トライオートFX-設定手順取扱説明

トライオートFXの設定をトラリピやiサイクル注文と同じにする

トライオートFX-設定手順取扱説明

トライオートFXの設定をトラリピやiサイクル注文、ループイフダンと同じにする方法

 

トライオートFX非常に高性能で自由度が高く、色々な設定が出来ます

逆に色々な設定が出来すぎて、管理人は設定方法が難しく感じました。

(その為に実現損益や収益率の自動売買ランキングがあるのですけどね)

そこでこのブログを訪れる人が興味あるであろう、iサイクル注文トラッキングトレード、トラリピやループイフダンと同じに設定する方法を書いていきます。
 

スポンサードリンク

トライオートFXの良いところメリット

やりたいことはトラリピやループイフダンと同じように、安く買って高く売る(買い注文)、もしくは高く売って安く買う(売り注文)を複数ポジション仕掛け、延々と自動的に売買を繰り返す方法です。

それならばトラリピで良いのでは?という声が聞こえてくるかもしれません。

しかし、そもそもトラリピはスプレッドが広く話になりません。

トライオートFXの方が断然お得です。

今から始めるのであればトライオートFXです。
 

ではループイフダンが良いかと言うと、ループイフダンでは通過ペアや利確値幅が最初から決まっており、自由な設定が出来ません

高金利通貨であるトルコリラ/円を選んだり、利益確定幅をもっと狭くして攻める、逆に広くして安全安心を求めたりする自由度が違うのです。
 

ここまでは一般的な、皆さん納得して頂けるメリットだと思います。

ここからは管理人の独断と偏見なので最初にお断りしておきます。

ではではiサイクル注文やトラッキングトレードが良いかと言うと、残念ながらiサイクル注文やトラッキングトレードでは【最初に損切り値幅を設定】しなければいけません。

レンジ幅(価格想定幅)を決めなければならないからです。
 

その設定した値幅が来れば損切り(確定損)が起きてしまいます。

これは利用者に大損をさせない(小損で済ます)セーフティー機能なのですが、管理人は損は嫌です。

小損もしたくありません。

勝率100%を狙います!
 

為替は大きく下落(ドル安円高)or上昇(ドル高円安)しても、いつかは反発し戻るのです。

死んだとき(大損したとき)は、一蓮托生・死なばもろともです。

(当然死んではいけませんよ、証拠金は多く準備し、高レバレッジ運用などの無理はしてはいけません)

トライオートFXはそういうトラリピやループイフダンのデメリットを補ってくれます(にっこり

 

トライオート_トルコリラ

タイアップしてくれたよ♪

トライオートFXの設定方法

前置きが長くなりましたが、トライオートFXの設定方法です。

管理人が実際に稼働運用している設定方法を少し分かりやすくしました。

トライオートFXはニューアル後、手動設定は「自動売買セレクト」の「ビルダー」の統合されてしまいました。

以前と設定方法が変わっていますので、再度説明していきますね♪
 

通貨ペアトルコリラ/日本円(TRY/JPY)
現在価格1トルコリラ=19円
想定レンジ幅15円から22.5円
売買方針買い
利益確定値幅30pips
注文間隔30pips
損切りなし

買い注文設定の場合

この設定をトライオートFXにどうやって反映させるかというと…、
 

  1. 画面上部の「自動売買セレクト」をクリック
  2. 開いた自動売買セレクト画面上部の「ビルダー」機能を選択
  3. タイプ「FXで作る、トライオートFX」を選択
  4. タイプ「シングル​カスタム」を選択
  5. 通過ペア「トルコリラ/円」
  6. 売買「買い」
  7. 数量「10,000」
  8. エントリー価格「15円」
  9. 利確幅「30PIPS」
  10. 損切り「チェックを入れない」
  11. フォロー値「+30PIPS」
  12. カウンター値「チェックを入れない」
  13. 「追加する」ボタンを押す

 

これで「15.0円で買い⇒15.3円で売り」のポジションが出来ました。

今度は「エントリー価格」のところを「15.3円」に変えて再度追加ボタンを押します。

(「15.3円で買い⇒15.6円で売り」注文を追加します)

次は同じく「エントリー価格」のところを「15.6円」に変えて~とこれを「22.5円」まで繰り返します。

エントリー価格のところを変えるだけとはいえ、正直面倒くさいです(涙

売り注文設定の場合

売り注文の場合は、一部を逆にすれば良いだけです。

上記の続きで、今度は、
 

  1. 売買「売り」
  2. 数量「10,000」
  3. エントリー価格「22.5円」
  4. 利確幅「30PIPS」
  5. 損切り「チェックを入れない」
  6. フォロー値「-30PIPS」
  7. カウンター値「チェックを入れない」
  8. 「追加する」ボタンを押す

 

これで「22.5円で売り⇒22.2円で買い」のポジションが出来ました。

今度は「エントリー価格」のところを「22.2円」に変えて再度追加ボタンを押します。

(「22.2円で売り⇒21.9円で買い」注文を追加します)

次は同じく「エントリー価格」のところを「21.9円」に変えて~とこれを「15円」まで繰り返します。

売りの場合もエントリー価格のところを変えるだけとはいえ、正直面倒くさいです(涙

それで出来たのが下の画像です。

頑張った買いがあり、良い設定が出来ました(笑
 

トライオートFXビルダー機能-トルコリラ円

トライオートFXビルダー機能-トルコリラ円

 
となります。

なおトライオートFXでは注文数は「100本」までなので、ご注意ください。
 

でも正直、上記通り利益を出すためなら素直に自動売買セレクトのランキング上位を選んでおけば良いですけどね(笑

+157.88%:コアレンジャー_ユーロ/英ポンド

+154.26%:コアレンジャー_ユーロ/豪ドル

+126.16%:コアレンジャー_カナダドル/円(←おすすめ!)

+100.55%:コアレンジャー_米ドル/円

凄いの一言です♪

 

管理人設定の補足

管理人の選ぶ通貨ペアは、「トルコリラ/日本円(TRY/JPY)」です。

現状のレンジ幅は今年に入って、史上最安値である1トルコリラ=15円50銭から、22銭00銭までのレンジ相場となっています。

サトウカズオは「10,000通貨」で稼働運用していますが「5,000通貨」でも良いでしょう。

利益確定値幅は「30pips」

そうなると当然注文間隔値幅も「30pips」となります。

そして今回の目玉(!?)の損切りは「なし」です!

これで頑張ってみます♪

 

トライオート_トルコリラ

タイアップしてくれたよ♪

 

トライオートFX-設定手順取扱説明
最新情報をチェックしてあげる♪
トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ
セントラル短資FX