トルコリラとメキシコペソのFXブログ-ほったらかし・眠る

【FXブログの月間収支報告】資産運用実績2023年4月

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-口座開設

私は眠る、お金は働く

2023年4月利益は212.8万円

 

仕事をしている間に、寝ている間に、お金が入ってきます!

つまりお金が自分で働いて、お金を増やしてくれるのです♪

そんな2023年4月のサトウカズオ運用実績を報告しますね。
 

みなさんは利益が出ている好調な手法をマネにして、損をしている手法は反面教師にして(修正・カスタマイズして)利用、もしくは参考にしてください。

今のおすすめは、年利益率が凄いループイフダンでメキシコペソ設定手動トラリピ設定でメキシコペソ

安定の手動トラリピ豪ドルNZドルでしょうか(^^♪

また新たな高金利通貨・スワップポイント投資としてハンガリーフォリント、現物取引でロスカットの心配がない仮想通貨+自動売買のおてがるトレードも始めました( ・_・)b グッ
 

2023年4月は、アメリカの雇用関連指標・インフレ関連指標に振り回される月となりました。

同じアメリカの雇用関連指標、例えばJOLT求人件数・ADP雇用統計やISM製造業景況指数・ISM非製造業景況指数の雇用部門は悪かったのですが、雇用統計は良かったなど、指標によって悪かったり良かったりとバラバラだったり、また地銀株急落による金融不安も再燃したりと、ドル/円やアメリカ株はその都度乱高下(-_-;)

まあ相場を読まなくても良い、ボラティリティが高いほど儲かるリピート系FX自動売買が主力なので利益増には役立ちましたが、裁量取引の人は疲れる月だったのではないでしょうか(;^_^A
 

しかし一番のニュースは日本銀行(BOJ)金融政策決定会合

いつもは空気と化す日銀会合ですが、植田総裁初のこの会合は一味違いました。

夏前までには現行の異次元金融緩和政策の修正、具体的にはイールドカーブ・コントロール(YCC=長短金利操作)の修正・もしくは撤廃があるかと思われていましたが、実際は「1年から1年半程度の時間をかけて、多角的にレビューを行う」との文言を追加されたように、緩和政策からの出口戦略がまだ遠いとの印象を強め円安が大きく進みました。

「1年から1年半は現行の異次元金融緩和政策を維持します」と言っているようなものです。

サトウには大助かりですが(^^♪
 

結果、現在の各国の金利動向は、

3月23日、イングランド銀行(BOE)は0.25%利上げし、政策金利は4.25%に。

3月30日、南ア準備銀行(SARB)は0.50%利上げし、政策金利は7.75%に。

3月30日、メキシコ銀行(BOM)は0.25%利上げし、政策金利は11.25%に。

4月05日、NZ準備銀行(RBNZ)は0.50%利上げし、政策金利は4.75%に。

4月12日、カナダ銀行(BOC)は金利を据え置き、政策金利は4.50%に。

5月02日、豪準備銀行(RBA)は0.25%利上げし、政策金利は3.85%に。

5月03日、連邦準備制度理事会(FRB)は0.25%利上げし、政策金利は5.00-5.25%に。

5月04日、欧州中央銀行(ECB)は0.25%利上げし、政策金利は3.75%に。
 

一方日本銀行(BOJ)は4月28日、金融政策の現状維持(政策金利は据え置きで-0.10%)を決定!

結果、為替は大変動で、FX自動売買で大きな利益を得ることが出来ました(^^♪
 

その中でも一番利益を得たのは豪ドル/NZドル。

国内の経済・雇用が堅調なオーストラリア国内の経済・雇用が低調なニュージーランド

利上げを停止したオーストラリア準備銀行(RBA)(5月に一転利上げを再開しましたが(;^_^A)と利上げ継続を示唆しているニュージーランド準備銀行(RBNZ)

と、為替が激しく上下した結果、約定通知とメールがたくさん鳴り響いています(^^♪
 

なお週間利益【不労所得】FX自動売買で収入は下記の記事を読みください。

また豪ドルNZドルの手動トラリピなどの個別設定は、下記の記事をご覧くださいm(_)m
 

併せて読みたい関連記事

2024.6.10日週は+356,390円の利益1.1から24週間で+16,959,147円の利益 【注意】好調な手法も不調な手法も正直に掲載しているので、好調な手法をマネにして、不調な手法は反面教師にして(修[…]

FX自動売買サトウカズオ

 

良くメキシコペソなどの高金利通貨は儲かるのですか?

ループイフダンなどのFX自動売買は儲かるのですか?

と言うメールをいただきます。

そういえば最近、投資の運用実績(収益)を公表しているブログって多いですよね。

当ブログでも、このブログだったりTwitterで報告していますが、個々での報告で、一覧と言うのはありませんでした。

自分での管理・まとめも含めて公表していきます。
 

あ!確定申告はきちんとしていますし、所得税も払いましたよ!

経費も当然もれなく申告しています(^^♪

しかし…奴がきた、恐ろしい奴が…。

「市民税・都民税 納税通知書在中」

新たな刺客が…。

ちくしょー!税金以上にFX・ETF自動売買でお金稼いでやる!
 

トライオートFX【スポンサードリンク】

2023年4月運用実績

運用先

前月比

アメリカドル
メキシコペソ

336,600円

連続予約注文

545,074円

トラリピ

72,270円

手動トラリピ
みんなのリピート注文

698,465円

マイメイト

0円

トライオートFX

475,587円

トライオートETF

0円

積立NISA

109,778円

 

運用先

原資産

運用元金

アメリカドル
メキシコペソ
連続予約注文

37,727,524円

15,000,000円

トラリピ

10,508,679円

5,000,000円

手動トラリピ
みんなのリピート注文

18,490,184円

14,000,000円

マイメイト

413,122円

500,000円

トライオートFX

21,916,296円

16,000,000円

トライオートETF

21,957,992円

22,500,000円

積立NISA

2,775,746円

1,906,000円

 

運用先

利益

運用期間

年利回り
(年率)

アメリカドル
メキシコペソ
連続予約注文

22,727,524円

76カ月

23.92%

トラリピ

5,508,679円

52カ月

25.42%

手動トラリピ
みんなのリピート注文

4,490,184円

40カ月

9.62%

マイメイト

-86,878円

7カ月

-29.79%

トライオートFX

5,916,296円

70カ月

6.34%

トライオートETF

-542,008円

59カ月

-0.49%

積立NISA

869,746円

55カ月

9.96%

 

ループイフダン

ループイフダンでメキシコペソ!設定と実績

集計上のお詫び

まずはおわび。

もともと自分の為に、仕事していても遊んでいても寝ていても、”ほったらかし”で稼げる。

PCの画面やスマホでチャートを確認せずに済む。

そんな高スワップポイントによる長期投資運用戦略をはじめました。

そのため、当初は皆さんに見て貰おう、紹介しようとは思ってもいませんでした。

すいません…つまり、分かりやすく分けていません(-_-;)
 

トルコリラ
メキシコペソ
アメリカドル
南アフリカランド

のスワップポイント口座は一括りにさせてください。

スワップポイントの総合口座、といった形です。
 

ほったらかしで不労所得

スワップポイント

スワップポイントは主に、政策金利11.25%のメキシコペソ

政策金利は7.75%ながらもスワップポイントは政策金利以上に高い南アフリカランド

最近は値動きの激しいトルコリラの反動でハンガリーフォリントも始めました。

(ほとんどメキシコペソですが(;^_^A)

上記通り、そもそも人に見せる・公開する用ではないので、通貨別に分けてはいないですが、お許しください。
 

2018年7月は+760万円以上の利益があったのに、翌8月には-670万円以上の損益を被る羽目に(-_-;)

その原因はトルコリラ

資金を追加して耐えていたのですが…、

 

併せて読みたい関連記事

トリコリラ損切りしました!マイナス1,600万円です!(涙) 08月の第2週はおよそ1トルコリラ=17円13銭でこの週の取引を終了。先々週(8月の第1週)終値の1トルコリラ=21円86銭より、4円73銭[…]

トルコリラ円スワップFXブログ-涙

 

上記記事通り、2018年8月のトルコショックによりトルコリラ安が進んだため損切りを実行しました。

下記のトライオートFXと合わせてトルコリラのマイナスは1,600万円にも上りました…。

トルコリラよ…どうしてこうなった…(涙
 


 
そしてさらに2020年11月、トルコリラはとうとう12円割れに…。

心折れて損切してしまいました。

その額2,565,800円。

(↓当時公開していた以上に正直に公開するブロガーの鑑です↓)
 


 
は~(でっかいため息

メキシコペソや南アフリカランドは、順調にレートもスワップポイントも戻しているのにトルコリラときたら…。

馬鹿な子ほどかわいい…とよく言いますが限度にもほどがあります(怒
 

そんな過去を乗り越えた2023年4月の成績は!

+336,600円!

日本との金利差拡大に伴い、メキシコペソ・南アフリカランドは少しずつですが、1日当たりのスワップポイントは上昇しています(^^♪

メキシコペソ手動トラリピを入れれば、とんでもない金額に膨れ上がりますが、そちらは手動トラリピの項に入れているので、こちらは純粋なスワップポイントのみです。
 

スワップポイント利益は確実に増加しています。

何故かと言うと、今までスワップポイント比較ランキングで毎回最下位であるマネーパートナーズから常にTOP3には入るトレイダーズ証券 LIGHT FX

メキシコペソなど”一部通貨ペア”には圧倒的に強いセントラル短資FXにスワップポイント口座を切り替えたから(^^♪
 

例えばメインであるメキシコペソ。

マネパが10,000通貨当たりおよそ14.00円なのに対し、セントラル短資FX22.00円、自動売買のアイネット証券のループイフダン20.0円です。

なんと1.6倍近くの差があります(-_-;)

南アフリカランドに至っては2.0倍以上も違います!

(マネパさん、比較されて悔しかったらスワップポイント上げてください!)

同じ10,000通貨保有なのに…。
 

併せて読みたい関連記事

2024年6月10日-6月16日週前週比0.1銭のメキシコペソ安円高 6月10日週のメキシコペソ/円は、9.518円と前週比では0.1銭のメキシコペソ安円高で終えましたが、週中12日には8.210円までさらに下落。[…]

トルコリラとメキシコペソのFXブログ_メキシコペソ

 

逆に言えば他のFX口座でスワップ運用していれば、現在のスワップ収入より1.5倍~2.0倍の利益を得ていたことになります。

皆さん、FX会社選びは慎重にね!
 

サトウカズオが保有している高金利通貨国も、

【注:5月7日現在】

南 ア:7.75%

トルコ:8.50%

メキシコ:11.25%
 

先進国も【注:5月7日現在】

ユーロ:3.75%

豪 州:3.85%

英 国:4.25%

カナダ:4.50%

米 国:5.25%

となっています。

結果、今後ますます日本の政策金利:-0.1%との他国との金利差は広がり、スワップポイントも拡大していくでしょう(^^♪
 

まあ月5万円から6万円くらいあれば+α(プラスアルファ)のゆとり生活は送れそうですし、最近は円安・高金利通貨国高により、含み益も大きく膨らんでいます(^^♪

メキシコ・南アフリカは追加利上げ観測が出ていますし、今後もさらなる高スワップポイント化に期待できそうです( ・_・)b グッ
 

メキシコの政策金利は11.25%!

予想以上に産油国&アメリカの隣国(アメリカの恩恵を受けれる)と言うのがメキシコの強みです。

コロナ収束後の経済活動再開+原油価格の回復で、為替差益+スワップ利益=両得♪を狙います!

 

セントラル短資FX

メキシコペソスワップが凄い!

マイメイト

インヴァスト証券より誕生した面白いサービス、その名もマイメイト(MAiMATE)。

強化学習型AIがあなたの代わりにFXを行ってくれる自動売買ツールです。

正直、今までAIが判断して行う取引って、実際に利用して儲かった・利益を上げたためしがないのですけどね。
 

…手のひらクルー!

マイメイト実取引でめっちゃ儲かってます!

これは素晴らしいシステムだ、AI取引だ!
 

と、取引開始4か月目まで年利益率+128.38%換算とめっちゃ儲かっていましたが、最近は停滞気味。

上下トレンド相場は得意でも方向感の無いレンジ相場は苦手のようです(-_-;)

2023年1月2日週を持ってマイメイトの運用を終了しました。
 

併せて読みたい関連記事

12月4日週は前週比-16,875円!5万円設定と実績をブログで公開 2023年7月31日から始めたマイメイトの実取引実績をブログで公開する企画!自腹5万円がどうなったかと言うと…。 […]

マイメイト・ファンド機能は儲かるのか

トライオートFX

トライオートFXでは、現在ユーロ/ポンド・豪ドル/NZドルを中心に運用しています。

含み損も少なくユーロ/ポンドは手堅く、豪ドル/NZドルは上下偏りが激しいですが大きく利益を稼いでいます。

4月も豪ドル/NZドルが利益の稼ぎ頭となり、これが今回の大利益につながっていますね(^^♪
 

また今回、ありがたいことにインヴァスト証券のトライオートFX自動売買セレクトにて、サトウカズオ考案の「私は眠る24時間働く_私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル」が認定ビルダーとして選ばれました!

是非参考にしてみてくださいね♪
 

併せて読みたい関連記事

豪ドル/NZドル両建てFXを50万円で運用! 【注意】申し訳ありません。2022年12月1日、豪ドル/NZドルがこの「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル」設定の売り買い注文の分岐点である1.070NZ[…]

トライオート認定ビルダー「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル」

 

【追記】
含み損を教えてください、とのことでしたので正直に報告します。

現時点で含み損は40万円くらいです。

ほとんどユーロ/ポンドの含み損です(-_-;)
 

ただ言っておきたいのは、リピート系FX自動売買のシステム上、含み損は仕方がないです。

その含み損を決済して利益を積み上げていきます

含み損を超える利益を目指します♪

 

トライオートFX

トライオートFXで豪ドルNZドルは儲かるのか

トライオートETF

4月は利益に変化なし…引き続き利益「0円」。

上昇基調ですが想定よりは低空飛行で、現在のポジションが約定決済されないことには次の行動に移せません(-_-;)

しばらくは放置ですね。

2022年10月に、
 


 
と、泣く泣く損切りしましたが、今となってみれば損切りせず耐えていた方が良かっと思えてきます(-_-;)

現在も多額の含み損を抱えていますが、利上げ打ち止めになり、長期金利の上昇が落ち着いてきてくれれば上向いてくるでしょう。
 

現在ナスダック100トリプル(TQQQ)については新規自動売買注文の制限が行われています。

今現在、稼働運用している人は引き続き稼働運用できますが、当たらに始めることはできません。

アルケゴス・キャピタル・マネジメントによる巨額の損失問題やミーム株問題がこんなところにまで影響を及ぼし、止む無く新規自動売買の発注制限となったそうです。

…残念(-_-;)

 

併せて読みたい関連記事

ナスダック100トリプル新規取り扱い停止! インヴァスト証券さんが、トライオートETFにて正式名称プロシェアーズ・ウルトラプロQQQ、つまりナスダック100トルプル(TQQQ)の新規自動売買注文の制限が発表されてから良[…]

本当に?

 

【追記】
含み損を教えてください、とのことでしたので正直に報告します。

現時点で含み損は1,380万円くらいです。

神様に祈っている時点で、その設定・資金管理は破綻していますが、現在は株高になるように神様に祈っています(;^_^A
 

 

積立NISA

2018年から積立NISAで「楽天・全米株式インデックス・ファンド」に投資しています。

3年位前からは「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の方に変更して投資しています。

積立NISAは投資額の上限が毎年40万円という枠があるものの、非課税投資枠は最長20年間で最大800万円分と大変お得です♪
 

結果は、前月比で+109,778円!

4月は3月の金融不安からの反動で株価も上昇!

アメリカの長期金利も低下傾向ですし、これからはもっと上昇してくれるはずです(^^♪

そして開始以来では年利回り(年率換算)は+9.96%!

いいですね、今後にも期待したいです。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)はレバレッジ商品ではなく、ロスカットとかないので安心です(^^♪
 

まあNISA自体は、あまり心配はしていません。

CFDと違い現物なのでロスカットの心配もありませんし、人が社会生活を行う上では、株価は上がり続けていくものです。

これからも淡々と自動積立で投資していきます(^^♪
 

投資と言ったら、まずNISAはやった方が良いと思います。

楽天ポイントで投資信託が買えてしまう楽天証券⇒楽天証券の投資信託積み立てカード決済のポイントが改悪されたので、今なら投資信託積み立てカード決済で1.1%のポイントが貰えるマネックス証券が良いと思います。

または、下のバナーのauカブコム証券DMM.com証券なんかがおすすめです♪

特にauカブコム証券やDMM.com証券は株を担保に(auカブコム証券なら投資信託も担保に)FXもできてしまう優れものです(^^♪

 

auカブコムFX

\株や投資信託を担保にFX/

過去の資産運用報告

公開を始めて55カ月。

2018年8月のトルコショックでトルコリラ。

さらに2020年3月のコロナショックの豪ドル。

そして2022年10月米CPIショックで大きくコケてしまいましたが、正直に公開します。

逆に参考にしていただければ幸いです。

資産運用は、若い時から、早めに、思い立ったら直ぐに、はじめるのが良いと思います。

時間がお金を育ててくれます♪
 

併せて読みたい関連記事

私は眠る、お金は働く2023年3月利益は326.4万円 仕事をしている間に、寝ている間に、お金が入ってきます!つまりお金が自分で働いて、お金を増やしてくれるのです♪そんな2023年3月のサトウカ[…]

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-ほったらかし・眠る
 

【FXブログの月間収支報告】資産運用実績2023年02月

【FXブログの月間収支報告】資産運用実績2023年01月

まとめ

サトウカズオはサラリーマンでした。

(2019年7月から会社を辞めて独立・専業化)

平日昼間は仕事ですし、夕方はテレビにゲーム、野球を見つつブログ更新。

夜は当然寝ています(;^_^A

FXチャートの画面を見ている暇なんてありません。
 

だったら、お金に働いてもらって、お金にお金を稼いでもらいましょう。

ほったらかしのスワップポイントによる長期保有積み立て投資

FX自動売買システムなどを利用して賢く稼いでいきましょう。
 

サトウカズオの投資への金額は少しやり過ぎかな、とも自分で思っています(笑

皆さんが投資運用するなら、上記運用元金の1/10、1/20で良いと思います。

当然利益も1/10、1/20となりますが、年利回り(年率)は同じです。

サトウカズオは年利回り(年率)10%あれば、上出来と思っていました。

20%とか、30%とか出来過ぎです。

怖い…。

改めて運用元金を増額して、レバレッジを下げて、証拠金維持率を上げて運用していきます

(これに気付いただけでも記事にした甲斐があった(笑)
 

トルコリラは値動きが激しくてリスクがあって怖い…と言う方、それならメキシコペソは如何でしょうか?

メキシコの政策金利は現在11.25%(2023年5月7日現在)。

メキシコはトルコや南アフリカよりも安定していることが大きな魅力です♪
 

メキシコペソ/円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のメキシコペソのスワップポイント比較ランキングを載せておきます。

毎週更新していますので是非、参考にしてみてください。
 

併せて読みたい関連記事

2024年6月10日-6月16日週前週比0.1銭のメキシコペソ安円高 6月10日週のメキシコペソ/円は、9.518円と前週比では0.1銭のメキシコペソ安円高で終えましたが、週中12日には8.210円までさらに下落。[…]

トルコリラとメキシコペソのFXブログ_メキシコペソ

 

この記事では毎月の資産運用実績を報告していますが、週間のFX資産運用・利益報告も公開しています。

こちらでは週間利益だけではなく、その利益の設定・銘柄なども報告・説明しているので、よろしかったらみてやってください♪

有料級!(500円くらい)の価値はあると思うよ(笑
 

併せて読みたい関連記事

2024.6.10日週は+356,390円の利益1.1から24週間で+16,959,147円の利益 【注意】好調な手法も不調な手法も正直に掲載しているので、好調な手法をマネにして、不調な手法は反面教師にして(修[…]

FX自動売買サトウカズオ

 

セントラル短資FX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
トルコリラとメキシコペソのFXブログ-ほったらかし・眠る
最新情報をチェックしてあげる(^^♪