くりっく株365、7つのポイント

岡三オンライン証券にくりっく株365について聞いたよ♪



サトウカズオは、トルコリラメキシコペソなどの高金利通貨でのスワップポイントとFX自動売買での利益で、ほったらかし生活を夢見ています。

しかし「卵を同じカゴの中に盛るな」の格言通り、リスク分散、及び投資の幅を広げたいとも思っています。

ほったらかしと言えば株の配当!

できれば、安心・安全で高配当な株投資が良いですよね(笑


ただ…、サトウカズオは個別株はやったことがありません。

また、どの株を買ったら良いのかもわかりません。

最近くりっく株365への投資を紹介するブログが増えてきたけど、どうなんだろう?

悩んでいても仕方がない!

だったらその道のプロに聞いてみたら良いのでは?

FXのくりっく365でお世話になっている岡三オンライン証券にインタビューだ!

(質問・回答形式なので順番がまちまちなのはお許しください)

岡三オンライン証券へのインタビュー



サトウカズオサトウカズオ

FXのくりっく365ではいつもお世話になっています。

サトウカズオはくりっく株365にも興味がありまして、くりっく株365と言えば岡三オンライン証券と思っています。

特にFTSE100の配当が凄い!と聞きましたので、実際にどうなのか、を中心に聞かせていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

以後、岡三オンライン証券さんの中の人とのやり取りとなります。

口語体の文章になりますので、会話していると思って読んでくださいね♪

くりっく株365口座数は右肩上がり!

ありがとうございます。

サトウさんは正直ですね。

まずくりっく株365とは、公的な取引所である東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引の愛称のことです。

おかげさまで、岡三オンライン証券でくりっく株365口座を開設し、取引を行なわれるお客様は月を追うごとに増えています。

下の図は当社を含めたくりっく株365全体での口座数を表したものです。




図は2018年8月末時点ですが、11月末時点で

総口座数は、208,030口座

証拠金預託額は、629億2300万円

と、なっています。


サトウカズオサトウカズオ

綺麗な右肩上がりですね、株価も是非こうであって欲しいものです♪

ところで、なぜこんなにもくりっく株365は人気なのでしょう?

そうですね、それではくりっく株の魅力を7つのポイント別に紹介していきます。


くりっく株365の7つのポイント

くりっく株365、7つのポイント

くりっく株365、7つのポイント

銘型は日経225、NYダウ、FTSE100

くりっく株365の投資対象は世界の代表的な株価指数である、

日本の日経平均株価(日経225)

アメリカのダウ工業株30種平均(NYダウ)

ドイツのドイツ株価指数(DAX、ドイツの主要30銘柄)

イギリスのFTSE100指数(ロンドン証券取引所上場の時価総額上位100銘柄)

と言った国々の代表的な株価指数に投資ができます。

ほぼ24時間、祝日も取引可能




くりっく株365の日経225とNYダウは、ほぼ24時間、祝日でも取引ができます。

そのため朝の仕事前や、仕事から帰ってからもじっくり取引することが可能です。

また家事や子育てで忙しい主婦の方でも、ちょとした合間にも取引できます。

さらに今ではスマホでも取引できるので、祝日での外出先でも取引可能と、(場所と)時間を選びません。

日経225とFTSE100は配当が凄い!

サトウさんが一番安心があるところでしょうか。

くりっく株365、特に日経225とFTSE100は高配当を得ることができます。

まずは下の図をご覧ください。

2018年11月時点での1年間の配当予想額となります。

必要
証拠金
配当 金利 合計 年利
回り
FTSE100 26,000円 30,947円 -8,012円 22,935円 88.21%
日経225 76,000円 40,774円 0円 40,774円 53.65%
NYダウ 83,000円 56,679円 -60,311円 -3,632円 -4.38%
DAX 42,000円 0円 -1,442円 -1,442円 -3.43%

※上記は買いポジション時の計算表となります。

※DAXについては配当が織り込まれた指数のため、配当はありません。

※年利回りについて、下落時の含み損にも耐える必要証拠金飲以外の資金(余裕資金)も入金しておく必要があるため数値通りの%とはなりませんが、高い年利回りが期待できます。

※金利は日本の場合は0円。

 アメリカは政策金利の追加利上げとともに今後上がっていくことが予想されます。


一覧にして改めて見ると、NYダウの配当は一番なのですが、配当を上回る金利を支払うため、年利回りで計算すると良くありません。

(ただし株価自体の値上がりは狙えます)

日経225は配当も良く、金利を支払わなくても良いので、年利回りは良い結果となります。

さらにFTSE100は、配当も良く、必要証拠金は少なく、金利の支払いも少ないので、年利回りで計算すると圧倒的になります。


初心者の方は日ごろ慣れ親しんでおり、情報量も多い日経225を。

配当狙い・中級者の方はFTSE100がおすすめです。

ただしNYダウでもDAXでも、今後の株価上昇が見込めますので、売買差益を狙う戦略なら問題ないと思います。


サトウカズオサトウカズオ

私なら断然FTSE100でしょうか。

イギリスの欧州連合(EU)離脱を巡る国民投票時の下落に耐える10万円で1ポジション購入でも年利回り22.93%!

さっそく運用を開始ししなくちゃ♪

配当と金利について

くりっく株365での配当と金利の考え方については

買いポジション 売りポジション
金利 支払い 受取り
配当 受取り 支払い



と、買いポジションの場合は、金利を払って配当を受け取ります。

逆に売りポジションの場合は、配当を払って金利を受け取ります。

決済期限なしで中長期投資におすすめ

信用取引や先物取引、外貨建て債券や預金には決済期限があるため、決済期日・満期日を迎えれば、マイナスとなっていても取引を終了させないといけません。

しかし、くりっく株365のは決済期日などはないため、ずっと持っていられますし、逆に好きなところで売却できます。

そのため、中・長期で配当と値上がりを狙う戦略も取れますし、逆に大きな変動があった場合には、短期で売却益を狙うという戦略も取ることができます。


ほったらかしの基本は、中・長期投資での運用でしょう。

下の図を見てください。


くりっく株365-FTSE100チャート

くりっく株365-FTSE100月足チャート



リーマン・ショックが起こったのは2008年9月15日、その後の世界的な株価急落後でも、しっかりと上昇傾向を維持しています。

また注目すべき点としてリーマン・ショック前に買ったとしても一時的な含み損とはなるものの、その後は盛り返し、しっかりと利益を得ることができるという点です。

そのため、FTSE100の積立、中・長期投資での運用では、値上がり益(含み益)と配当金の両方の利益を得ることができます。

株価は調整・下落局面を迎えたとしても、基本的には上昇していくので、イギリスの欧州連合(EU)離脱を巡る国民投票時の下落や、上記のリーマン・ショック時の世界同時株安を耐える資金管理をしていけば、大きな利益が見込めます。


サトウカズオサトウカズオ

リーマン・ショック前に買われた方も利益が出ているのは凄いですね♪

人が生きていくうえで(特に資本主義経済では)、常に経済は成長し拡大し続けますから、経済が成長し拡大を続ければ株価も上昇を続けると言うことですね♪

NYダウもFTSE100も日本円で取引

また、初心者の方におすすめな理由として、くりっく株365では海外の株価指数であるNYダウやFTSE100の取引を行う際も日本円での取引となる点も挙げられます。

つまり、円高や円安、ドル安やポンド安など、為替によるリスクを気にする必要がないのです 。

通常、外国株に対する投資では、日本円をドルやポンドなどの現地通貨に交換する必要があり、その際は為替レートを計算し、さらにその交換手数料もかかります。

しかし、くりっく株365では指数の価格に100円を掛けた金額なので、自分のポジションの損益額がわかりやすく、また海外投資の初心者にも取引しやすい仕組みとなっています。

(例:100ポイント高では、100ポイント×100円=10,000円高となります)


サトウカズオサトウカズオ

ドルは兎も角、ポンドでの計算はややこしそうなのでありがたいです♪

為替リスクや手数料を気にすることなく取引できる点も初心者にとっては助かりますね(笑

レバレッジで少ない資金から投資

くりっく株365が人気の理由として、くりっく株365はレバレッジ取引ができる、と言う点も挙げられます。

くりっく株365では、預けた証拠金の数倍から数十倍の金額で取引することができます。

レバレッジにより元本以上の投資ができるので、少ない資金で効率よく、より大きな利益を狙うことも可能です。

ただ、逆に大きな損失が発生する可能性もあるので注意が必要です。


サトウカズオサトウカズオ

レバレッジ取引で少ない資金から投資できるのは、大きな魅力ですね♪

売りからも取引できる

株価は、一時的な調整・下落局面となっても、基本的にその後はまた上昇していくと上にも書きました。

上昇していくときは、ゆっくりと時間をかけて上昇していきますが、リスク回避時など下落するときは急落する場合が多いです。

この急落時に「売り」で取引するのも面白いです。

利益確定売りなどの小幅な下落局面を予想するのは難しいですが、大きく下落する場合には、それなりの理由があります。

これはニュースなどを見ていれば分かります。

そのニュースを見て「これは株価が下がるな」と思えば、「売り」で取引してみてはいかがでしょう。

くりっく株365は、株価の上昇局面でも下落局面でも利益を狙うことができるからです。

ただ、下落しそうなニュースが出たときには、既に株価は下落している事が多いので(世界の投資家とは情報入手のスピードが違うため)、サトウさんのような、ほったらかしの方には向かないかもしれません(笑


サトウカズオサトウカズオ

私も基本、株価は上昇すると思っているので「買い」で取引します。

ただVIX指数(恐怖指数、数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っている)が高い時、株は売られやすいので、この数値を見ながら短期で「売り」を仕掛けるのは確かに面白いかもしれませんね(笑

くりっく株365でFTSE100始めます

岡三オンライン証券さん、ありがとうございました。

今まで興味はあったものの、なかなか購入する踏ん切りが付きませんでしたが、これが決心しました!

サトウカズオ、くりっく株365でFTSE100を買います!積み立てます!


具体的にはイギリスの欧州連合(EU)離脱を巡る国民投票時の下落に耐えるよう、毎月10万円を入金し、1ポジションを購入していきます。

ただし10万円ではリーマン・ショック級の株価急落は耐えられませんので、気になる方・心配な方は15万円で1ポジションを購入するようにしてけば(ほぼ)大丈夫です(笑

(月5万円づつ入金し預け、2-3カ月に1ポジション購入でも良いと思います)

サトウカズオは、リーマン・ショック級の株価急落がそう何度も起こってたまるかい!

と思っているので10万円で積み立てていきます。

ええ、岡三オンライン証券でです(笑


含み益+配当で複利で、買い増しして運用しても良し。

含み益+配当で複利で、余裕資金を置くし、より安全に運用しても良し。

くりっく株365でのFTSE100への長期投資、楽しみです!

今ちょうど株価が安いので、冬のボーナスで始めます♪