比較ランキング

みんなのFX・LIGHT FXの豪ドルNZドルスプレッドが業界最狭に!

  • 2023年9月1日
  • 2023年10月1日
  • FX会社

トルコリラとメキシコペソのFXブログ-喜び・歓喜・利益

みんなのFX・LIGHT FXの豪ドル/NZドルスプレッドが業界最狭に

 
サトウカズオはみんなのFXで豪ドル/NZドルを手動トラリピ設定で運用しています。

利益が出て儲かるのでLIGHT FXでも運用しています。

同じトレイダーズ証券のFX口座なので、普通はどちらかひとつで良いです(;^_^A
 

併せて読みたい関連記事

5月13日週の豪ドルNZドルは+4,193円118週目:手動トラリピ50万円設定と実績 2022年1月31日から始めた手動トラリピでの豪ドル/NZドル(AUD/NZD)50万円設定。118週目の先週20[…]

手動トラリピ設定
 

…。

………あれ、みんなのFX・LIGHT FXの豪ドル/NZドルスプレッドが0.9pipsに縮小されて業界最狭になってる!

よくある業界最狭水準じゃないよ、まさしく業界最狭だよ!(※1

(※1:2023年8月10日現在)
 

松井証券FX【期間延長中:スポンサードリンク】

みんなのFX・LIGHT FXスプレッド縮小

実際のプライスボードを確認すると、みんなのFX・LIGHT FXともに豪ドル/NZドルのスプレッドは0.9pipsでした。

見たところスプレッド縮小のリリースはされていないけど、前は確か1.8pipisだったはず…。
 


 
トレイダーズ証券には「豪ドル/NZドルをスワップポイント増額スプレッド縮小のLIGHTペアに加えて欲しい!」と要望を出していたので、このスプレッド縮小のステルス変更?サイレント修正?は嬉しい変更です(^^♪
 

豪ドルNZドルスプレッド比較

リピート系FX自動売買(トラリピなど)界隈で大人気の豪ドル/NZドル。

サトウも調子に乗ってトライオートFX・松井証券のFX・マネーパートナーズ連続予約注文・みんなのFX・LIGHT FX・セントラル短資FXで運用しています(;^_^A

(トラリピでの豪ドル/NZドルは卒業)

前者3サービスはリピート系自動売買。

後者3社はいわゆる手動トラリピです。
 

今回のみんなのFX・LIGHT FXの豪ドル/NZドルのスプレッド縮小で、豪ドル/NZドル取り扱いFX会社のスプレッドがどうなったかと言うと…(※1

(※1:2023年8月10日現在)
 

FXサービススプレッド手数料自動売買通貨単位
みんなのFX0.9pips無料×1,000
LIGHT FX0.9pips無料×1,000
セントラル短資FX0.9pips無料×1,000
マネパFX1.8pips無料10,000
マネパFXnano1.8pips無料100
ヒロセ通商1.8pips無料×1,000
松井証券のFX2.5pips無料1
トライオートFX3.5pips4.0pips(※21,000
トラリピ4.5pips(※3無料1,000
ループイフダン6.0pips無料1,000

 
※2:裁量取引(マニュアル注文)時3.5pips、手数料は無料。

しかし自動売買注文にすると手数料がかかり、10,000通貨未満の時は片道2.0pips、売買往復で4.0pipsが必要。

同じく10,000通貨以上の時は片道1.0pips、売買往復で2.0pipsが必要となります。

※3:目視時4.5pips。

NY時間が始まり流動性が高い時⇒2.4pips。

東京時間など、朝方・昼間の流動性が低い時は4.5pipsくらい広がります。
 

豪ドルNZドルスワップポイント比較

一方スワップポイントは、豪ドル/NZドル取り扱いFX会社間でどうなっているのかと言うと、10,000通貨あたりの円のスワップポイントで…(※1

(※1:2023年8月10日現在)
 

FXサービス売り買い差額
みんなのFX59.9円-60.1円-0.2円
LIGHT FX59.9円-60.1円-0.2円
セントラル短資FX21.0円-22.0円-1.0円
マネパFX14.8円-40.0円-25.2円
マネパFXnano14.8円-40.0円-25.2円
ヒロセ通商0.9円-30.4円-29.5円
松井証券のFX20.0円-27.0円-7.0円
トライオートFX18.3円-18.3円+0.0円(※4
トラリピ18.0円26.0円-8.0円
ループイフダン22.0円-27.0円-5.0円

 
※4:トライオートFXは、無期限で豪ドル/NZドルの売買スワップ同値キャンペーンを実施中。

※:各FX会社から転載。

円表示しているところはそのまま、NZドル表示のところは1NZドル=87.0円で円換算して記載。

ただしスワップポイントは、毎日変わりますので、最終的にはFX各社公式ホームページにてご確認ください。
 

トルコリラ用

豪ドルNZドルならトレイダーズ証券

オーストラリアとニュージーランドは隣国であり、豪ドルとNZドルはリスクオン時には同じように上昇し、リスクオフ時には同じように下落するという特徴があるため、レンジ相場になりやすいです。

そのため比較的値動きが安定しており、リピート系FX自動売買・リピート系FX”手動”売買と相性が良い通貨ペアと言えます。
 

そんな豪ドル/NZドルは、今までみんなのFX・LIGHT FXにてスワップポイントこそ業界No.1クラスでしたが、今回のスプレッド縮小により、スプレッドも業界No.1(業界最狭)となりました。

これにより豪ドル/NZドルを裁量トレードするなら、トレイダーズ証券みんなのFX・LIGHT FXは1番に検討すべきFX会社・FXサービスとなりました。
 

まあ詳しく言えば、スワップポイントは業界No.1クラスで(←トライオートFXの無期限豪ドル/NZドルの売買スワップ同値キャンペーンを入れているため)業界No.1ではありませんが、サトウの豪ドル/NZドル手動トラリピ設定の場合だと、相場の展開的に豪ドル/NZドルは売り展開が多い(豪ドル高・NZドル安の展開になりやすい)ので、逆に売りスワップポイントが高いのは何気に嬉しくもあります(^^♪
 

今回はみんなのFX・LIGHT FXの豪ドル/NZドルスプレッド縮小をテーマにこの記事を書いてみましたが、豪ドル/NZドルの取引を検討している人は是非上記スプレッド・スワップポイント一覧表を参考にしてみてください。

時間をかけて各FX会社の公式ホームページを巡り、電卓を叩きながら作成ています(;^_^A
 

トレイダーズ証券みんなのFX・LIGHT FXは、豪ドル/NZドルの他にもハンガリーフォリント/円やチェココルナ/円、ユーロ/ズロチの売り設定だったりと、高金利通貨を非常に多く取り揃えています。

特にLIGHT FX【LIGHTペア】は、通常(今まで)の通貨ペアに比べて取引数量(Lot)が制限される代わりに、通常(今まで)の通貨ペアよりもスワップポイントは増額でスプレッドが狭いと、高金利通貨大好き・スワップ生活大好きサトウお気に入りのFXサービスです。
 

併せて読みたい関連記事

まだ【LIGHTペア】運用していないの? トレイダーズ証券「LIGHT FX」から少額かつハイスペックで取引できるFX初心者向けにおすすめの通貨ペアが出るとのこと。今度はどこの高金利通貨国を取り扱うのだろう…と[…]

【LIGHTペア】LIGHT FXより初心者向け通貨ペア開始
 

この機に検討されてみてはいかがでしょうか(^^♪
 

最後に…。

この記事を書いていてなんですけど、今回の豪ドルNZドルのスプレッド縮小、バグや誤表記じゃないですよね?

一応気が付いてから3日間は確認したけど、公式発表が無いのが不安(;^_^A

まあもう記事書いちゃったんですけどね(^^♪
 

 

セントラル短資FX
トレイダーズ証券【LIGHT FX】
比較ランキング
最新情報をチェックしてあげる(^^♪