認定ビルダー「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル_ナスダック100トリプル」

トライオート認定ビルダー「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル_ナスダック100トリプル」

認定ビルダー「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル_ナスダック100トリプル」

豪ドル/NZドル両建てFXを30万円で運用!

 
このたび「私は眠る24時間働く_カナダドル円」「私は眠る、24時間働く_ナスダック100トリプル」に続いて、インヴァスト証券のトライオート自動売買セレクトにて、サトウカズオ考案の「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル_ナスダック100トリプル」が認定ビルダーとして選ばれました!
 

ありがとうございます♪

今回はこの「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル_ナスダック100トリプル」について解説していきます。

よろしくお願いします♪
 

スポンサードリンク

豪ドル/NZドル_ナスダック100トリプルのコンセプト

豪ドル/NZドル+ナスダック100トリプルのシミュレーション

豪ドル/NZドル_ナスダック100トリプルのシミュレーション

 
コンセプトは、

豪ドル/NZドル
⇒手堅く稼ぐ

ナスダック100トリプル
⇒ドカンと稼ぐ

です。

と、言っても最近は新型コロナウイルス関係で、豪ドル/NZドルもナスダック100トリプルも値動きが激しく、私の実運用でも大きく稼いでくれています(笑
 

特に豪ドル/NZドルは最近某FX自動売買サービスが「史上最強通貨ペア」と銘打って取り扱いを開始しました。

某FX自動売買サービスが「史上最強通貨ペア」と言うならトライオートでも史上最強…とまでは行かないまでもそれに近い上位の通貨ペアなはず!
 

しかもトライオートの方が先に取り扱っているんだ!やってやるぜ!

と言うことで考えに考え、しかも少額で開始できるように「私は眠る、24時間働く」シリーズに豪ドル/NZドルverを組み込みました。
 

私は自動売買を作る上では「ほったらかし投資」を目指します。

そのため今回も余程のことが無い限り、ほったらかしを活かせる環境を作ろうと考えて作成しています。

無論、運用中ずっとほったらかしで良い、という訳ではありませんが、なるべく長期間運用できる自動売買プログラムを目指しています。

是非参考に、そしてよろしかったら稼働運用してみてやってください♪
 

豪ドル/NZドル_ナスダック100トリプルのポイント

今回のプログラム「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル_ナスダック100トリプル」のポイント、及び注意点は以下の6点です。
 

豪ドル/NZドル

  • 豪ドル/NZドルは長らくレンジ相場を維持
  • 米ドルも円も絡まずリスク相場にも強い

 
ナスダック100トリプル

  • 株価は上昇する
  • ナスダック100トリプルのチャートは長期的に上昇傾向

 
豪ドル/NZドル_ナスダック100トリプル

  • 少額運から運用できるように設計
  • ただし含み損が大きくなる可能性には(精神面で)注意

 
特に初心者に方にもはじめやすいように、少額から運用できること。

それでいて手堅く利益が積み重なる(稼げる)ように設計しました。
 

私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドルの解説

「私は眠る、24時間働く_ナスダック100トリプル」については先の記事で、何故ナスダック100トリプルなのか・何故この設定なのかを解説していますので、今回は何故豪ドル/NZドルなのか・何故この設定なのかを解説していきます。
 

それでは豪ドル/NZドルをトラリピで運用していく場合、どのように設定して行けば良いのでしょうか?

それを解説していきたいと思います。
 

豪ドル/NZドルのチャート

豪ドル/NZドルの最近6年間のチャート

 
設定は、いわゆる「コアレンジャー」方式。

売り:1.050~1.150

買い:1.000~1.100

と、豪ドル/NZドル=1.050~1.100のコアレンジ帯は売り買い両建てとなります。

この設定で利益増を狙います♪
 

重要なのは注文本数よりも利益幅

さて上記では「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル」の設定を、

売り:1.050~1.150

買い:1.000~1.100
 

売りゾーン・買いゾーンにそれぞれ注文本数を41本。

つまりは「0.0025ごとに仕掛ける」設定にしていますが、注文本数はそこまで重要でありません。

注文本数を多くすれば、それだけ細かく利益を積み上がります。

その分リターンが大きくなる訳です。

しかし同時にリスクも上がり、必要資金も多くなってしまいます。

もうここはご自身のお財布の中身、リスクとリターンの兼ね合いに相談として言いようがありません。
 

この「私は眠る24時間働く_豪ドル/NZドル」で重要なのはトラップ本数よりも利益幅です!

限られた資金内で少しでも利益率・年利回りが高くなる設定を考えていければと思いバックテストを実施ました!

検証利益幅は「50pips」「100pips」「150pips」「200pips」です。
 

その結果、200pips>150pips>100pips>50pips

利益幅が大きいほど利益率も上昇するという結果となりました。

ただ100pips>50pips間は8%も違いましたが、それ以外は2%~3%も違わないという結果に…。

この結果サトウカズオは「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル」の利益幅を100pipsとしています。
 

あまり広すぎるとなかなか約定しませんが、逆に狭すぎるとスプレッド負けしてしまいます。

ただトライオートは自動売買なので”ほったらかし”です。

一度プログラムを稼働運用させてしまえば、あとは見ているだけです(笑
 

※:注意
ただしこのバックテストでは、

  • スプレッドが考慮されていません
  • スワップポイントも考慮されていません
  • あくまでもバックテストで未来は誰にも分かりません

をご注意願えればと思います。
 

同じ設定で「豪ドル/NZドル両建てFXで30万円チャレンジ」と銘打って検証しています。

今どれくらいの利益が積み重なっていて、今どれくらいの含み損があるのか、結果総合利益(実利益)はどれくらいなのかなどを毎週更新していますので、「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル」を稼働前に不安な方は参考にしてみてください♪

 

関連記事

AUD/NZD両建てFXで30万円チャレンジ53週目:10月4日週の設定と実績を公開 2020年10月5日から始めたトラリピでの両建て・コアレンジャー方式での豪ドル/NZドル(AUD/NZD)30万円チャレンジ[…]

実績と検証

 

 

トレイダーズ証券【LIGHT FX】
セントラル短資FX
認定ビルダー「私は眠る、24時間働く_豪ドル/NZドル_ナスダック100トリプル」
最新情報をチェックしてあげる♪