ICON,ICX (アイコン)仮想通貨

中国のNEO (ネオ)!韓国のICON (アイコン)!仮想通貨はまだまだ暑い!



各国の規制や取引所のトラブルをものともせず、依然として根強い人気を持つ仮想通貨。

吉凶入り混じったニュースが飛び交う中、しっかりとしたプロジェクトを持つ仮想通貨は着実に底値を上げていっています。

ここでは、比較的新しく発行されたにも関わらず非常に注目度の高い仮想通貨 ICON,ICX (アイコン)の今後や将来性について語りたいと思います。


サトウカズオサトウカズオ

ビットコインゴールドやイーサリアムクラシックを一気に抜き去り、時価総額TOP15まで上り詰めた仮想通貨。

その名はICON (アイコン)!韓国版イーサリアム

中国版イーサリアムのNEO (ネオ)とどこが違うのだろう?

ICON,ICX (アイコン)仮想通貨とは?

仮想通貨 ICON,ICX (アイコン)

通貨単位:ICX

公開日:2017年9月19日

最大供給量:400,230,000 ICX

時価総額ランキング:22位(02月02日現在)

ICONプロジェクトは、世界最大の分散型ネットワークの1つを構築しています。

ICONプロジェクトは、異なるガバナンスを持つ独立したブロックチェーンが仲介なしに相互に取引することを可能にする分散型ネットワークを構築することを目指しています。

誰でも新しいブロックチェーンプロジェクトを作成し、ネットワークに参加できます。


別名、韓国版イーサリアム

ICON,ICX (アイコン)仮想通貨とは、韓国でICOが発表されたプラットフォームです。

ブロックチェーンを利用した決済のほか、契約や取引などにも利用できることから別名「韓国版イーサリアム」とも呼ばれています。

コインの単位は「ICX」

01月末には一時仮想通貨の時価総額ランキングで15位まで上り詰めました!


中国のNEO (ネオ)、韓国のICON (アイコン)

イーサリアム(ETH)と似た使われ方をする仮想通貨として、他には中国発のNEO (ネオ)が有名ですが、ICON (アイコン)仮想通貨は中国におけるNEO (ネオ)に匹敵する存在として、発行当初から注目を集めてきました。

日本同様、仮想通貨に関心の高い人が多い韓国内でICOが行われている、という点だけみても見過ごせない仮想通貨といえそうです。

ICON,ICX (アイコン)仮想通貨にはどんな特徴があるのか、おすすめの理由などについても解説していきますね♪


まずは下の動画をご覧ください。

残念ながら日本語翻訳も、日本語字幕もありませんが、およそ2分くらいの動画ですし、だいたいの意味は分かるかなと(笑

(分からないよー!ということは引き続きブログの内容を読んでいただければ分かります♪)

ICON,ICX (アイコン)仮想通貨の紹介動画
ICON Project、Blockchain Network


ICON,ICX (アイコン)仮想通貨の魅力、メリット

病院や大学など、多様な企業が提携済み

ICON (アイコン)仮想通貨は決済や入出金のほか、両替や電子署名といった手続きを様々なコミュニティー間をまたいで利用することが可能です。

既に韓国内では証券会社や病院、大学やECサイトなど多くの企業と提携しており、証券会社で発行されたトークン(ここで言えば独自仮想通貨)をまったく別の病院で利用したりすることも可能になります。

それを可能にするのが「ICON Network」です。

ICON Networkが画期的!

スマートコントラクト技術を利用したブロックチェーンIDにより、ICON Networkにつながれたモノ同士で安全に、そして簡単に認証と署名確認を行うことが可能となります。

そのため、ICON Networkに参加している銀行や証券会社、病院や大学、ECサイトなど、個々の支払いや送金、両替も非中央集権型取引所(DEX)を介してリアルタイムに素早く実現することが可能です。

ICON Nexusとloopchain(ループチェーン)が凄い!

ICON Nexusはloopchain(ループチェーン)を基としたブロックチェーンのことで、異なるブロックチェーンコミュニティの橋渡しをする役割を果たすことができます。

ICON,ICX (アイコン)仮想通貨のICON Nexus技術

ICON Networkでは、上の図の通り、さまざまなブロックチェーンに基づく独立したコミュニティが接続されているネットワークを構成しています。

ひとつひとつは小さいコミュニティでもICON Nexusを介して結びつけることにより、異なる多数のブロックチェーンがポータル経由でNexusに接続され、より大きなコミュニティーを形成することが可能となります。

その為に、素早く安全に、そして確実に各コミュニティ間のトークンの転送や各処理を実行します。

うーん、図を見ていただくと直感的には分かると思いますが、言葉で説明すると難しいですね(笑


bitFlyer
安定・安心のbitflyer
bitflyerは利用者数・通貨取引量、日本No.1!


ICON,ICX (アイコン)仮想通貨の今後や将来性

ビットコインに引っ張られない値動きは魅力

数あるアルトコインの特徴として、基軸通貨であるビットコインの価格が下落すると引っ張られて同様に値を下げる、というデメリットがあります。

しかし、ICON (アイコン)仮想通貨はビットコインとの連動が比較的少なく、ほとんどのコインが暴落する中でも上昇傾向を見せています。

この値動きは中国のNEO (ネオ)とよく似ており、韓国勢による自国の買い支えによる底値の堅さが伺えます。


韓国の規制が緩和される2018年2月以降が狙い目

2018年に入ってから規制が入り、仮想通貨への参入が一時ストップしていた韓国ですが、1月末から本人確認などの一定の手続きを取れば取引可能となりました。

同時期にICON (アイコン)仮想通貨のメインネットが公開されたことも追い風となり、2018年2月以降に韓国勢が戻ってくれば、更に大きな上昇が期待されます

(読みが正しければ価格上昇前の今のうちに購入するのがベストと考えています…あくまでも個人的な意見ですが(笑)


ICON (アイコン)仮想通貨のデメリット

基軸通貨の影響を受けにくいぶん相場が読みにくい

ICON (アイコン)仮想通貨がビットコインの下落に影響を受けにくいというメリットは、逆に言えば(可能性は低いですが)ビットコインや他のアルトコインが上昇しているときに下落する可能性も秘めています。

中国同様、1つの国における影響が大きいコインは、その国の経済状況に左右されやすいとも言え、国際情勢的に韓国内で大きな打撃があれば値を下げてしまう可能性は否定できないところはあります。


ICON,ICX (アイコン)仮想通貨のまとめ

政治的に何かと日本と対立しがちな韓国ですが、ICON (アイコン)仮想通貨はその技術力と将来性から堅実な成長が見込まれる仮想通貨だと思います。

Binance (バイナンス)上場後も着実に値上がりしており、逆に今の仮想通貨業界への逆風下時でも下落幅は小さいです。

サトウカズオも購入したいと思える可能通貨ですね。

いや、購入します!(少額ですが…)

(この値が下がった時期だからこそ買いたい仮想通貨が多くて困るよね(笑)


DMM Bitcoin QUOINEX
DMM Bitcoin登録で1,000円プレゼント!
このお金でさっそくリップルネム(NEM)を購入だ!


ICON (アイコン)仮想通貨の現在価格とチャート

上記のような理由により、ICON,ICX (アイコン)仮想通貨は順調に値を上げています。


ICON,ICX (アイコン)仮想通貨のチャート

ICON,ICX (アイコン)仮想通貨のチャート



02月02日現在、ICON,ICX (アイコン)仮想通貨の現在価格は、およそ600円くらい、でしょうか。

一時は1,500円位まで価格は上がっていましたが、世界的な仮想通貨への逆風から、現在は少し落ち着いているかな?

しかし10月下旬時点では52円くらい!

え?!安っ!そのため価格差は、

最大28.84倍!

現在でも11.54倍!

買っときゃ良かったICON,ICX (アイコン)仮想通貨…orz

ICON,ICX (アイコン)仮想通貨の現在の価格、順調に値を上げているよね?
上の「相場推移チャートを表示」で現在のチャートが見れるよ♪


ICON,ICX (アイコン)仮想通貨を購入できる取引所

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)



ICON,ICX (アイコン)仮想通貨を買うなら一番のおすすめ。

というか、日本の取引所では未上場なので購入できません。

自然と海外取引所での購入となります。

しかしBinance (バイナンス)は日本語対応の取引所ですし、ICON,ICX (アイコン)仮想通貨以外にも取引通貨は100種類以上!しかも手数料が安い!なんと0.05%!

日本事務所も構えましたし、今後は日本でもBinance (バイナンス)が仮想通貨の取引所を制覇するのではないかという勢いです。

持っていて(口座開設して)得はあっても損はない取引所と言えます。

現在Binance (バイナンス)は人気過ぎて新規登録受付停止!⇒限定受付再開を繰り返していますので、登録はお早めに♪

(本人性確認いらないし(笑)

ただ、海外(中国)の取引所なので、日本円での購入が出来ません…残念。

そのあたりの解説は⇒Binance (バイナンス)は日本語対応の取引所で登録簡単!使い方や送金/入金方法で。

Binance(バイナンス)で口座開設



GMOコイン
日本の取引所では一番のおすすめ、zaif!
Zaifコイン積立で長期投資でのリスク軽減と安定した収益