GXShares ジーエックスシェアズ 仮想通貨

GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨…これって結構有望なのでは…



ビットコインイーサリアムなど、すっかりビッグネームになった仮想通貨以外にも、まだまだこれから伸びる可能性のあるコインがたくさん発行されています。

今回は、その中から個人情報や金融関係のプラットフォームとして注目を集めているGXShares (ジーエックスシェアズ)の今後や将来性についてご紹介していきます。


サトウカズオサトウカズオ

これ凄く便利だと思うんですよ!

送金と一緒に個人情報もブロックチェーンでやり取りするので、本人性確認や照会時間がほぼゼロに!

価格は置いといて(いや置いといたら駄目だけど)、是非実現して欲しい技術です!

GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨とは?

仮想通貨 GXShares (ジーエックスシェアズ)

通貨単位:GXS

公開日:2017年6月10日

最大供給量:100,000,000 GXS

時価総額ランキング:79位(02月06日現在)

中国発の新しいプラットフォーム

GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨とは、中国企業のGXBが開発しているプラットフォームのことです。

コインの単位は「GXS」で、2017年6月に公開されたばかりの新しいプロジェクトです。

個人情報や金融関係のブリッジ的な役割を担う

GXShares (ジーエックスシェアズ)はブロックチェーンの技術を使い、主に金融業界の手続きを円滑にする目的で開発されています。

金融業界でのブリッジ的通貨というとリップルコイン(XRP)をイメージしますが、GXShares (ジーエックスシェアズ)では送金に限らず、個人情報やさまざまなデータの取り扱いも可能にしています。

それでは次からは、GXShares (ジーエックスシェアズ)の特徴やおすすめの理由について、以下で詳しく紹介していきますね♪


本当なら分かりやすく、ここで動画を見て欲しかったのですけど、良い動画がない。

そもそも公式動画がないようだ…。

GXShares (ジーエックスシェアズ)さん、PR活動の為にも、ぜひ紹介動画作成をお願いします!


GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨の魅力、メリット

個人情報を守って安全な取引ができる

GXShares (ジーエックスシェアズ)を使って個人情報のデータを取引するというと「怪しい…?」と勘違いしそうですが、それは少し違います。

GXShares (ジーエックスシェアズ)を利用することにより、個人の同意なしに個人情報を悪用することを防いだり、照会にかかる手間を減らしたりと言ったメリットの方が大きいのです。

クレジット会社や金融系企業間で情報のやり取りがスムーズに

GXShares (ジーエックスシェアズ)は、個人のプライバシーをしっかりと保護しつつ、クレジット会社や消費者金融業者間でのデータ共有をスムーズにできるという利点があります。

GXShares (ジーエックスシェアズ)のトークンであるGXSは、GXShares (ジーエックスシェアズ)内の通貨として使用され、オンライン上のファイナンス業務を進化させるプラットフォームとして期待が持てる通貨といえます。


bitFlyer
安定・安心のbitflyer
bitflyerは利用者数・通貨取引量、日本No.1!


GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨の今後や将来性

既に多数の起業が参入している

GXShares (ジーエックスシェアズ)には既に100社を超える企業が登録しており、保険業界や銀行からも注目されています。

ネット上での決済や契約が拡大していることを考えると、今後拡大が見込まれるプラットフォームとして注目を集めるのも納得です。

チャートの伸びも堅調で将来性に期待できる

GXShares (ジーエックスシェアズ)を扱う取引所でのチャートを見てみると、ICO参入直後に大きな上下動があったものの、その後は比較的安定した値動きで推移しています。

その後2017年末から2018年1月にかけて大きく上昇し、底値をおよそ倍にして落ち着いています。

全体としては堅調に伸びており、将来性も期待できそうです。

中華圏の後押しが期待できる

こう言うと怒られる気もしますが、発行枚数(100,000,000 GXSと105,000,000 MONA)。

時価総額(79位と82位)も、価格(380円と390円)も、モナコインと似ています。

しかし、中国という巨大マーケット、中華圏やその他途上国での利用などを考えると、伸びしろとしてはGXShares (ジーエックスシェアズ)の方がリードしていきそうな気がします。

中国ではTwitterやFacebookは勿論、Googleだって使えません。

巨大な経済圏を元に独自の文化を築いています。

使われるのなら、中国独自の技術・サービスですからね。

(中国の人口もさりながら、東南アジアなどの中華圏の人口もとても多いですからね)


GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨のデメリット

好き嫌いもあるかも…

中国発の仮想通貨で消費者金融やクレジットなどファイナンス系のブリッジ通貨を目指しているというところは好き嫌いが分かれるところでもあるでしょう。

ツイートでの盛り上がりや、プロジェクトへの愛情も投資のモチベーションに影響することを考えると、万人受けする通貨ではないところがデメリットと言えるかもしれません。

(中国での盛り上がりは凄いのだけどもね、サトウカズオも中国語は読めないし(笑)


GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨のまとめ

GXShares (ジーエックスシェアズ)公式サイトで公開されているホワイトペーパーを見てもしっかりとしたプロジェクトであるという安心感があります。

またNEO (ネオ)など中国系の通貨が勢いを増していることも考えると、実際にプラットフォームを利用したいと考える企業の多いGXShares (ジーエックスシェアズ)は「試しにちょっと買ってみようかな」という考えが”アリ”なコインではないでしょうか(笑


DMM Bitcoin QUOINEX
DMM Bitcoin登録で1,000円プレゼント!
このお金でさっそくリップルネム(NEM)を購入だ!


GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨の現在価格とチャート

上記のような理由により、GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨は順調に値を上げています。


GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨のチャート

GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨のチャート



02月06日現在、GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨の現在価格は、およそ380円くらい、でしょうか。

一時は1,187円位まで価格は上がっていましたが、世界的な仮想通貨への逆風から、現在は少し落ち着いているかな?

しかし11月中旬時点では227円くらい!

え?!そのため価格差は、

最大5.23倍!

現在でも1.67倍!

買っときゃ良かったGXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨…orz

(さすがにこの価格は過小評価だと思う、実現したら凄い便利だよ)

GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨の現在の価格、順調に値を上げているよね?
上の「相場推移チャートを表示」で現在のチャートが見れるよ♪


GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨を購入できる取引所

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)



GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨を買うなら一番のおすすめ。

というか、日本の取引所では未上場なので購入できません。

自然と海外取引所での購入となります。

しかしBinance (バイナンス)は日本語対応の取引所ですし、GXShares (ジーエックスシェアズ)仮想通貨以外にも取引通貨は100種類以上!しかも手数料が安い!なんと0.05%!

日本事務所も構えましたし、今後は日本でもBinance (バイナンス)が仮想通貨の取引所を制覇するのではないかという勢いです。

持っていて(口座開設して)得はあっても損はない取引所と言えます。

現在Binance (バイナンス)は人気過ぎて新規登録受付停止!⇒限定受付再開を繰り返していますので、登録はお早めに♪

(本人性確認いらないし(笑)

ただ、海外(中国)の取引所なので、日本円での購入が出来ません…残念。

そのあたりの解説は⇒Binance (バイナンス)は日本語対応の取引所で登録簡単!使い方や送金/入金方法で。

Binance(バイナンス)で口座開設



GMOコイン
日本の取引所では一番のおすすめ、zaif!
Zaifコイン積立で長期投資でのリスク軽減と安定した収益