カルダノ/エイダコイン(ADA)

カルダノ/エイダコイン(ADA)、価格が上がると思いません?



カルダノ/エイダコイン(ADA)ですか?ええ、知っていましたよ。

当時、詐欺コインと言われていましたっけ。

ネット上の知り合いの方から「サトウさん、仮想通貨に興味ありません?ビットコインとかいう奴です。その仮想通貨でカルダノ/エイダコイン(ADA)っていう奴のプレセールをやってるのですが一緒に買いませんか?」(原文)というメッセージをいただいたことがあるので。

その時は仮想通貨に興味なかったし、信じられなかった(不安情報多く、詐欺っぽかった)ので、丁重にお断りしました。

(FXで借金あったし…(笑)

買っときゃ良かったカルダノ/エイダコイン(ADA)…orz

(いや、まぁこれに限っては警戒して当たり前、買わない人の方が普通で、その時の判断は間違っていないと思う…けど分からないものだねー…)

カルダノ/エイダコイン(ADA)とは?

仮想通貨の時価総額

仮想通貨の時価総額ランキング7位!それがカルダノ/エイダコイン(ADA)!



カルダノ/エイダコイン(ADA)は、(上記詐欺っぽいプレセールスに加え)現在時価総額第2位でもあるイーサリアム(ETH)の開発者でもあるチャールズ・ホスキンソン氏が、かかわっているということで有名でした。

カルダノ/エイダコイン(ADA)を分かりやすく言うと、CARDANO(カルダノ)と呼ばれるオンラインカジノのプラットフォームで利用される仮想通貨です。

で、そのCARDANO(カルダノ)内でエイダコイン(ADA)を使い、オンラインカジノで賭け事をして熱狂したり、プレイヤー同士でポーカー等の賭け事をして楽しんだりするときなどに使います。

要はカジノで言うチップですね。

では何でわざわざカルダノ/エイダコイン(ADA)を使うの?、現行の通貨、つまり日本円やアメリカドルで良いのでは?と思いますが、それには重要な意味があります。


通常、実際のカジノやオンラインカジノ、パチンコ・スロットも含めて賭け事というものは(運営元)胴元が勝つように設定されています。

これは当たり前のことです。

どんなに良心的なカジノでさえ、割合は55%(お店)vs45%(お客)くらいで、決して50%(お店)vs50%(お客)にはしていないでしょう。

だってそんなことをすれば継続して運営できないからです。

利益が無いと続けられません。

50%(お店)vs50%(お客)にして、運次第でカジノ運営が継続できたりできなかったりでは、オーナーや従業員(オンラインカジノの場合は技術者かな)もやってられません。

不正…と言うかどうかは別として、利用者もそれを承知で賭け事をしている、遊んでいるということになります。

(パチンコもそうですよ)

で、カジノの利用者が負けた時にでも「それは不正だ!イカサマだ!」と言っても、お店(胴元)が「そんなことはありません」と言ってしまえば、それっきりで証明しようがありません。

そんな時にカルダノ/エイダコイン(ADA)!

スマートコントラクトと言ったブロックチェーン技術を使い、公正で公平な、不正ができない場を提供します。

だって不正しようものならブロックチェーン上に記録されてしまい、後で利用者が「それは不正だ!イカサマだ!」と言って、その記録を確認すれば不正が分かってしまうからです。

そのためお店側(胴元)もプログラムを不正に書き換えることはしないでしょう。

利用者にとっても安心してゲーム(オンラインカジノでの賭け事や、プレイヤー同士のお金をかけた対戦)ができるという仕組みです。

(これで提供元(胴元)がどうやって運営資金を稼ぐかは、また別の話なのでしょう(笑)

まあ、下の説明動画を見た方が早いですね(笑

カルダノ/エイダコイン(ADA)の紹介


カルダノ/エイダコイン(ADA)の魅力、人気の理由

不正防止

上に書いてしまいました(笑

不正の無いオンラインゲーム(カジノ)で安心してゲーム(カジノ)を楽しむことができます♪

ゲームの提供

Cardano(カルダノ)はオープンソースな分散型ブロックチェーン及び仮想通貨プロジェクトです。

またのブロックチェーンプラットフォームでもあります。

別にCardano(カルダノ)内で独占しているわけではありません。

つまりCardano(カルダノ)と呼ばれるオンラインカジノ内で、この技術を使い他の企業や、もしかしたら個人でも開発したゲームを提供することができるのです。

ゲームセンターでコインを買い、そのコインでセガやバンダイナムコ、タイトーなど様々なゲームを遊べるという感じでしょうか?

コイン落としや競馬のゲームで勝てば、その対価として景品やそのゲームセンター内のコイン…とかではなくて、実際に使えるお金(仮想通貨=エイダコイン)が貰える。

ゲームセンターというよりは、ゲームのテーマパーク、その場自体がカジノとギャンブルの大きな街と言えるかもしれません。

(上手く言語化できなくてすいません)

これってゲームを提供する企業や個人にも、開発は容易で安価に、そして人が集まる場所を提供してもらえる、と言うメリットがあります

Cardano(カルダノ)側もゲームの内容が多種多彩になり、ますますCardano(カルダノ)が大きくなり活気づくというメリットがあります。

(場所代も貰うでしょうしね)

そして利用者は上記技術で安心して遊べるという、皆win-winな関係が構築できるのではないでしょうか。

bitFlyer

カルダノ/エイダコイン(ADA)のリスク、詐欺コイン?

カルダノ/エイダコイン(ADA)は当初、詐欺コインだと騒がれていました

サトウカズオはその時は仮想通貨にさほど興味なかったのですが、聞かれた(購入をすすめられた)以上、調べてみましたが、調べれば調べるほど、胡散臭い感じでした(笑

(で、買わなかったし…)

ざっと挙げるだけでも、

  • マルチ商法っぽい紹介方法
  • プレセール時の最低購入単価が1,000ドル(112,000円~115,000円)以上
  • しかも日本国内限定の先行販売
  • 情報商材販売界で悪名高き某氏がかかわっていた
  • 公開日が延期に次ぐ延期



しかし実際には延期はしましたが、きちんと上場され、しかも価格は大いに上昇しています。

カルダノ/エイダコイン(ADA)だけに言えることではなく、草コイン(どこの誰だか分からない奴が作った、今後どうなるかも分からない、価値があるかも無いかも…そもそも企画倒れでそのまま闇に消えるかも分からないコイン)に投資するにはリスクが付きまといます

まあ、そのリスクを負った人が大儲けをするのでしょうが、おすすめの投資法としては、大きくは儲けられないかもしれませんが、今の状況のように、ある程度目的、用途、方向性、皆が価値を認めた段階での投資をおすすめします。


カルダノ/エイダコイン(ADA)の今後や将来性

確かに改めて見てみると(今となっては(笑)、素晴らしいコンセプトですし、面白いアイディアです。

人は賭け事が大好きです。

欧米人はカジノに熱狂し、日本人はパチンコに夢中です。

世界のカジノの規模は約18兆円

オンラインカジノで約6兆円と、全体で約24兆円ほどの規模です。

日本のパチンコはカジノではないのでこの統計には入らず、パチンコ単体で…およそ23兆円!という市場規模です。

(どれだけ賭け事が好きなんだ日本人…、カジノ規制派は上の数字をよく見るように)

さらに世界ではオンラインゲームも流行っていて、その中のゲーム内課金は日本だけで、およそ5兆7,000億円(2016年)となっています。

日本だけでも、その内の1%がカルダノ/エイダコイン(ADA)を利用するとすれば、大変な金額です。

これって有望な市場、有望な仮想通貨、有望なカルダノ/エイダコイン(ADA)と思いませんか?

(うーん、書いていて少し悲しくなりましたが、うん有望です(涙)

bitFlyer

カルダノ/エイダコイン(ADA)の現在価格とチャート

上記のような理由により、カルダノ/エイダコイン(ADA)は順調に値を上げています。


カルダノ/エイダコイン(ADA)の価格チャート

カルダノ/エイダコイン(ADA)のチャート



01月01日現在、カルダノ/エイダコイン(ADA)の現在価格は、およそ84.0円くらい。

一時は86.0円位まで価格は上がり、今なお右肩上がりの上昇を続けています。

しかしプレセールス時は0.3円!

上場後でも約3円!

え?!安っ!そのため価格差は、

最大28.6倍!
(プレセールス時からだと286.6倍!)

現在でも28.0倍!
(プレセールス時からだと280.0倍!)

買っときゃ良かったカルダノ/エイダコイン(ADA)…orz

しかしまだ二桁の84円くらい、日本取引所上場、オンラインカジノ利用となれば価格も、うひひひひっ…、いやー楽しみだなー♪

カルダノ/エイダコイン(ADA)の現在の価格、順調に値を上げているよね?


カルダノ/エイダコイン(ADA)が買える取引所

Binance(バイナンス)

カルダノ/エイダコイン(ADA)を買うなら一番のおすすめ。

というか、日本の取引所では未上場なので購入できません。

自然と海外取引所での購入となります。

しかしBinance(バイナンス)は日本語対応の取引所ですし、カルダノ/エイダコイン(ADA)以外にも取引通貨は100種類以上!しかも手数料が安い!なんと0.05%!

日本事務所も構えましたし、今後は日本でもBinance(バイナンス)が仮想通貨の取引所を制覇するのではないかという勢いです。

持っていて(口座開設して)得はあっても損はない取引所と言えます。

(本人性確認いらないし(笑)

ただ、海外(中国)の取引所なので、日本円での購入が出来ません…残念。

そのあたりの解説は⇒Binance(バイナンス)は日本語対応の取引所で登録簡単!使い方や送金/入金方法で。

Binance(バイナンス)で口座開設



bitFlyer