トルコリラ円スワップFXブログ-メキシコ国境

今、メキシコペソが熱い!これからもっと人が増えるはず!
写真はメキシコペソを求めて集まる人々(笑



現在メキシコペソは国内では4つのFX会社しか取り扱っていません。

(参考⇒メキシコペソ円スワップポイント比較ランキング)

そんな中、昨日10月30日からくりっく365が取り扱いを開始したメキシコペソ/円の通貨ペア。

メキシコペソの風が騒がしいなか、またまたメキシコからの熱風が管理人の心を突き抜けていきました。

急ごう、風が止む前に…。

FXプライムbyGMO、メキシコペソ/円を追加

株式会社FXプライムbyGMOは、主力商品である外国為替保証金取引(FX)『選べる外貨』において、2018年1月20日(予定)より、メキシコペソ/円とポーランドズロチ/円の2通貨ペアを追加することといたしました。

現在の18通貨ペアに2通貨ペアを追加し、合計20通貨ペアのお取扱いとなります。


メキシコペソ円をFXプライムbyGMOが取扱開始!

メキシコペソの政策金利は7.00%(クリックで拡大)

今最も勢いのある注目の高金利通貨

今最も勢いのある高金利通貨、メキシコペソ。

メキシコペソの政策金利は2015年12月に利上げを開始して、それまでの3.00%から今年06月には7.00%まで上昇

高金利として知られる南アフリカランドを上回っています。

さらに昨年09月から今年03月までは、金融政策決定会合5会合連続で利上げを決定。

現在の金利水準は、高金利通貨の代表格であるトルコリラに迫っており、注目度の高い高金利通貨のひとつです。

メキシコペソは利上げが続く可能性も?

トランプ米大統領就任後、米保護主義の高まり、NAFTAの見直しなどメキシコ経済にやや向かい風も吹いていますが、主要な輸出品の一つである原油の価格下落が一段落したことや、トランプリスクの後退などから、メキシコペソは今年にはいって、対ドル、対円で上昇基調となっています。

ペソ安に対しては中央銀行が機動的に利上げで対応する姿勢を見せていること、インフレ率が中央銀行の目標の3%±1%を大きく上回る6%台半ばで推移していることから、今後も利上げが期待できることなど、メキシコペソは価格、スワップともに魅力のある通貨と言えるのではないでしょうか。


通貨ペア追加
2018年01月20日(土) (予定)




熱いニュースが飛び込んできましたね!

トルコリラ/円と同じく高金利通貨でスワップポイントが期待できるとあらば、注目しない訳にはいきません!

しかもトルコリラのスワップポイントが高くて勝手におすすめしていたらタイアップしてくれたFXプライムbyGMOさんが取り扱いを開始してくれるとは!

いやー管理人、FXプライムbyGMOさんにメキシコペソ(とブラジルレアル)の取り扱いをして頂くよう、メールと電話でお願いしていたのですが…、こんなに早くも決定するとは!

………って来年1月開始かよ!

せめて年内開始かと思っていましたが…。

ま、まあメキシコペソが盛り上がることは良い事です♪

メキシコペソ/円

現状、1メキシコペソは5円90銭くらいです。

対して、1トルコリラは29円90銭くらいです。

まずは大前提として、単純計算で同じ日本円の金額で買える通貨料は1トルコリラ≒5メキシコペソくらいとお考えください。

つまりはトルコリラの1/5のお値段でメキシコペソが買えます!

メキシコ/円の基礎知識と相場見通し



メキシコの政策金利は2016年以降右肩上がりで2017年10月30日現在、政策金利は7.0%です。

これは6%台にまで上昇したインフレ率を抑えるため(メキシコ中央銀行のインフレ目標は3%)に政策金利を上げています。

一方、日本の政策金利は0.1%

異次元金融緩和継続中で、上がる要素が見当たりません

FXプライムbyGMOの提供するスワップポイントがいくらになるのか現時点では分かりませんが、トルコリラ円での高いスワップポイントの提供状況を考えると期待が出来るのではないでしょうか♪


FXプライムbyGMO

高スワップポイント&約定力100%の完全約定!
キャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!
↑スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪

ポーランドズロチも追加

そして、もう1つの追加ペアがブラジルレアル…ではなくて、ポーランドズロチです。

ポーランドズロチは、その名の通りポーランドの通貨。

読み方が決まってなく、発音通りに言えば「ズウォティ」(言い難い)

欧州連合(EU)、及び北大西洋条約機構(NATO)の加盟国で、高所得な経済状況と、高い生活水準。

そして比較的安全な治安により、トルコ、メキシコ、南アフリカより政治も経済も全然安定しています

当然、格付け会社による格付けも上記3か国よりも上です!

(あと国章が物凄く格好良いです!)

しかし、2017年10月現在、ポーランド政策金利は1.5%

トルコリラの8.0%、メキシコペソの7.0%、南アフリカの6.75%に比べて随分と落ちます。

ニュージ-ランドが1.75%、オーストラリアが1.5%と同じくらいですね。

高金利通貨とは言い難く、取りたててこのブログで取り扱うことはないでしょう。

(すいません、FXプライムbyGMOさん)

しかし日本と違い、ポーランドは3-4%と高い成長率を記録しており、有望な国には変わりないので、スワップポイントと言うよりは、為替差益を狙う方法となるでしょう。

ちなみにブラジル中央銀行は25日、政策金利を0.75ポイント引き下げ7.5%としています。

やっぱりブラジルレアルの方が…。

(お願いしますよ、FXプライムbyGMOさん)


メキシコペソ円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新の【毎週更新】メキシコペソ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪

2018年01月20日以降はFXプライムbyGMOもこの仲間になっているはずです(笑

メキシコの政策金利は(2017年10月30日)現在7.0%

高金利通貨として人気のオーストラリアドルやニュージーランドドル、南アフリカランドよりもスワップポイントが高く、最近人気のトルコリラに引けを取らないくらいの高金利通貨として人気です。

現状メキシコペソを取引するならトルコリラでも高スワップポイントを提供しているマネーパートナーズがおすすめですが、FXプライムbyGMOもメキシコペソを取り扱うのが決定しているので、FXプライムbyGMOで口座を開いておくのも良いかも♪

まあメキシコペソを取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑


FX取引ならヒロセ通商 セントラル短資FXダイレクトプラス
トルコリラ円FX投資をするなら今でしょ!