ライトコインキャッシュ仮想通貨

ライトコインキャッシュ!ライトコインを超えるライトコイン誕生?



世界的な規制(の噂、そもそも非中央集権型なのに規制できるのかと言う疑問も)に、コインチェック騒動のお陰で、どうも明るい話題が少ない仮想通貨業界。

ハードフォークでもなんでも、明るい話題(や儲かる話題)がないかな~…。


サトウカズオサトウカズオ

なに!?ライトコインからハードフォークしてライトコインキャッシュが誕生?

しかもライトコイン保有者には1対10で付与されるって!?

これは夜食食っている場合じゃねー!

ライトコインの価格は回復傾向

ライトコインキャッシュ仮想通貨のチャート

年末年始の Ethereum (イーサリアム)のチャート


ライトコインの現在の価格、順調に回復中だよね?



ライトコイン仮想通貨の価格が、右肩上がりに上昇中です。

一時期の仮想通貨業界への逆風から、価格は下落傾向、停滞中でしたが、順調に回復しているように見えます。

確かに仮想通貨、ブロックチェーン技術自体の再評価が進んできた、とも言えますが、他通貨よりも価格上昇(回復)スピードが早いのは、やはりハードフォークが予定されており、ライトコインキャッシュが誕生する!と言うのも大きいのではないでしょうか。

ビットコインの分裂騒ぎ(ハードフォーク)時に誕生した、ビットコインキャッシュ(今見たら時価総額ランキング4位)やビットコインゴールド(同じく19位)がタダで貰えるとしたら、そりゃー2匹目、3匹目のドジョウを狙いに群がりますよ(笑


DMM Bitcoin QUOINEX
DMM Bitcoin登録で1,000円プレゼント!
このお金でさっそくリップルネム(NEM)を購入だ!


ライトコインがハードフォークでライトコインキャッシュ誕生?

上記のようにライトコインがハードフォークして、ライトコインキャッシュが誕生するそうです。

Litecoin Cash (ライトコインキャッシュ)公式サイトでも、

  • Litecoinフォークブロック:1371111
  • Litecoinのフォークブロックまで残り:○○!
  • 予想されるフォーク時間:2018年2月18日21時16分!(日本時間:2018年2月19日06時16分)
  • 保持する1ライトコイン(LTC)ごとに、10ライトコインキャッシュ(LCC)を請求することができます!

と言うようなカウントダウン方式で、なんとか盛り上げようとしています。

そんな、何かと話題のライトコインキャッシュを解説・紹介・注意事項を説明していきますね♪

いつハードフォークする(貰える)の?

ライトコインキャシュ公式サイトによると、1371111 blockに到達した時点とされています。

今のところ予定では、協定世界時で2月18日21時16分。

日本時間だと2月19日06時16分頃になります。

いくらライトコインキャッシュを貰えるの?

上記通りライトコイン保有者には、1:10の比率、つまり「1LTC」持っていると「10LCC」貰うことができます。

ただ方法は、

  1. ハードフォークが実施されるのを待ちます
  2. 保有しているライトコインを新しいアドレス(ウォレット)に移動させます
  3. 新しいウォレットから古い方のアドレス(ウォレット)で使用した秘密鍵を使って、ライトコインキャッシュを請求します

「フォークされたコイン(ライトコインキャッシュ含む)を請求するために、いかなる通貨の場合でも、保持する秘密鍵をウェブサイトやウォレットに貼り付けないでください」

と公式サイトにも書いてあるのに、秘密鍵を使ってライトコインキャッシュを請求するの…か?

ライトコインキャッシュは詐欺コイン?

ライトコインの生みの親であるチャーリー・リーは、


翻訳(意訳)すると、

ライトコイン開発チームと私(チャーリー・リー)はライトコインをフォークしていません。

あなたが聞いているハードフォーク情報は、それがライトコインに関連していると思うようにあなたを混乱させようとする詐欺です。

あなたの秘密鍵などをウェブサイトやクライアントに入力しないでください。

是非注意してください!

と、ツイッターで以上のように警告しています。

それに対して、ライトコインキャシュ公式サイトでは、以下のように反論しています。

振り込んでもらうためにアドレスは記入しないと分からないので当然ですが、どちらにしろ、秘密鍵は他人に教えるものではないです。

ご注意ください。

これは公式のライトコインプロジェクトですか?

なぜライトコインの名前を使用していますか?

いいえ違います。

私たちはチャーリー・リーや、ライトコイン開発チームとは関連性がありません。

しかし私たちは大ファンです。

そして確かに私たちはライトコインキャッシュと言う名前を使用しています。

なぜならブロックチェーンをフォークする場合、その名前の前にフォークされる仮想通貨の名前を付けるのが一般的(慣習的)だからです。


ライトコインとライトコインキャッシュの違いは?

ライトコインとライトコインキャッシュ比較

ライトコインとライトコインキャッシュとビットコインの比較



ライトコイン ライトコイン
キャッシュ
最大発行枚数 8400万LTC 8.4億LCC
マイニング
アルゴリズム
Scrypt SHA256
ブロック生成時間 2分30秒 2分30秒
Segwit 対応 対応
Lightning 対応 対応



…あまり、違わないような…。


bitFlyer
安定・安心のbitflyer
bitflyerは利用者数・通貨取引量、日本No.1!


ライトコインキャシュが貰える取引所

ライトコインキャシュ公式サイトによると、ライトコインを保有しているのであれば、誰でもライトコインキャッシュが1対10の割合で貰えるとしています。

ウォレットに預けている場合は上記参照。

取引所に預けている場合は、取引所の対応によるとのこと。

Binance (バイナンス)はハードフォーク対応の取引所を謳っていますが、今回はまだ声明など無いですね。

(本当に訳の分からない、何の仮想通貨?ってのもハードフォークでくれる有望な取引所なんですがね(笑)

交換所にライトコインが保管されている場合はどうなりますか?
交換所がライトコインキャッシュをサポートし、ライトコイン保有者に対し、自動的にライトコインキャッシュを与えることを願っています。

しかし、現在お知らせはまだありません。

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)



仮想通貨ライトコイン(LTC)を買うなら一番のおすすめ。

なにせ取引通貨は100種類以上!手数料が安い!なんと0.05%!

ただ、日本語対応も…海外(中国)の取引所なので、日本円での購入が出来ません…残念。

しかしBinance (バイナンス)は日本語対応の取引所ですし、ライトコイン(LTC)仮想通貨以外にも取引通貨は100種類以上!しかも手数料が安い!なんと0.05%!

日本事務所も構えましたし、今後は日本でもBinance (バイナンス)が仮想通貨の取引所を制覇するのではないかという勢いです。

持っていて(口座開設して)得はあっても損はない取引所と言えます。

現在Binance (バイナンス)は人気過ぎて新規登録受付停止!⇒限定受付再開を繰り返していますので、登録はお早めに♪

(本人性確認いらないし(笑)

詳しい解説は⇒Binance (バイナンス)は日本語対応の取引所で登録簡単!使い方や送金/入金方法で。

Binance(バイナンス)で口座開設



GMOコイン

GMOコイン



日本の取引所でを買うなら一番のおすすめ。

分かりやすいシステム、GMOグループの安心感、そして(Binance(バイナンス)に比べれば高いが他の日本の取引所に比べれば断然)手数料が安い!

でもスマホアプリがないなど、手数料以外は下のコインチェックに劣るのが残念。

(たまに”買い規制””売り規制”が入るのは安定を保つためと理由は分かるけど、取引所としてはどうかと…)

GMOコインで口座開設



DMM Bitcoin QUOINEX
DMM Bitcoin登録で1,000円プレゼント!
このお金でさっそくライトコインリップルを購入だ!