トルコリラとメキシコペソのFXブログ-セントラル短資FX

セントラル短資FXの水町市場業務部長にメキシコペソ円の今後の為替見通しを聞いたよ♪



今週もメキシコペソ円スワップポイントランキングセントラル短資FXが第一位かー…。

セントラル短資FXさん、メキシコペソ推しているなー…。

……………!

そうだ!セントラル短資FXにメキシコペソのインタビューしに行こう!

さっそく取材申し込みだ♪

今回はセントラル短資FXの水町淳彦市場業務部長に今後のメキシコペソ円の為替見通しを聞いてきました!


メキシコペソを150万通貨以上保有しているサトウカズオ。

サトウカズオ自身は底堅く推移すると思っているので、さらに買い増すつもりでいます♪

しかし…通貨数が通貨数なので不安・心配はついて回るもの…。


今後のメキシコペソはどうなるのだろう?

メキシコペソの見通しは?

これはやはり専門家に話を聞いてみなければ!

よっし、セントラル短資FXにインタビューだ(笑

メキシコペソのまとめ

忙しいあなたに、最初にメキシコペソのまとめを書いておきます(笑


メキシコペソまとめ

  • メキシコペソ相場は現状底堅く推移
  • 新興国通貨のなかでは安定感は高い
  • メキシコの政治外交は安定している
  • メキシコ経済については楽観的な見方
  • 少額で取引でき、為替差益狙いの短期取引・スワップポイント狙いの長期取引どちらでもOK!


セントラル短資FX


メキシコペソの現状と今後の為替見通し

サトウカズオサトウカズオ

セントラル短資FXさんは、そのスワップポイントの高さから当ブログでメキシコペソで一番の人気FX会社となっています。

いつもお世話になっております。

そこで今回は是非、メキシコペソの今後の為替見通しについてお聞かせいただければと思い訪問させていただきました。

何卒よろしくお願いします♪

以後はセントラル短資FXの水町淳彦市場業務部長とのやり取りとなります。

よく雑誌で見る人ですね♪

以後、口語体の文章になりますので、会話していると思って読んでくださいね♪


トルコリラとメキシコペソのFXブログ-セントラル短資FX水町淳彦市場部長

セントラル短資FXの水町淳彦市場業務部長

水町 淳彦(みずまち あつひこ)

セントラル短資FXの市場業務部長。1967年、埼玉県生まれ。

明治大学政治経済学部卒業後、証券会社勤務を経て2006年にセントラル短資FXに入社。

市場部でディーリング業務に従事、2016年に市場業務部長。

日々のディーリング部門の現場監督、カバー取引先などとの折衝などに飛びまわる。



メキシコペソの現状

メキシコペソはアメリカの利上げ休止観測を受けて、これ以上新興国から資金が流出することはないとの見方から、メキシコペソ相場は底堅く推移しています。

昨年12月に公表された2019年度の政府予算案も、財政規律を重視した現実的な内容と市場は受け止めていて、さらに通貨防衛を目的とした昨年後半の2回にわたる利上げも、メキシコペソ相場の安定化に繋がっています。

原油価格や原油産業の好不調に振り回されやすい通貨ではありますが、国の格付けも高いことから、新興国通貨のなかでは安定感は高いと言えます。

対米関係

メキシコペソ相場を占ううえでは、アメリカとの関係は重要な要素となります。

しかし現時点では、メキシコ政府は静観の姿勢を維持していますので、これ以上悪化することはないのではないか、とも考えられます。

メキシコ経済

国内経済では、原油価格、及び原油に関連する産業への依存度を薄める政府の施策が今後どのような結果として表れるかが注目されています。

また、2月の消費者物価上昇率は前年同月比+3.9%となり、政府が掲げるインフレ目標の範囲内に収まっていることが確認できましたので、メキシコに対して楽観的な見方が広まっていると考えられます。

次は利上げ?利下げ?

現在の市場のコンセンサスは「2019年は金融政策に変更なし」となっています。

オブラドール新大統領

左派政党から大統領が誕生したことで、海外からはポピュリズムに傾斜してしまうのではないかとの懸念もありました。

しかし、国内では知事時代から実績を積み上げ、高い支持率を得ていました。

他のラテンアメリカ諸国に比べて低い賃金を、数年かけて約2倍に引き上げようという取組みも注目されており、今後の政権安定化に関しては労働政策の成功が大きな鍵となります。

メキシコペソのメリット

他の新興国と比べて高い格付けを維持しており、市場流動性も高いといえます。

小額で取引できるのはこの通貨で取引するうえで大きなメリットです。

メキシコペソのデメリット

ペソ円は現在5円90銭台(2019年4月23日時点)という水準で推移しています。

ドル円やポンド円といった通貨ペアに比べて値動きは小さいと言えます。

また、国内のファンダメンタルズよりも、外的要因に振り回されることが多いことが挙げられます。

おすすめメキシコペソ投資法

中長期的視点でスワップポイントを得る投資もあれば、値動きは小さいながらも、小額で取引できるため、短期トレードでご活用されるケースもあります。

ご自身の投資法に合わせてご検討ください。



【注意事項】
セントラル短資FX株式会社は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。

また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。

投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。


セントラル短資FX


サトウカズオの投資法

今回はセントラル短資FXの水町淳彦市場業務部長に、メキシコペソの今後の為替見通しについてインタビューさせていただいました。

水町淳彦市場業務部長、ありがとうございます。

アメリカの利上げ休止がメキシコペソ相場を支えるという状態もあり、本当に底堅く推移していますよね♪

取材中にも底堅く推移、楽観的な見方など、ポジティブな言葉がたくさん出てきて安堵しています(笑


サトウカズオもメキシコは、隣国がアメリカと言う強い結びつき、豊富な資源、人口の増加と言う点から、将来的には世界有数の経済大国になると予想されていること。

他の高金利通貨国と違い、低失業率、低インフレ率、低債務残高と、某お騒がせ国に見習って欲しいくらいに安定しており、比較的低リスクと言えると思っています。


とは言え現状は1メキシコペソ=5円90銭~96銭と直近では高値圏と言えます。

6円を超えると、なかなか手が出しにくいかも…。

サトウカズオは5円70銭くらいでは買い増ししていきます♪


現状メキシコペソは圧倒的利益となっている通貨なので、今後とも安くなったら買い、高くなったら売り、横横展開なら保持してスワップポイントで利益を得る戦略で臨みたいと思います♪

(1メキシコペソ円為替見通しブログの1管理人の予想、及び感想です)


サトウカズオは、1年-2年でメキシコペソの運用を止めようとは思っておらず、長期運用をしていこうと思っていますので、5年-10年くらい先にメキシコペソ高円安になっていれば、それで良いです(笑

メキシコペソは十分、その可能性があると思って買い増ししていきます♪

サトウカズオの保有資産状況はTwitter @tryjpyFXや、このトルコリラとメキシコペソのFXブログで公開しているので、気になる人は見てくださいね♪


今回、セントラル短資FXにお伺いして、水町淳彦市場業務部長にメキシコペソの今後の為替見通しなどを聞きました。

これを機に、メキシコペソへの投資を検討されてはいかがでしょうか(笑


タイアップキャンペーン実施中です♪




セントラル短資FXさんで是非に!と言いたいですが、皆さんが投資するFX会社に選ぶかと言えば、それとこれとはまた別のお話でしょう(笑

メキシコペソ円の取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のメキシコペソ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪

毎週更新していますので是非、参考にしてみてください。



メキシコの政策金利は(2019年4月23日)現在8.25%

高金利通貨として人気のオーストラリアドルニュージーランドドル、そして南アフリカランドなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できるため、最近特に人気となっています。

なによりメキシコはトルコや南アフリカよりも安定していることが大きな魅力ですね♪

さあサトウカズオと共にメキシコペソのスワップポイントを複利で積立投資していこう!



トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ レイダーズ証券【LIGHT FX】
【毎週更新】アメリカドル南アフリカランドのスワップポイント、FX自動売買のランキングも掲載中!