ChainLink (チェーンリンク) 仮想通貨


イーサリアムのスマートコントラクトは非常に効果的で有効な機能を持っていますが、万能ではありませんし、当然制約もあります。

その制約を無くすことができると期待されているのが、Chainlink (チェーンリンク)という仮想通貨です。

そんな将来性豊かで期待が持てるChainLink (チェーンリンク)仮想通貨についてご紹介していきますね♪

ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨とは?

ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨は、スマートコントラクト技術の使用性(使いやすさ)を制限する接続性の問題解決しています!


仮想通貨 ChainLink (チェーンリンク)

通貨単位:LINK

公開日:2017年9月16日

最大供給量:1,000,000,000 LINK

時価総額ランキング:98位(02月16日現在)


ChainLink (チェーンリンク、通貨シンボル:LINK)は、世界最大の金融都市であるニューヨークに本社のある「SmartContract (スマートコントラクト)社」によって開発されてきたERC20トークンのことで、イーサリアムのブロックチェーン技術を利用しています。

ChainLink (チェーンリンク)を利用すれば、ChainLink (チェーンリンク)が橋渡し役となって、銀行の海外送金システムや既存の様々なAPI(アプリケーションプログラムインターフェース)に自由にアクセスしたり、クレジットカードや海外送金を経て物を購入したりすることができます。

さらに商品などを輸入する場合の法定通貨の支払いをビットコインなどの仮想通貨で支払ったりすることも可能になります。


仮想通貨として有名なイーサリアムなどのスマートコントラクトは、ブロックチェーン技術を活用して、これまで様々な人や会社が介在しなければならなかった物やサービスに関する契約から販売、さらに決済までをこなしてくれる非常に便利なものです。

その仕組みを簡単に言えば、ブロックチェーン上にスマートコントラクトのコードを記述しておくことで、どんな取引にも対応できます。

例えば、マンションの一室を借りる場合、ブロックチェーン上にはその部屋の賃借権の情報が保管されているとします。

契約を経て、最初の賃借料が支払われると、賃借人に部屋の鍵が自動的に移転するようなスマートコントラクトコードをブロックチェーン上で契約前に記述して保管しておきます。

そして賃借人がその賃借料を実際に支払えば、部屋の鍵が不動産仲介業者を通さずに渡されるようにすることができます。

つまり不動産会社などの店舗を構えることなく、ビジネスをすることも可能になります。


ChainLink (チェーンリンク)  は外部に接続できない

スマートコントラクトは、外部リソースに接続することができません
この外部接続性の欠如は、スマートコントラクトネットワークにとって問題となっています



しかし、このスマートコントラクトだけでは外部の様々な既存システムやインターフェースに接続することができないという制約があります。

ChainLink (チェーンリンク)はこの制約を無くし、従来はダイレクトに繋がっていなかった決済システムなどのネットワーク同士を繋げてくれるミドルウェアとして活躍します。

これを分かりやすく説明すれば、陸の孤島どうしを有機的につなげてくれる便利な橋に例えることができます。

従って、様々なインターフェース間を自由に行き来して、従来は支払い不可だった仮想通貨で支払ったり、取引データや契約などのやりとり、さらにインターネット上のアプリケーション、海外送金時に世界中の銀行が利用する決済システムとして有名なSWIFTやPaypalなどにアクセスすることなども可能にする非常に優秀なツールとして役立ってくれます。


ChainLink (チェーンリンク) で外部に接続可能に

ChainLink (チェーンリンク)はネットワーク上の他のリソースに接続できるようにします



本当なら分かりやすく、ここで動画を見て欲しかったのですけど、良い動画がない。

そもそも公式動画がないようだ…。

ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨開発チームさん、PR活動の為にも、ぜひ紹介動画作成をお願いします!


DMM Bitcoin QUOINEX
DMM Bitcoin登録で1,000円プレゼント!
このお金でさっそくリップルネム(NEM)を購入だ!


ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨の魅力、メリット

ChainLink (チェーンリンク)の特徴や最大のメリットは、上記で紹介したように既存のAPIへの橋渡しとしての機能があります。

しかしその他にも重要なメリットとして「クロスチェーン」と呼ばれる大変有効な機能があります。

実はビットコインとイーサリアムは、時価総額や取引規模で常に1、2位を争うほどの通貨ですが、互いに異なるブロックチェーンを用いているために両者は繋がっていません

現状ではビットコインとイーサリアムを交換するには、わざわざ取引所で手数料を払って交換する必要があるのです。

ChainLink (チェーンリンク)はこのように異なる「チェーン」を「クロス(結びつける)」ことで、そのような面倒な処理を経なくても簡単に交換できる橋渡し役としての機能を持っているのです。

今後さらに両者の取引や交換がさかんになれば、ChainLink (チェーンリンク)の有効性はさらに注目されるでしょう。


ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨は、ICO(イニシャル コイン オファリング、仮想通貨を新規に発行して資金を調達する方法)時、ハードキャップを達成した(売り切れた)ことからも人気の高さを示しており、人々もその高い機能や将来性に多いに期待していることが伺えます。


ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨の今後や将来性

2018年2月16日現在の時価総額ランキングは、1,000を超える仮想通貨全体の中でも100位以内の98位となっています。

仮想通貨として、高い有効性と将来性を持ちながら最近はおよそ60円前後と非常に買いやすい価格となっています。

しかも上記のようなポテンシャルは高いので、価格の安い今のうちに価格上昇を狙い大量に購入。

もしくは分散投資の観点から小量を購入して中長期で保有する、という、どちらの戦略にもピッタリな仮想通貨と言えるのではないでしょうか。


bitFlyer
安定・安心のbitflyer
bitflyerは利用者数・通貨取引量、日本No.1!


ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨のまとめ

もし将来性が非常に高い仮想通貨でありながら、価格的にも手軽に買える安い「草コイン」を探しているのなら、このChainLink (チェーンリンク)仮想通貨は、その候補の一つになるのではないでしょうか。

ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨を取引できる取引所も少なく、今後大手の取引所で新規上場すれば、爆上げする仮想通貨と思うのですが…検討してみたら如何でしょうか(笑


ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨の現在価格とチャート

上記のような理由により、ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨は底堅く推移しています。


ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨のチャート

ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨のチャート



02月16日現在、ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨の現在価格は、およそ60.0円くらい、でしょうか。

一時は164.4円位まで価格は上がっていましたが、世界的な仮想通貨への逆風から、現在は少し落ち着いているかな?

しかし11月下旬時点では16.6円くらいの時も!

え?安い!そのため価格差は、

最大9.9倍!

現在でも6.1倍!

買っときゃ良かったChainLink (チェーンリンク)仮想通貨…orz

期待は大きいだけに頑張れ、ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨!

ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨の現在の価格、順調に値を上げているよね?
上の「相場推移チャートを表示」で現在のチャートが見れるよ♪


ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨を購入できる取引所

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)



ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨を買うなら一番のおすすめ。

というか、日本の取引所では未上場なので購入できません。

自然と海外取引所での購入となります。

しかしBinance (バイナンス)は日本語対応の取引所ですし、ChainLink (チェーンリンク)仮想通貨以外にも取引通貨は100種類以上!しかも手数料が安い!なんと0.05%!

日本事務所も構えましたし、今後は日本でもBinance (バイナンス)が仮想通貨の取引所を制覇するのではないかという勢いです。

持っていて(口座開設して)得はあっても損はない取引所と言えます。

現在Binance (バイナンス)は人気過ぎて新規登録受付停止!⇒限定受付再開を繰り返していますので、登録はお早めに♪

(本人性確認いらないし(笑)

ただ、海外(中国)の取引所なので、日本円での購入が出来ません…残念。

そのあたりの解説は⇒Binance (バイナンス)は日本語対応の取引所で登録簡単!使い方や送金/入金方法で。

Binance(バイナンス)で口座開設



GMOコイン
日本の取引所では一番のおすすめ、zaif!
Zaifコイン積立で長期投資でのリスク軽減と安定した収益