モナコイン MONAcoin仮想通貨

1年前にこの仮想通貨を持っていたら億り人!
それがモナコイン MONAcoin仮想通貨だ!



サトウカズオサトウカズオ

まった仮想通貨、仮想通貨と騒ぎやがって、こちとら昼間サラリーマンやってるんだ!

仮想通貨とかいう前に、きちんと働け!


  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´∀`)< オマエモナー
(    )  \___
| | |
(__)_)


ごほん、Monacoin (通貨表記:MONA、モナコインorモナーコイン)は、日本で初めて開発された日本初の仮想通貨です。

他の仮想通貨にはない生い立ちや、ユニークな使われ方が特徴となっているモナコインについてご紹介します。

モナコイン MONAcoin仮想通貨とは?

仮想通貨 モナコイン MONAcoin

名 称:モナコイン(モナーコイン)/MonaCoin

通貨単位:MONA

公開日:2014年01月01日

最大供給量:105,120,000 MONA

時価総額ランキング:84位(01月31日現在)


モナコインは、日本の掲示板サイトとして有名な「2チャンネル」より、わたなべ氏(この人物についての素性は分かっていません)という人物が日本で初めて開発した日本発の仮想通貨です。

モナコインは、時価総額で第7位(01月30日現在)のライトコインの技術をベースに開発され、世界初のセグウィット実装などいくつかの特徴があります。

また、P2P技術により、世界中のどこにいる人にも低い送金手数料でスピーディーに送金することができます。

さらにモナコインには発行元がなく、オープンソースとなっているために不正行為ができないような仕組みを取っています。

モナコインの使われ方は他の仮想通貨と違って非常にユニークです。

「投げ銭」と呼ばれる使われ方があり、優れたネット投稿をした人やQ&Aサイトの「アスクモナ」で回答した人にお礼のような形でモナコインが送られたりします。

日本発の仮想通貨ということもあり、ネット上では多くの支持を集めている通貨でもあります。


まあ、詳しくは下の動画をご覧ください。

15秒にすべてが詰まっています(笑

日本発の仮想通貨、Monacoinの広告動画


モナコイン仮想通貨のメリット、デメリット

次にモナコインの持つメリットやデメリットなどについてご紹介していきます。

取引スピードの速さ

ライトコインを基に開発されているモナコインは、取引スピードの速さが特長です。

発行枚数が1億512枚に対して、ブロック生成サイクルのスピードは約90秒となっており、ベースとなったライトコインよりもさらに処理スピードは速くなっています。

また、システムの信頼性もメリットとなっており、2014年1月1日の開始時から現在まで何のトラブルなく稼働し続けています。

セグウィット実装によるメリット

モナコインは今では実装されることが多いセグウィットを世界で初めて取り入れた仮想通貨です。

ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨は、取引の増加に処理スピードが追い付いていかないという課題がありますが、セグウィットは取引履歴を圧縮し、データ容量を小さくすることでこの課題を克服できる技術となっています。

その結果として、ブロックチェーンのブロックごとに保存できる取引記録を大幅に拡大させることに成功しています。

認知度が低い

2017年に価格が急騰したモナコインですが、国内外での認知度はまだまだ低いため、取引量自体も少なく、価格変動が大きいと言うデメリットがあります。

しかし、取り扱う取引所も国内外で徐々に増えてきて、上昇の余地を見せてきており、取引量が拡大すれば、このデメリットも将来的には解消していく可能性も十分に考えられます。

逆に認知度が低い今こそ、買い時かもしれません。


DMM Bitcoin QUOINEX
DMM Bitcoin登録で1,000円プレゼント!
このお金でさっそくリップルネム(NEM)を購入だ!


モナコイン仮想通貨の今後や将来性

モナコインが誕生した2014年から、あまり値が上昇することはありませんでしたが、2017年10月に大手仮想通貨取扱所であるビットフライヤーでの取扱いが始まってから、1モナコインは1,450円近くまで急騰しました。

このことにより日本発の仮想通貨として今まで以上に認知度が高まり、また取り扱う取引所の数も増えてくれば取引しやすくなり、さらなる価格上昇が期待できそうです。

また日本では盛り上がっているモナコイン MONAcoinですが、海外での知名度はまだまだ低いのが現状です。

価格が上昇し時価総額が上位に上がってくれば、海外での注目度も増し、海外でも取扱いを開始する取引所が増えてくるかもしれません。

価格上昇⇒注目後up⇒取引機会が増える⇒価格上昇

とプラスのサイクルを回すことが出来ます。

それを後押しするコミュニティの強さもモナコイン MONAcoinの強さの秘訣でもあります。

他の仮想通貨に代わる新たな投資先として今後さらに高騰することも考えられますね(笑


モナコイン MONAcoin仮想通貨のまとめ

モナコインは2017年12月に最高値を更新し、その後は急落したとは言え、実装している技術の高さや将来性、日本発という特徴を考えれば、まだまだ伸びしろがある仮想通貨です。

正直、モナコインはあまりにも短期間で一気に上昇しすぎました。

ほんとうは、じわじわ上がって行きたかったのですが、2週間かそこらで300円台から1,800円と5倍-6倍となってしまいました。

現状の価格は、その反動でしょう

しかし個人的には今の価格は安すぎだと思っています。

(個人的な感想ですよ♪)

よって、モナコインへの投資を考えている方の場合、今のうちから少しずつ仕込んでいくと将来的な価格上昇の恩恵を受けられるかもしれません。


モナコイン仮想通貨の現在価格とチャート

上記のような理由により、モナコイン MONAcoin仮想通貨は順調に値を上げています。


モナコイン MONAcoin仮想通貨のチャート

モナコイン MONAcoin仮想通貨のチャート



02月01日現在、モナコイン MONAcoin仮想通貨の現在価格は、およそ620円くらい、でしょうか。

一時は1,850円位まで価格は上がっていましたが、世界的な仮想通貨への逆風から、現在は少し落ち着いているかな?

しかし1年前は2.8円くらい!

え?!安っ!そのため価格差は、

最大517.1倍!

現在でも221.1倍!

買っときゃ良かったモナコイン MONAcoin仮想通貨…orz

これぞ億り人通貨でしたね(笑

モナコイン MONAcoin仮想通貨の現在の価格、順調に値を上げているよね?
上の「相場推移チャートを表示」で現在のチャートが見れるよ♪


モナコイン仮想通貨を購入できる取引所

ビットバンク



ビットコインもアルトコインも、衝撃の全通貨ペア取引手数料無料!といったいどうやって利益を上げているのかと心配してしまうビットバンク。

コインチェック騒動を機にいち早くオフラインのコールドウォレットやマルチシグでのセキュリティ対策を再周知し、顧客の心配を和らげるというナイスな経営判断と行動を行うなど、人気・信頼感急上昇なビットバンク。

リップルコインの取扱も開始しました♪

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



仮想通貨取引量、ユーザー数とともに日本No.1がbitFlyer!

ビットコイン以外の手数料がちと高いのが玉に瑕ですが、その分セキュリティにお金をかけてます感が伝わってきます。

そのまま仮想通貨の運用に、Binance (バイナンス)などの海外取引所への送金にと、登録しておきたい取引所です。

初心者におすすめ♪

zaif

ビットコイン取引手数料がなんとマイナス!

他の仮想通貨も板取引形式なので手数料がとても安いので、日本ではおすすめの取引所です。

ただ…、サーバーが弱いのかよく落ちます…(涙

し、しかしZaifコイン積立は仮想通貨への投資のハードルを低くする、素晴らしい仕組みだと思います♪


GMOコイン
日本の取引所では一番のおすすめ、zaif!
Zaifコイン積立で長期投資でのリスク軽減と安定した収益