トルコリラ/メキシコペソ円FXブログ-疑問

どのFX自動売買システムトレードソフトが儲かるのか自腹で検証していきます!



世の中には数多くのリピート注文系FX自動売買システムトレードソフトがあります。

ループイフダン、iサイクル注文、トラッキングトレード、トラリピにトライオートFX…。

それじゃあ、いったいどのFX自動売買システムトレードソフトが一番利益が出る(儲かる)の?

FX自動売買システムトレード

「あれ?サトウさんってFX自動売買(システムトレード)の人かと思っていましたが、もうFX自動売買とかやらないのですか?」と言うお問い合わせをいただきました。

あ、昔を知っている人ですね、ありがとうございます。

サトウカズオはもともとFX自動売買(システムトレード)でブログ書いていまして、iサイクル注文やトラッキングトレードで知っている人もいるかもしれません。

それに今でもトライオートFXはトルコリラで続けていますしね♪


そもそもサトウカズオの目的はお金儲けです(笑

経済の勉強?貿易の流れ?政治・外交のゆくヘ?

いいえ、はっきり言ってお金儲けです(笑

(大切なことで2回言いました♪)

美味しいものが食べたい、オシャレな服が着たい、靴も欲しい…。

生きていく上では、お金は必要です。


そしてサトウカズオは会社員(サラリーマン)です。

平日日中は副業として(笑)仕事をしていますし、家に帰ったら本業の投資をし、兼業しているブログを書いています。

他にも趣味や遊び、テレビやゲーム(笑)と時間がありません(笑

主婦の方も日中は家事や育児で忙しいのではないでしょうか。

その忙しい中で目的を達成する手段として「スワップポイント投資」や「FX自動売買」があります。

何故にFX自動売買システムトレード?

そもそも、給料がなかなか上がらない昨今、副収入があればいいと思ったことはありませんか?

しかし、現実は厳しいです。

限られた時間の中で仕事や家事と両立させるのは難しいですし、知識や経験、その他ノウハウが必要になってきます。

では忙しいサラリーマンや主婦にできるお小遣い稼ぎ副収入って何があるでしょう?

時間や専門知識がなくても出来る

始めたあとも手間もかからない

しかもお小遣い稼ぎとして副収入が継続的に♪


そんな都合の良い条件をかなえてくれるのが、指定した値幅の中で新規注文と決済注文を自動発注し、一定の価格が動くごとに売買を繰り返すループイフダンやトラッキングトレードのようなシンプルな仕組みのFX自動売買システムトレードです。

為替レートが一定値幅動くごとに「下がったら買い・上がったら売り」を自動で繰り返してくれます。


リーピート注文系FX自動売買システムツール

トラッキングトレードの例



自動売買だから、一番最初に一度設定したら、あとは新規取引や決済取引などの発注は全自動!

自由に使える時間が少ないサラリーマンや主婦の方にも問題ないでしょう。

それに仕組みがシンプルだから高度な専門知識も経験も必要ありません!

あとは自動でコツコツと利益を積み上げていってくれます♪

FX自動売買システムトレードの仕組み

ここで検証していくFX自動売買システムトレードソフトは、いわゆるリピート注文系FX自動売買システムトレードソフトのことを言います。

他にも色々なFX自動売買システムトレードソフトがありますが、ロジック(仕組み)が分からなかったり、ストラテジー(自動売買プログラム)の種類が多すぎて省きます。

(サトウカズオも運用していないしね(笑)


リピート注文系FX自動売買システムトレードについてわかりやすく言うと安くなったら買い、高くなったら売るを永遠と自動的に繰り返す仕組みのことです。

下記の動画が分かりやすかったので参考にしてください。

トラリピの紹介で90秒です♪



リピート注文系FX自動売買システムトレード

どのFX自動売買ソフトが儲かるの?

「じゃあ、どのFX自動売買システムトレードソフトが儲かるの?」

うん、もっともな疑問だと思います。

だったらサトウカズオが実際に自腹を切って検証してみましょう!

(デモトレードでも良いけど、それでは面白くないですからね(笑)


みなさんは、この検証結果を見て、実際に運用を開始してみてください。

下記にサトウカズオが今回運用を開始した設定を載せておきますので参考にしてください。

下記を同じようにすればサトウカズオと似たような利益(儲け)が得られると思います。

運悪く思惑が外れてロスカットするときは…一緒だ!(笑


【毎週更新】FX自動売買おすすめランキングにて1週間ごとに下記の設定で、どのFX自動売買システムソフトがいくら利益が出て(儲かって)、今いくらの含み本があるかをランキング形式で詳しく紹介していきますね♪



FX自動売買システムトレードの設定

運用通貨は豪ドル

まず一番大切などの通貨で運用を開始するかですが…オーストリアドルとします。

(本当はこのブログ上、トルコリラやメキシコペソで運用したかったのですが、取り扱っているFX自動売買システムトレードソフトは少ないので残念ながら断念(涙)

理由は下記の通り、長期間に渡り一定の値幅内でレンジ相場を形成しており、動きが読みやすいからです。



オーストラリアドル(豪ドル)はレンジ相場

青い枠:85円から100円
赤い枠:70円から*85円



上記は2010年以降のオーストラリアドルのチャートです。

豪ドルは綺麗に72円から105円のレンジ相場を形成しています。


最安値は1オーストラリアドル=71円87銭

イギリスの欧州連合(EU)からの離脱を問う国民投票時でも73円22銭(別のFX会社は72円47銭)。

多少のオーバーシュート(行き過ぎ)を考慮に入れて、設定上の下値を70円とします。

(史上最安値はリーマンショック時の55円ですが、防衛システムの整った現在はそこまで進むことは無いと思っています)


一方、最高値は1オーストラリアドル=105円42銭

しかし100円以上は滞在時間が少なく、ここを考慮に入れるとより多額の必要資金を必要とするため、コストパフォーマンス上、良くありません。

(現状ここまでオーストラリアドル高円安が進むとも思えません)

よって設定上の上値は100円とします。


結果、下値を70円、上値を100円とし、

85円から100円までを売り

70円から*85円までを買い

の俗にいうハーフ&ハーフ設定とします。


トラリピ

もっとも見やすく分かりやすい!
独自機能決済トレールが利益増を狙う!

決済値幅は10銭

決済値幅は最狭決済値幅である10銭間隔とします。

安全策を取って20銭とかでも良いですが、40銭はともかく、80銭とか100銭間隔だと、なかなか約定しなく精神的につらいです(笑

面白くないですし、FX自動売買を稼働運用している感じがしません。


また当然ですが値幅が狭い分、10銭間隔が一番利益が出ます

(ただし、これまた当然ですが、リターンが多くなる分リスクは上昇します)

1,000通貨単位

10銭間隔で稼働運用しリスクが上昇する分、1,000通貨単位の運用でリスクを減らします。

と言うか、iサイクル注文・トラッキングトレードとかは自由に通貨単位を選べません。

(トラリピ・トライオートFXは通貨単位も自由に選べます)

よって公平を期すためにも自動的に1,000通貨単とします(笑

必要資金は160万円?

オーストラリアドルを10銭感覚で1,000通貨運用。

上記通り15円で上下2つの枠組みで運用する場合、必要資金は160万円くらいです。

そもそもiサイクル注文・トラッキングトレード・ループイフダンは、160万円分入金し、口座にお金がないとこの設定をすることが出来ません。

逆にトラリピ、トライオートFXは口座に160万円入金されていなくても設定することが出来ます。


そのためサトウカズオは、iサイクル注文・トラッキングトレード・ループイフダンにそれぞれ160万円ずつ入金したのですが…。

160万円×3口座=480万円。

トラリピ、トライオートFXも合わせると160万円×5口座=800万円!

さすがに今現在800万円分の余剰資金は…無いです(涙


しかし、よくよく考えてみてください。

今すぐ160万円×5口座=800万円が必要でしょうか?

すぐすぐオーストラリアドルが15円も下落するとは考えられません。

78円のラインは抵抗線になっていますし、現状下落しても76円くらいでしょう。

下値を76円と想定すると、最近のレンジ相場の上値である84円-85円と言うことを考えれば、8円もしくは9円のレンジ想定資金を用意すれば良いということになります。


8円のレンジ想定幅必要資金:60万円

9円のレンジ想定幅必要資金:72万円


よってサトウカズオは160万円入金して設定後、すぐさま100万円出金し、稼働運用しています(笑

ちなみにトラリピ、トライオートFXは160万円入金していなくても設定できるので、最初から60万円入金して稼働運用しています。

値幅20銭で必要資金は80万円

すぐ出金するとしても80万円、最初に160万円も用意するなんて出来ないよ!と言うあなた。

決済値幅を20銭にしてみてはいかがでしょう?

決済回数は減りますが、必要資金は単純計算で半分の80万円

8円のレンジ想定資金とと考えた場合は30万円で稼働運用出来ます

これならちょっと頑張って、もしくは冬のボーナスでいかがでしょうか?


トラッキングトレード

スプレッド+手数料最狭!
一番儲かるFX自動売買最有力候補!

ループイフダンの設定

次に個別FX自動売買ソフトの設定方法を見ていきましょう♪

ループイフダンは一番簡単、初心者向けと言われるくらい、本当に簡単です(笑

取引通貨に「AUDJPY」

「絞り込み」ボタンを押して、「ループイフダンB10(AUD/JPY)」を選択。

サトウカズオは「損切りなし」を選択しています。

(個人的に損切りはしない方が良いと思いますが、ここは各自ご自由に)

数量は「1」(1,000通貨)

で「次に」。

新規注文可能額に対する、最大ポジション数が表示されるので「確認」を押して完了です。

簡単でしょう(笑


ただし…、上記注文は「買い」注文時です。

現時点で「売り」注文は出来ません。

(現在の値段から売り注文が始まってしまうため)。

1オーストラリアドル=85円を超えてから、「買い」注文をキャンセル。

改めて「売り」注文のループイフダンを設定することになります。




iサイクル注文の設定

iサイクル注文の場合、上の各種ボタンから「新規注文」⇒「iサイクル注文」を選択。

現在表示されているランキング形式から選んでも良いですが、ここは右下のボタン「ボラティリティ方式」を選択。

通貨ぺア:「AUD/JPY」

参考期間:「過去1年間」

想定変動幅:「1,500pipis」(15円のこと)

ポジション方向:「買い」

対象資産:「入金金額全額」

で下の「計算」ボタンを押して設定します。


ただし…、上記注文は「買い」注文時です。

iサイクル注文もループイフダンと同じく、現時点で「売り」注文は出来ません。

(現在の値段から売り注文が始まってしまうため)。

1オーストラリアドル=85円を超えてから、「買い」注文をキャンセル。

改めて「売り」注文のiサイクル注文を設定することになります。




トラッキングトレードの設定

iサイクル注文と仕組みは同じですので、設定もほぼ同じです(笑

取引画面の上の方にある「トラッキングトレード」を選択。

「トラッキングトレードを始める」を選択。

現在表示されているランキング形式から選んでも良いですが、ここは下のボタン「任意設定画面」を選択。

通貨ぺア:「AUD/JPY」

参考期間:「過去1年間」

想定変動幅:「1,500pipis」(15円のこと)

ポジション方向:「買い」

対象資産:「入金金額全額」

で下の「計算」ボタンを押して確認後、「登録」ボタンを押して設定します。


ただし…、上記注文は「買い」注文時です。

トラッキングトレードもiサイクル注文と同じく、現時点で「売り」注文は出来ません。

(現在の値段から売り注文が始まってしまうため)。

1オーストラリアドル=85円を超えてから、「買い」注文をキャンセル。

改めて「売り」注文のトラッキングトレードを設定することになります。

値段(価格)を指定しての「売り」注文も最初からできれば良いのですけどね…。






トラリピの設定

次にトラリピですが、ちょっとコツが必要です。

そのため、画像入りで説明していきますね(笑

まずは「買い」注文

トレード画面、取引から「らくトラ(らくらくトラリピ)」を選択。

通貨ペア:「AUD/JPY」

売り買い:「買い⇒売り」

レンジの上限:「78.0円」

レンジの下限:「70.1円」

仕掛ける本数:「80本」

1本は何万通貨:「0.1万通貨」(1,000通貨)

ねらう利益は:「100円」

決済トレール:「設定する」

有効期限:無制限

ストップロス価格:「設定しない」

で下記のような設定方法になるはずです。


トラリピAUD/JPYの設定(買い)


トラリピは1回に仕掛けるイフダンの本数を99本までしか設定できないので2回に分けて設定する必要があります。

上記で80本仕掛けていますので、あと70本。

つまり2回目は、

レンジの上限:「85.0円」

レンジの下限:「78.1円」

仕掛ける本数:「70本」

で設定してください。


次には「売り」注文

同じくトレード画面、取引から「らくトラ(らくらくトラリピ)」を選択。

通貨ペア:「AUD/JPY」

売り買い:「売り⇒買い」

レンジの上限:「100.0円」

レンジの下限:「92.1円」

仕掛ける本数:「80本」

1本は何万通貨:「0.1万通貨」(1,000通貨)

ねらう利益は:「100円」

決済トレール:「設定する」

有効期限:無制限

ストップロス価格:「設定しない」

で下記のような設定方法になるはずです。


トラリピAUD/JPYの設定(売り)


「買い」注文時と同じく、トラリピは1回に仕掛けるイフダンの本数を99本までしか設定できないので、「売り」注文も2回に分けて設定する必要があります。

上記で80本仕掛けていますので、あと70本。

つまり2回目は、

レンジの上限:「92.0円」

レンジの下限:「85.1円」

仕掛ける本数:「70本」

と設定してください。

これで85円から100円までを売り

70円から*85円までを買い注文が完了しました♪




トライオートFXの設定

買い注文設定の場合

  1. 「自動売買専用パネル」を開く
  2. 開いた自動売買専用パネルから「複数作成(追尾・カスタム)」を選択
  3. タイプ「カスタム」
  4. 通過ペア「AUD/JPY」
  5. 売買方針「買い」
  6. 想定レンジ幅「1500pips」(70.1円から85.0円=1500pipis)
  7. 注文本数「150」(1500÷10=150)
  8. 取引額「1」(1,000通貨)



詳細設定に移り、

  1. 初回注文価格は「70.1円」(70.1円から85.0円の為)
  2. 初回OCO「無」
  3. フォロー値「空欄」
  4. カウンター値「-10」
  5. カウンター固定「有」
  6. 利確幅「10pipis」
  7. 損切幅「指定なし」

セーフティ設定は全部「空欄」で構いません。

すべてを設定し終えたら「リストに追加」ボタン押し、「リストを確定」すれば設定完了です。


売り注文設定の場合
売り注文の場合は、一部を逆にすれば良いだけです。

  1. 「自動売買専用パネル」を開く
  2. 開いた自動売買専用パネルから「複数作成(追尾・カスタム)」を選択
  3. タイプ「カスタム」
  4. 通過ペア「AUD/JPY」
  5. 売買方針「売り」
  6. 想定レンジ幅「1500pips」(100円から85.1円=1500pipis)
  7. 注文本数「150」(1500÷10=150)
  8. 取引額「1」(1,000通貨)
  9. 初回注文価格は「100円」(100円から85.1円の為)
  10. 初回OCO「無」
  11. カウンター値「10」
  12. フォロー値「空欄」
  13. カウンター固定「有」
  14. 利確幅「10pipis」
  15. 損切幅「指定なし」

となります。

詳しくはトライオートFXの設定をトラリピiサイクル注文ループイフダンと同じにするを参考にしてください(笑





さて、この設定でどのどのFX自動売買システムトレードソフトが利益が出るのか・儲かるのか【毎週更新】FX自動売買おすすめランキングにて1週間ごとに検証していきますので、楽しみにしていてください♪




トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ レイダーズ証券【LIGHT FX】
【毎週更新】トルコリラメキシコペソ南アフリカランドのスワップポイント比較ランキングを掲載中