投資にトライ!ランキング

有名ロボアドバイザーであるウェルスナビ、テオ、マネラップを比較!



投資の知識や経験のない方が簡単に投資を始められるサービスとして、ここ数年で非常に人気が出ているのがロボアドバイザー投資です。

ほったらかし、寝てるだけで自動で資産運用!

うん、素晴らしい♪

運用成績も堅調とくれば、そりゃー人気も出るはずです。

でもロボアドバイザーって、人気な分だけ数も多く出てきましたね。

あれってどのロボアドバイザーが良いのでしょう?

今回はロボアドバイザー投資のサービスを提供している代表的な会社であるウェルスナビ-WealthNaviテオ-THEO、マネラップという3つのサービスを取り上げてその内容を比較し、ロボアドバイザー投資の特長やどの会社のサービスが優れているのかといった点などについてご紹介していきますね♪

ロボアドバイザー投資とは?

まず、3社の比較の前にロボアドバイザー投資のサービス内容について全くご存知ない方のために、3社に共通するロボアドバイザー投資の特徴ともいうべき点について以下にご紹介していきます。

「助言型」と「運用型」

ウェルスナビ、テオ、マネラップの各社のロボアドバイザー投資ですが、どれも「運用型」と呼ばれるタイプのロボアドバイザー投資になります。

ロボアドバイザー投資には、大きく「助言型」と「運用型」と呼ばれるサービスがあります。

前者の助言型には、株式会社SBI証券などから提供されており、収入や資産内容、投資目的などについての簡単な質問から、投資に対するリスク許容度を判定してくれたり、ポートフォリオと呼ばれる具体的な投資対象となる商品の組み合わせを提案したりしてくれます。

サービス内容が提案だけですので、実際に商品を注文する、途中で売買などの管理は利用者自身でおこなう必要があります。

助言型のロボアドバイザーの大半は、利用手数料が無料な点は嬉しいところですが、投資商品の発注や売買といった管理をすべて自分でおこなうのは(特に忙しい方などには)とても面倒な作業です。


その点、今回ご紹介する3社のサービスは、どれもポートフォリオの提案から商品の発注、リバランスと呼ばれる投資期間中の商品の入れ替えもすべて自動で、お任せでやってくれる嬉しいサービスとなっています。

忙しい方や難しい投資知識がなくても投資をしたい方には特に利用価値の高いサービスです。

ファンドラップ(ラップ口座)との比較

しかも従来同様のサービスは、大手証券会社がファンドラップやラップ口座という形でサービス提供されていますが、最低投資金額が300万円や500万円など、数百万円の投資資金を用意しなければならないなど、一般の投資家向きとはいえない内容です。

さらに利用手数料も2~3%と高いのがネックでした。


上記3社のロボアドバイザー投資では、最低預かり資産がマネラップで1,000円、テオで10,000円、ウェルスナビでも100,000円からととても敷居が低くて、だれでも気軽に投資できる点が魅力です。

しかも、ファンドラップ同様の高い質を誇るサービス内容でありながら、大変低コストであり、ウェルスナビやテオの場合、手数料は預かり資産の「1%」で、それ以外にかかる費用はありません。

他の余計な為替手数料や取引の都度手数料が発生するといったデメリットがないのも画期的です。


WealthNavi

ウェルスナビWealthNaviで無料診断!寝てる間に資産運用♪


ウェルスナビ、テオ、マネラップの特徴

ウェルスナビ-WealthNavi

ここで今回比較する3社の簡単な特徴をご紹介します。

まずウェルスナビWealthNaviですが、その口座申込件数は90,000口座、預かり総資産700億円と日本国内でトップのロボアドバイザー投資となっており、テオ-THEOと人気を二分しています。

利用にあたっては6つの簡単な質問に回答するだけで無料診断の上、利用者に最適な運用プランを提案してくれます。

投資対象はテオ同様に海外のETFに限定されており、世界中のグローバル企業の株や債券、国債、コモディティ、不動産などに分散投資できます。

ノーベル賞を受賞した理論などに基づくアルゴリズムにより、最小リスクとなるようなETFを積極的に選択して運用してくれます。

リバランス機能付の積立投資や税務負担軽減のためのデタックス機能など独自機能もあり、このような非常に付加価値の高い高度な機能のおかげで、利用者全体の90%が投資経験者で占められているという結果にもつながっています。

もちろん、投資初心者の方でもこのような高機能を手軽に利用できる点はメリットとなっています。



テオ-THEO

次にウェルスナビと並んで人気の高いテオ-THEOのご紹介です。

テオ-THEOは、2016年2月のサービス提供開始から多くの支持を集め、今やウェルスナビと並んでトップグループを形成するロボアドバイザー投資となっています。

最先端の高度な金融テクノロジーを駆使し、海外ETFに限定した運用や投資される方の将来の資金ニーズやリスク許容度などに応じて3つの投資スタイルを自動で決定してくれる機能ポートフォリオなど、ウェルスナビやマネラップと類似した機能を備えています。



THEO


マネラップ

最後にご紹介するのがマネラップです。

マネラップは、比較的後発のロボアドバイザー投資で、大手ネット証券会社のマネックスが中心となって、クレジットカード会社でおなじみのセゾンとブラックロックと並んでETFの運用で有名なアメリカの大手運用会社であるバンガードのグループ企業、バンガード投資顧問の3社により共同で構築されたサービスです。

上記2社と同様、完全お任せタイプのロボアドバイザー投資で、特に最低投資金額が1,000から始められる点が特長の一つとなっています。

一括投資だけでなく、毎月1万円から始められる積立型にも対応していますが、上記2社と異なる点として投資対象が海外のETFだけでなく、国内のETFも対象としている点があります。

マネラップのロボアドバイザー投資も、最新の金融工学に基づく高度なアルゴリズムを利用したポートフォリオ構築を可能にしています。

簡単な質問に回答するだけで、「ためる」「たのしむ」「そなえる」という3つの投資スタイルから投資スタイルが選択されるコンサルティングサービスが魅力となっており、投資資金の使途やライフプランに合わせた資産運用ができます。

3つのプランは、プラン別に「ためる」は、住宅購入資金やリフォーム資金などで利用する資金の運用。

「そなえる」はお子様の将来の教育資金ニーズへの備えなど。

さらに「たのしむ」は運用を継続しつつ、リタイヤ後に取り崩しながら資金を活用したい場合に向いたプランとなっています。

個々人のライフステージに合わせて、詳細な条件設定をしなくても、目的に合った投資をすることができます。

さらにマネラップの特長としては、投資対象を比較的低コストのETFに限定して運用している点が挙げられます。

これによって投資全体に占める手数料をロボアドバイザー投資の利用手数料だけでなく、ETF自体の手数料も含めて年率1.0%以内に抑えることを目標にしており、効率的な運用を目指している点が挙げられます。


MSV LIFE

1,000円からはじめられるおまかせ資産運用サービス♪


ロボアドバイザー結局どこが一番いいの?

ここまでで3社の特長や違いについてご紹介してきました。

で、結局どこがベストと言えるかは、利用される方のニーズや考え方による部分もありますので、一概に決めつけることはできません。

…すいません。

しかし、特定の投資スタイルや投資知識のない初心者の方が最初にロボアドバイザー投資を始める場合で10万円以上の投資資金が用意できるという前提であれば、ウェルスナビWealthNaviが最もおすすめと言えそうです。

その理由としては、まず運用の要となるアルゴリズムがノーベル賞を受賞した理論に基づいており、そのアルゴリズムがリスク最小限のファンドを選択して運用してくれる点があります。

また、積立タイプに付いている自動のリバランス機能や税務負担を極力抑えてくれるデタックス機能などは特許も既に取得しており、ウェルスナビでしか利用できないとても付加価値の高い機能です。

さらに直近の運用実績やアルゴリズムの詳細を公開してするなど、資産運用の透明性向上に積極的な姿勢も非常に好感がもてて安心です。




テオ-THEOについてもウェルスナビと同様に優秀なアルゴリズムを採用しており、さらに最多の投資対象を選ぶことができる点も魅力です。

また、マネラップについては、ウェルスナビやテオでは投資できない日本国内のETFに運用できる点は特長となっています。

しかし残念なことに日本国内のETFは種類や数が少ないところからそこまでのアドバンテージとなりえません


いずれにしても個々の会社のホームページなどを参考に情報収集しながら、ご自分に合いそうなものを比較検討するのが一番良いかもしれません。



ウェルスナビ、テオ、マネラップまとめ

今回はウェルスナビ、テオ、マネラップの3社のロボアドバイザー投資の比較についてご紹介しました。

特にこれからロボアドバイザー投資を始めるという方が最初に選ぶ会社としてウェルスナビWealthNaviを最もおすすめとさせていただきました。

同じ海外ETF投資に特化しているテオも魅力的ですが、総合力では一歩劣ると言ったところでしょうか。

また、投資対象となる銘柄数はウェルスナビやテオに劣るものの、日本国内のETFもポートフォリオに入れて投資したい方ならマネラップという選択肢もありかもしれません。

いずれにしてもロボアドバイザー投資が初めての場合、最初の内は少額投資で様子を見ながら徐々に増やしていく、もしくは一度にドカンと投資せずに積み立て投資と言うのが安心でしょう。


WealthNavi

ウェルスナビWealthNaviで無料診断!寝てる間に資産運用♪