Request Network リクエストネットワーク 仮想通貨

Request Networkはイーサリアム上に構築された分散型ネットワークで、誰でもどこでも支払いを要求できます



Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨は、通貨単位:REQで、クレジットカード会社などの第三者を介することなく、支払いをリクエストしたり、決済が完了する便利なネットワークとなっています。

Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨の特徴やメリット、将来性などについて解説していきます。

Request Network仮想通貨とは?

仮想通貨 Request Network (リクエストネットワーク)

通貨単位:REQ

公開日:2017年8月31日

最大供給量:1,000,000,000 REQ

時価総額ランキング:96位(02月09日現在)


Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨は、イーサリアム上で構築されている分散型ネットワークです。

そのため、中央銀行や金融当局、各国政府などの干渉を全く受けない非中央集権型となっています。

したがって、中央銀行などが制度やルールを変更することで、通貨管理の仕組みなどが勝手に変更されたりすることなく、普遍的なルールで管理することが可能になる、という強みがあります。


本当なら分かりやすく、ここで動画を見て欲しかったのですけど、良い動画がない。

そもそも公式動画がないようだ…。

Request Network (リクエストネットワーク)さん、PR活動の為にも、ぜひ紹介動画作成をお願いします!


DMM Bitcoin QUOINEX
DMM Bitcoin登録で1,000円プレゼント!
このお金でさっそくリップルネム(NEM)を購入だ!


Request Network仮想通貨の魅力、メリット

安全で低コストなオンライン決済

Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨を使えば、これまでのようにペイパルや銀行などに余分な決済手数料を支払うことなく、ワンクリックで簡単に安全な認証を可能にしたオンラインができるようになります。

銀行の口座関連情報やクレジットカード番号といった個人情報を第三者に提供する必要もないので安全性が高いところもメリットです。

請求書発行

ブロックチェーン上で請求書を発行し、相手と共有できるので簡単に支払請求の手続きが完了します。

請求の際には支払いの時期や方法についても、細かな設定が可能ですので、頭金を払ってもらい、残りを分割払いで請求したり、税金の督促などにも使えます。

さらにエスクロー(預託金制度)や、ファクタリング(売掛金等の買取り)などの設定も可能です。

Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨でエスクローの仕組みを利用すれば、購入者に前払いで支払いをお願いしておき、商品などが届いたらそのお金をRequest Network (リクエストネットワーク)経由で入金される、と言うような設定もできます。

そのため請求する側も代金回収ができなくなると言うリスクが無いだけでなく、請求される側にとっても商品の受け取り前に代金だけ取られてうと言うリスクも無いなど、相互にメリットがある仕組みとなります。

会計と監査(Smart Audit)

Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨には他にも大きなメリットがあります。

それが「Smart Audit (スマートオーディット)」と呼ばれているもので、文字通り「賢い監査」とでも言うべきものです。

そのメリットとしては、会計監査で必要となる様々な会計の元帳作成の元データや証憑類を、簡単かつリアルタイムで入手できるようになると言う点です。

現行の監査では、監査手続きを進めるためにまず様々なデータや帳簿類といった監査に必要な証憑類をクライアントにリクエストして集めますが、それだけでも双方に大変な作業と時間がかかっています。

Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨は、顧客への請求書や支払いといったビジネス上の全決済データがブロックチェーン上で記録されているので、いつでも簡単に入手することができます。

しかも、ブロックチェーン上で記録された会計上の元データは途中で修正されたり、改ざんされても全ての履歴が残る仕組みとなっており、事実上そのようなことができないようになっています。

以上のような性質によって、劇的に監査プロセスを効率的かつ正確に行なえるようになります。


Request Network仮想通貨の今後や将来性

Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨の今後や将来性を考えた場合、その用いられている技術の応用力の高さも注目すべきポイントです。

それは、Request Network (リクエストネットワーク)の仕組みは、IoT(Information of Technology)にも応用できるからです。

IoTとは、第三者を介せずに家電や電子機器といったモノをインターネットに直接結び付けて情報やサービスの提供などを受けられる技術のことですが、Request Network (リクエストネットワーク)を使えば、自動決済や請求の仕組みをIoTにも応用できるのです。

よって、Request Network (リクエストネットワーク)の仕組みがIoTに利用されるような流れになれば、Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨への需要の高まり、通貨価値の大きな上昇も期待できます♪


bitFlyer
安定・安心のbitflyer
bitflyerは利用者数・通貨取引量、日本No.1!


Request Network仮想通貨のまとめ

Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨は、代金の支払や請求といった個人にも法人にも有益な技術を持つネットワークです。

需要も大きく、利用用途は多岐に渡るでしょう。

問題は…、その需要の大きさゆえに競合仮想通貨も出てきそうな点です。

その分、先行しているRequest Network (リクエストネットワーク)仮想通貨は大きなイニシアチブを持っていると言えそうです。


Request Network仮想通貨の現在価格とチャート

上記のような理由により、Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨は底堅く推移しています。


Request Network リクエストネットワーク 仮想通貨のチャート

Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨のチャート



02月09日現在、Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨の現在価格は、およそ32.0円くらい、でしょうか。

一時は120円位まで価格は上がっていましたが、世界的な仮想通貨への逆風から、現在は少し落ち着いているかな?

しかし10月下旬時点では3.80円くらいの時も!

え?安い!そのため価格差は、

最大31.58倍!

現在でも8.42倍!

買っときゃ良かったRequest Network (リクエストネットワーク)仮想通貨…orz

Request Network 仮想通貨の現在の価格、順調に値を上げているよね?
上の「相場推移チャートを表示」で現在のチャートが見れるよ♪


Request Network仮想通貨を購入できる取引所

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)



Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨を買うなら一番のおすすめ。

というか、日本の取引所では未上場なので購入できません。

自然と海外取引所での購入となります。

しかしBinance (バイナンス)は日本語対応の取引所ですし、Request Network (リクエストネットワーク)仮想通貨以外にも取引通貨は100種類以上!しかも手数料が安い!なんと0.05%!

日本事務所も構えましたし、今後は日本でもBinance (バイナンス)が仮想通貨の取引所を制覇するのではないかという勢いです。

持っていて(口座開設して)得はあっても損はない取引所と言えます。

現在Binance (バイナンス)は人気過ぎて新規登録受付停止!⇒限定受付再開を繰り返していますので、登録はお早めに♪

(本人性確認いらないし(笑)

ただ、海外(中国)の取引所なので、日本円での購入が出来ません…残念。

そのあたりの解説は⇒Binance (バイナンス)は日本語対応の取引所で登録簡単!使い方や送金/入金方法で。

Binance(バイナンス)で口座開設



GMOコイン
日本の取引所では一番のおすすめ、zaif!
Zaifコイン積立で長期投資でのリスク軽減と安定した収益