナウイルスの急激な感染拡大
⇒世界経済に深刻な影響
⇒金融システムに大きなダメージ

により、メキシコ国内の金融市場の安定を図るために決定した、としています。
 

まあ世界各国が利下げや緊急緩和に走っている状況下ですから、仕方が無いと言えば仕方がありません。

むしろアメリカが1.50%、カナダも1.0%利下げしていますので、メキシコの0.50%利下げはまだ頑張っている方でしょう。

これでも先進国との金利差は縮まっているのですから、問題はありません。

(問題はメキシコペソ投資家のスワップポイントが下がる可能性が高いってことですが(涙)
 

ただ…、インフレ率は心配ですね、上昇傾向となっています。

記録的な原油安によりエネルギー価格が下落しているので、この点はインフレの押し下げ要因となります。

しかし最安値更新中の大幅なメキシコペソ安により、輸入物価(価格)も大きく上昇しています。
 


 
上記tweetの図のように、インフレ率は2019年の6月以降はメキシコ銀行の目標である前年比+3%台を維持しています。

2019年12月には同+2.83%と過去50年で2番目に低い水準にまで到達しています。

新興国とは思えない優秀さです。

しかしそれ以降、1月は同+3.24%。

2月も同+3.70%と再び上昇傾向となっています。
 

物価は上昇中。

メキシコペソも下落中の中での利下げ。

メキシコ銀行の難しい舵取りは続きそうです。
 


 
あ、メキシコ銀行はトルコと違い、きちんと機能していおり、さらにはとても優秀なのですよ。

しかしメキシコ銀行の金融政策はしっかりしていますが、メキシコ政府の経済政策・財政政策が迷走しています。

上記通り、ロペス・オブラドール大統領の経済政策の失政から、企業が投資を控えたことなどを背景に、メキシコ経済はおよそ約10年ぶりにマイナス成長に陥っています。
 

3月23日にも一度操業許可が下り、建設中のビール工場について、一部住民が操業で水不足が懸念されるとして反対運動を展開。

ロペス・オブラドール大統領が実施させた住民投票で反対票が7割を占めたことで操業許可を取り消した事件がありました。
 

問題はロペス・オブラドール政権が、法的根拠のない住民投票を実施して、必要な許可を得て建設が始まっていた工業の建設を中止させたことです。

これだから左派政権は…。

こんなことしていたら民間企業はメキシコに投資しませんよ…。

は~(大きなため息

 

セントラル短資FX

セントラル短資FXはメキシコペソが熱い!

政策金利発表でメキシコペソ

メキシコの政策金利発表で、メキシコペソがどうなったかと言うと…。

ドル/メキシコペソ

現在、1ドル=25.1305メキシコペソくらいでしょうか。
 
ドル高メキシコペソ安でメキシコペソは最安値更新中です。

原油安により、原油に依存しているメキシコ経済に嫌気した売り。

総悲観状態による、ドルの現金化・ドル需要の高まりにより、世界的にドル高基調となっています。

悪い方向ばかりに進んでいる、まさにリスク回避のドル買いメキシコペソ売り!

現状ポジティブ材料がありません。

ドル/円

1ドル=110円45銭-50銭くらいでしょうか。
 
上記通り、ドル需要の高まりによるドル高が円でも起きています。

ただアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)による国債・住宅担保ローン証券の無制限買い入れ。

企業や州政府、および地方自治体の流動性を支援する、としたことから多少は弱まっていますが、実際にお金が行き届くまでには、もう少し時間がかかるでしょう。

メキシコペソ/円

1メキシコペソ=4円39銭-40銭くらいでしょうか。
 
弱い…(涙

上記通り、原油安、新型コロナウイルス感染拡大懸念などにより、対円でも最安値更新中です。

メキシコ政府の経済政策・新型コロナウイルス対策が駄目駄目なのは承知の上ですが、世界的な原油安・投資家心理の冷え込みは如何ともしがたいですね。

スワップポイントを貰いながらの耐える日々が続きそうです。
 

現状図で表すと、現状はドル>円>メキシコペソですかね。

メキシコペソ…、頑張ってくれい…(涙
 
メキシコペソ・スワップポイント小漫画-政策金利7.00%

 

メキシコペソ/円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のメキシコペソのスワップポイント比較ランキングを載せておきます。

毎週更新していますので是非、参考にしてみてください。
 

メキシコの政策金利は現在6.50%(2020年3月24日現在)。

なによりメキシコはトルコや南アフリカよりも安定していることが大きな魅力です♪

さあサトウカズオと共にメキシコペソのスワップポイントを複利で積立投資していこう!
 

関連記事

アインシュタインの名言「数学における最も偉大な発見は複利である」 メキシコペソAは仲間を呼んだ!メキシコペソBが現れた!メキシコペソCも現れた!DもEもFも現れた!みんな仲間になりたそうにし[…]

トルコリラ円スワップFXブログ-貯金預金

 

関連記事

目指せ!メキシコペソでスワップ生活 スワップポイント運用はリスクが低く、少ない資金で始められることから人気となっています。最近特に注目されているのがメキシコペソのスワップ運用ですが、本当に利益が出るのか気になっ[…]

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-休暇・旅行

 

トレイダーズ証券【LIGHT FX】
セントラル短資FX
トルコリラとメキシコペソのFXブログ-不安・困惑
最新情報をチェックしてあげる♪