トルコリラ円スワップFXブログ-好数値・堅調

売り買い同額スワップは助かる!【FXプライムbyGMO】

売り買い同額スワップポイント

FXプライムbyGMOは売り買い同額スワップ

素晴らしい!非常に嬉しいし助かります♪

 

FXプライムbyGMOは、

  • メキシコペソの売り買いスワップ同額
  • 南アフリカランドも売り買いスワップ同額

 
なぜ売り買い同額スワップが嬉しく助かるかと言うと、

  • リスク回避時には”売りポジション”からでも入れる
  • いざという時”売りポジション”を入れてロスカット回避

からです╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

 

スポンサードリンク

マイナススワップは精神的にきつい

サトウカズオはプラスのスワップポイントが大好きです♪

それは何もしていなくてもポジションを持っているだけで、お金が入って増えていくからです。
 

逆にマイナススワップポイントは大嫌いです。

何もしていなくてもポジションを持っているだけで、お金が出て減っていくからです。

なぜなら含み損なら将来解消され含み益に変わる可能性があり、希望が持てまだ精神的に楽なのですが、マイナススワップポイントは確定損なので精神的にきついのです。
 

FXプライムbyGMOは売り買い同額

サトウカズオは毎週FX各社のメキシコペソや南アフリカランドのスワップポイントを見比べて「スワップポイント比較ランキング」を作成しています。

集計するのは貰えるプラススワップポイントなのですが、当然集計時にはマイナススワップポイントも目に付きます。
 

集計しながら「プラスとマイナスのスワップポイントが同額、せめて差が少なければトルコショックやコロナショック時の緊急避難として”売りポジション”を臨時に組み込み、ロスカットを回避しやすいのに」(※)と思う訳です。
 

※注意
プラスとマイナスのスワップポイントが同額ならばスワップポイントは相殺され差し引き「0」。

損にも得にもならない状態となる。

ただしスプレッドの関係上、為替差金決済時には損が出る可能性はあります。

(と言ってもロスカットされるよりかは幾万倍も増し(笑)
 

そして気が付きました。

FXプライムbyGMOはメキシコペソと南アフリカランドのスワップポイントが売り買い同額になっている!

 

FXプライムbyGMOは売り買い同額スワップポイント
 

 

しかも大抵のFX会社は、金利大好き日本人向けにプラススワップを多く与えられるように、そのスワップ分の穴埋めとしてより多くのマイナススワップも課しています。

下の図は7月28日付けのマネーパートナーズとFXプライムbyGMOの売り買いスワップポイントです。
 

FXプライムマネパ
ペソ買い+7+3
ペソ売り-7-13
ランド買い+7+1
ランド売り-7-11

 

FXプライムbyGMOのメキシコペソ・南アフリカランドのスワップポイントが綺麗に同額なのに対し、マネーパートナーズのスワップポイントは、

メキシコペソで4.3倍

南アフリカランドで11倍

格差があります。
 

そりゃー高金利通貨は買い(ロング)が基本。

売り(ショート)をするなら他通貨で…と言うのが基本ですが、リスク回避時には高金利通貨は勢い良く下げる=売り注文で為替差益を狙う。

また、そういう時こそ緊急避難的に売りポジションを持ってロスカット回避をするわけで、マイナススワップポイントの方が11倍も多いと持っているだけで損が膨らむ訳ですよ(涙
 

まあこれはマネパさんだけではなくて、ヒロセ通商の南アフリカランドも、

買い:+6
売り:-16

セントラル短資FXさんも、

買い:+1
売り:-16

と格差の大小あれ普通のことなのですが、普通のことなればこそFXプライムbyGMOの売り買い同額スワップポイントが目につきます。
 

しかもメキシコペソ・南アフリカランドのFXプライムbyGMOの買いスワップポイントが高いですからね。

低かったら話題にしません(笑

 

FXプライムbyGMO

 

まとめ

今回記事にしたFXプライムbyGMOの売り買い同額スワップポイントはメキシコペソ円と南アフリカランド円のみで、上記の図のようにトルコリラ円はなどの他の通貨ペアは引き続き売り買いに差があります。

そこは少し残念ですが、メキシコペソ円と南アフリカランド円だけでも売り買いスワップ同額はやはり嬉しい限りです♪

特にこのブログはメキシコペソなどの高金利通貨ブログですからね(笑
 

そしてFXプライムbyGMOはメキシコペソ・南アフリカランドに力を入れているので、まずはこの2通貨ペアのスワップを売り買い同額にしているのでしょう。

こういう特徴あるFX会社さんは好きですよ。

分かりやすいし、記事にしやすいですからね(笑
 

サトウカズオは長期投資を基本としていますが、最近は高金利通貨でもスプレッドは縮小。

そして今回のように売り買いスワップ同額となれば高金利通貨でも売り取引、また短期売買も選択肢の一つとして出てくるでしょう。

特に南アフリカランド円は短期取引向けの通貨ペアですしね♪

 

関連記事

南アフリカの政策金利は3.75%※金利が下がった分短期売買で稼ぐ 南アフリカランドのスワップポイントも随分と下がってきました。新型コロナウイルスの影響で各国総金融緩和状態ですし、南アフリカも例外ではあり[…]

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-上がる?下がる?

 

またメキシコペソの”売り”も面白いかもしれません。

サトウカズオも長期的には上昇傾向と思っていますが、

  • 原油価格の下落
  • 世界経済への見通し悪化
  • 北中米の新型コロナ感染拡大

と言った場合にはアメリカ、カナダよりも経済・財政が弱い分、結構下落しているので(涙
 

何はともあれ長期的にも短期的にも使いやすいFX会社になりました♪

ご興味あれば取引口座のひとつとして利用してみては如何でしょうか?

 

FXプライムbyGMO

 

トレイダーズ証券【LIGHT FX】
セントラル短資FX
トルコリラ円スワップFXブログ-好数値・堅調
最新情報をチェックしてあげる♪