ウェルスナビ/WealthNavi

管理人大好きの”ほったらかし”で資産運用!ウェルスナビWealthNavi



サトウカズオはサラリーマンです。

当然昼間は働いています。

夜は疲れて帰宅、その後ブログ書いて、テレビ見て、ゲームしてと忙しいです(笑

投資の勉強とか、資産運用に時間をかけている暇はありません。

そのためFXも自動売買(シストレ)や、高金利通貨(トルコリラ、メキシコペソ)の長期保有と”ほったらかし”が基本です。

うん?ウェルスナビWealthNaviの評判がいいな、しかも実績も良い!

こ、これは預金を銀行に預けている場合じゃねー!

ウェルスナビWealthNaviとは

ウェルスナビWealthNaviは、ウェルスナビ株式会社というベンチャー企業によって開始されたロボアドバイザー投資です。

ロボアドバイザーという用語は、人工知能を用いたロボットと投資助言をするアドバイザーを意味しています。

ウェルスナビは、2015年のサービス提供開始から順調に預かり資産と顧客数を伸ばし、日本国内でトップのNo.1ロボアドバイザーとなっています。

2017年11月29日の同社発表によれば、口座の申込件数は56,000口座で、預かり総資産は400億円にまで成長しています。

このような急成長の背景には、将来の年金の目減りや年金システムそのものへの不安が一端となっています。

特に20代から50代の方を中心に将来への備えは自分で何とかしなければならないという危機感のようなものが投資へ向かわせているとも言えます。

ウェルスナビWealthNaviとは



また、ウェルスナビの持つ様々な特長やメリットが多くの方から支持され、最終的に証券会社のロボアドバイザーサービスを含め、国内最多の口座開設数という結果につながっています。

ウェルスナビの特徴の一つが年率1.0%(預かり資産3,000万円を超える部分は年率0.5%)という低コストで、すべてお任せの資産運用ができる点が挙げられます。

投資経験や投資知識が無い人でも、簡単な質問に答えるだけで、だれでもいつでもリスク分散を考慮した資産運用ができるので、将来の備えのために長期で運用したい方には最適なサービスです。


パソコンやスマホがあれば、ご自宅や出先などいつでもどこでも手軽に投資が始められ、面倒な操作や知識も全く必要ありません

このように使い方自体はとても簡単ですが、その一方でウェルスナビのロボアドバイザーは、ノーベル賞を受賞した理論を採用した最新のテクノロジーに基づく高度なアルゴリズムによって投資判断をしてくれます。

最先端のフィンテックと従来は富裕層を対象として垣根の高かったラップ口座による運用サービスを高レベルで融合させ、そのサービスをAI(人工知能)活用によりだれでも簡単に始められるように低コストで提供しています。


また、ウェルスナビは、ファイナンス専門のサイトやブログの記事などでもたびたび紹介され、その評価から投資初心者からベテランまで満足させるサービスを提供していると言えます。

ウェルスナビの利用者は、その実に9割が投資経験者となっており、初心者に相応しい投資法ながら、逆に投資を知っている人からもウェルスナビの持つ機能性やコスト面での優位性が高評価を得ています。

ウェルスナビのロボアドバイザーで投資できる対象ですが、実に10,000種類以上にも及ぶ世界中のETFへと投資でき、手軽に国際分散投資を可能にしています。


また、一括で投資する際に必要な最低投資額も当初100万円と比較的敷居の高いものでしたが、その後大きく下がって30万、さらに直近では実に10万円から投資できるようになりました。

その結果としてボーナスの一部などちょっとした余剰資金を有効に投資に回すことができるようになりました。

WealthNavi

↑ウェルスナビWealthNaviで無料診断!寝てる間に資産運用♪

初心者でも簡単投資のウェルスナビWealthNavi

ウェルスナビはだれでも簡単に投資でき、金融の知識や投資経験がなくても心配は要りません

利用開始にあたっては、年収や資産内容、投資目的など6つの簡単な質問に回答するだけで無料診断をしてくれ、その方に最適な運用プランやポートフォリオを提案してくれます。


口座開設の申し込みも全てWeb上で済みます。

メールアドレスを登録後、運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類や銀行口座情報などを入力すれば手続きが完了します。

簡単な口座開設の審査を経て、最短で2営業日で口座が開設されますので、10万円以上の資金を入金すればいつでも投資を始めることが可能です。


さらにウェルスナビはパソコン上だけでなく、スマホで出先でも運用実績を確認や、積立内容の変更をすることができます。

ウェルスナビでは、すでにスマホアプリ(iOS版とAndroid版)や おつりで資産運用アプリ「マメタス」(iOS版)の提供を開始しており、スマホ利用者の方でも手軽に資産運用できる環境を整えています。


ウェルスナビ/WealthNaviの無料診断

ウェルスナビ/WealthNaviで無料診断

ウェルスナビWealthNaviのメリット

ここまででウェルスナビの持つ様々なサービスの特長についてご紹介してきました。

ウェルスナビのメリットは実に多岐に渡りますが、まずは上述のように利用手数料が年率1.0%で最新の高度なアルゴリズムによるロボアドバイザー投資が可能になる点が挙げられます。

これまでのファンドラップなどで同様に個々の資金ニーズに合わせてカスタマイズされたポートフォリオ構築サービスを利用すると、年率2%から3%ほどかかりますので、非常に低コストで投資初心者の方でもロボアドバイザー投資の恩恵が受けられます。


しかもウェルスナビのアルゴリズムは、ノーベル賞を受賞した理論などに基づいた最新のもので、従来は機関投資家や富裕層向けのものでした。

それを非常に低コストで一般の方に解放し、より多くの方が最先端の金融テクノロジーの恩恵が受けられる機会を提供しています。

このアルゴリズムにより、高度な金融知識や投資経験がなくても海外に分散投資をして、成長している国や地域からのリターンを得ることができるのです。

もちろんETFの投資は他の投資と同様に価格変動リスクや信用リスク、流動性リスクがありますが、ウェルスナビのロボット上で動いているアルゴリズムは、そのようなリスクが相対的に小さくなるように資産総額や取引量が大きいものを選ぶようなプログラムが組み込まれています。


さらに数百万円単位の投資資金を要するファンドラップと異なり、一括投資の場合は投資最低金額が10万円から本格的な海外分散投資を可能にしている点もあります。

ウェルスナビは積立投資でも利用しやすく、毎月1万円からの積立投資が可能です。

特に特許を取得している「リバランス機能」の付いた自動積立は、ウェルスナビだけの機能であり、他社ではマネすることができません。


ウェルスナビのメリットとしては他にも他社に無い特長が挙げられます。

それが「デタックス(自動税金最適化)」です。

含み益が出ているファンドを売却により利益確定するような場合、損失が出ているファンドも同時に売却することで、利益部分を相殺して課税負担を抑えるようにプログラムされています。

この機能も既に特許を取得しています。


ウェルスナビ/WealthNaviの機能メリットまとめ

ウェルスナビ/WealthNaviの機能メリットまとめ



さらにウェルスナビは資産運用における透明性の向上を積極的な情報開示等により進めてきています。

その一端として2016年1月から2017年6月末までの運用実績の公表や金融アルゴリズムの詳細な内容をホワイトペーパーにより公開しています。

また、運用に関わって発生する全てのコストについても開示しており、このような姿勢はウェルスナビが最も先をいっているといっても過言ではなく、最も預かり資産の多い運用会社という結果にもつながっています。


ウェルスナビのメリットは透明性だけでなく、顧客資産の安全性やウェルスナビの財務基盤の安定性にまで及びます。

現金など顧客資産は、三井住友銀行とみずほ信託銀行の信託口座にて分別管理され、ウェルスナビの自身の資産とは完全に切り離されています。

また、運用対象となるETFは米国の保管機関(DTC)にて分別して管理されており、ウェルスナビが勝手に顧客の預かり資産を処分したり、流用できないようなガードがかかってたりします。

ウェルスナビの大口出資会社は、三井住友銀行やみずほ銀行、三菱UFJ銀行などの大手金融機関で占められており、非常に財務体質の強い会社となっています。

WealthNavi

↑ウェルスナビWealthNaviで無料診断!寝てる間に資産運用♪

ウェルスナビWealthNaviのデメリット

全てをお任せで資産運用してくれるウェルスナビですが、投資については人それぞれ様々な考え方があります。

従ってすばらしいサービスを提供しているウェルスナビにも人によってデメリットとなる場合があります。

デメリットの一つとしては、預かり資産3,000万円までは年間で一律1.0%の利用手数料が発生する点です(預かり資産3,000万円超の場合は年率0.5%)。

しかも、実際に運用する場合、ウェルスナビの利用手数料に加えてETFの委託手数料も当然に発生します。

そしてこの利用手数料は、ファンドの運用成績が良し悪しに関わらず、発生する固定費となります。

先ほどたったの1.0%で利用できる点をメリットとしてご紹介したので矛盾していると感じられるかもしれませんが、これは自分でファンドを選択してポートフォリオを組み、尚且つ自分でリバランスも行うことができる投資の中上級者の場合にはデメリットになるという話です。

ですから、投資の知識や経験が全くない方の場合は、高度なアルゴリズムに基づく資産運用のアドバイザーサービスが年率1%だけで利用できるのは、メリットであることに変わりありません。


さらにウェルスナビは投資対象となるETFに為替ヘッジをしていないため、為替損失が発生するリスクがあります。

しかし、為替ヘッジについてもヘッジをかければそれなりのヘッジコストがかかる訳ですし、その分だけ運用益を減らすことになります。

また、ヘッジをかけていない投資で、もし出金時点において円安となっていた場合には為替益が発生するという結果にもなります。

従って為替ヘッジをしていないことがデメリットになるかどうかはリスクに対する考え方や売買タイミング、満期時期や出金時の為替の状況にもよりますので、一概に良し悪しを論じることはある意味で無意味なことなのです。

(卑怯な言い方ですが、将来的に株価は上がるでしょうが、円安円高かはその時次第)


ウェルスナビによる投資に限らず、様々なETFなどのファンドを組み合わせた分散投資は少なくとも5年から10年、あるいはそれ以上の中長期のスパンでおこなうものです。

その間に為替相場は過去の最高値と最安値を行ったり来たりする特徴をもっています。

短期的かつ投機的な為替益を狙うわけではないのですから、目先の為替差損よりも着実な成長(利益)に目を向けるべきなのが投資の醍醐味であり、ファンドによる長期投資における為替に対する基本的な考え方とも言えるのです。


ウェルスナビWealthNaviの実績

ここが一番重要ですよね(笑

寝ているだけで”ほったらかし”で資産が増えていくウェルスナビ。

ウェルスナビ利用者の喜びの声を拾ってみました(笑

5日寝てたら7,000円!

約9カ月で+9.2%!月1%で資産増加中♪



このブログで一番守り投資法なのに、1年も経たず9カ月くらいで年利回り10%に迫ろうかと言う手堅く…と言うには程遠いくらいに稼いで(利益を出して)くれる頼もしい相棒です(笑

早く始めたもの勝ちです。


ウェルスナビWealthNaviのまとめ

6つの簡単な質問に答えるだけで、難しい投資の知識が無い人でも世界中の様々なファンドに分散投資できるのがウェルスナビのロボアドバイザー投資です。

ノーベル賞受賞の理論などに基づいた最先端のアルゴリズムによる投資判断により、ロボットがあなただけのポートフォリオを提案してくれます。

投資の初期金額は10万円から、積立は毎月1万円からととても手軽にできますので、何か投資を始めてみたいという方は一度ウェルスナビのホームページを覗いて、検討してみるのもいいでしょう。


このウェルスナビWealthNavi、ほとんどクレーム(文句)を聞かない投資方法です。

「難しくて分からない!」
(50代-60代の方でも簡単でおすすです)

「損したじゃないか!」
(一時的にはあるかもしれませんが、人が生きていく上で(特に資本主義経済では)常に経済は成長し拡大し続けます株(株価)は必ず上がります、上昇します!)

あとは…何かあるかな?という感じで、本当に安心しておすすめできます(笑

WealthNavi

↑ウェルスナビWealthNaviで無料診断!寝てる間に資産運用♪