Binance(バイナンス)の登録方法と使い方

Binance(バイナンス)の登録方法と使い方を説明



サトウカズオサトウカズオ

現在Binance (バイナンス)は人気過ぎて新規登録受付停止!⇒限定受付再開を繰り返していますので、登録はお早めに♪

Binance(バイナンス)で口座開設



コインチェックは確かにサトウカズオも一番最初に開設した取引所ですし、仮想通貨初心者の方には初めての取引所として断然おすすめなのは確かなのですが、

  1. 手数料が少し高い
  2. 日本では最多の13通貨取り扱いも「IOTA」や「Stellar」「Verge」など、まだ取り扱っていないコインがある
  3. ビットコインがハードフォークする時に派生したコイン(ビットコインダイヤモンドなど)を認めていない(ので”タダで”貰えない)

など、手数料は仕方がないにしても、2番目と3番目は何とかして欲しいと思っていました。

え!?ハードフォークコインが”タダ”で貰えて、100種類ものコインを取り扱っている取引所がるって!?

さっそく試してみなければ!

Binance(バイナンス)とは?評価/評判

中国の仮想通貨取引所です。

え!?中国の取引所?ということで危険かと思われるかもしれませんが、東京に事務所を構えており、有志の「金融庁の認可が下り次第、JPY(日本円)の仮想通貨ペアの取引を開始するの?」という質問に、運営側も「楽しみにしてください」と答えるなど、着々と日本進出を計っています。



取引高世界第一位!

Binance(バイナンス)は仮想通貨取引高No.1



Binance(バイナンス)は2017年12月、仮想通貨取引高、世界第一位に躍り出ました。

(日本正式進出の際には、ぜひ石橋貴明とローラにCMをやって欲しいですね(笑)

取り扱いコインは100種類以上!

日本の取引所では取り扱っていない「IOTA」や「Stellar」、「Verge」に「TRON」「ADA」など、まだまだ時価総額が低くて将来有望なコインを取り扱っています。

時価総額が上がってから(価格が上がってから)買うより、安いうちに買いたいですよね(笑

「Verge」なんかは取引内容だけではなく、IPアドレスも匿名化している匿名性仮想通貨なので、日本の取引所で取引される可能性は低いかもしれません。

本人確認なしですぐに取引可能!

Binance(バイナンス)では仮想通貨を取引しようと思ったら、本人確認なしですぐに取引できます。

一応、本人性確認(=身分認証)をしないと1日2BTC(ビットコイン)分までしか出金できないようになっています。

しかし1日2BTC(ビットコイン)って300万円とか400万円のレベルです。

サトウカズオはそこまで預けていない(取引していない)ので、まだ本人性確認(=身分認証)していません。

今のままで十分です(笑

(身分認証ってこれ日本だったら、日本に身分制度はない!ってクレームが来ますね(笑)

1日に300万円とか400万円以上の出金が必要なら免許書やパスポートなどで登録をすることで100BTCまで出金することができます。

(個人的には金融庁の認可が下り、正式に日本上陸後で良いかなと思っています、送金(入金)はできて取引もできるしね)

日本語対応!

Binance(バイナンス)は日本語対応で手数料は0.5%!

Binance(バイナンス)は日本語対応で手数料は0.05%!



中国の仮想通貨取引所ですが、ちゃんと日本語化されており、特に困ることはありません。

説明文などが変な日本語で「?」と言うこともありません。

普通に取引できますし、日本語関係で困ることはありません。

取引手数料0.05%!

これは凄いです!

コインチュエックでのアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)取引では、買う時も売る時も手数料を3%~5%取られます。

先の急落時には手数料が10%となっていたりしました。

これでは短期売買はおすすめできません、手数料負けしてしまいます。

(まあ仮想通貨は基本、短期取引ではなく長期保有戦略、通称「ガチホ(=がっちりホールドする)」なので現状、手数料以上に値上がりしているから問題ないけど、手数料は少なければ少ないほど良いよね)

上記の図のように通常手数料は0.1%なのですが、Binance(バイナンス)発行のBNBというトークンで支払うことによって手数料は0.05%となります。

他の取引所を一周して帰ってくるとBinance(バイナンス)の手数料の安さに驚かされます。

ハードフォークしたコインを貰える

国内の取引所でビットコインを預けていてもハードフォークしたコインは貰えません。

しかしBinance(バイナンス)ではは、ビットコインゴールドやビットコインダイヤモンドなど、ビットコインからハードフォークしたコインを普通に付与してくれます。

ビットコインゴールドなんかは、価格も凄く上昇して時価総額ランキングでは10位だったり11位だったりしています。

これが(“タダ”で)貰えるか貰えないかは、大きな違いです!

なぜ日本の場合、ハードフォークしたコインが貰えないかと言うと日本仮想通貨事業者協会がハードフォークしたコインの取り扱いを自主規制しているからです。

当然、日本の仮想通貨取引所はこの日本仮想通貨事業者協会に加入していますので、日本の取引所でハードフォークしたコインが”タダ”で貰えることは今後も無いでしょう。

これは、日本の取引所に預けている場合じゃねー!

ってことでサトウカズオもさっそくビットコインをBinance(バイナンス)に送金(入金)しました。

Binance(バイナンス)で口座開設



Binance(バイナンス)の登録方法

Binance(バイナンス)公式サイトにアクセスします。


Binance(バイナンス)への登録

右上の登録をクリック



Binance(バイナンス)公式サイト右上の「登録」をクリック。

スマートフォンの方は、まだスマホ対応画面では日本語対応されていないようなので「Register」|「Login」の「Register」をタップしてください。

(分かりやすい英語、単語だけなので、スマホでも取引には問題ないかと思われます)


すると下記のようにな画面が出てきますので、図の通りに入力してください。


Binance(バイナンス)への登録2

メールアドレスとパスワードを記入



メールアドレスは、gmailでも問題ありません。

サトウカズオもgmailで利用できています(笑

パスワードは、

  • 8文字以上
  • 英数字混合
  • 大文字も必要

となっていますので、この機に使いまわしでない、新しいパスワードで記入してみてください(笑


登録が完了したら「メール検証」という画面に切りまわります。

スマホだと英語のままですが、どのみちここで終了なので問題ありません。

画面を閉じても結構です。

しばらくすると登録したアドレスに「【Binance】Confirm Your Registration」という題名のメールが着ます。

英語ですが、簡単です。

下の図のようにメールを開いて「Verify Email」をクリックしてください。


Binance(バイナンス)からのメール

メールが着たらクリックするだけ



メールを開いて、リンクをクリックして登録完了です。

これでBinance(バイナンス) https://www.binance.com/ログインが出来るようになります。

トップページの上記にあった図のように、今度は右上の「ログイン」から入っていきます。

画面が切り替わり、ログイン画面になります。

Please check that you are visiting https://www.binance.com
(https://www.binance.com に訪問していることを確認してください)

↑をクリックorタップ

そして、「メールアドレス」と「パスワード」を入力して「ログイン」ボタンを押します。

おめでとうございます!

本人性確認が必要ないので、もう取引できます(笑


Binance(バイナンス)で2段階認証を設定

登録後、パソコンからログインすると、2段階認証を求めるポップアップのようなものが表示されます。

(ただしスマホからは出てきません。別途自分で2段階認証を設定するか、パソコンからログインしてください)

(出てこない場合は下の図のように「Google検証」を選んでください)


Binance(バイナンス)では必ず2段階認証を設定しよう!

2段階認証を設定しよう!上の図では既に2段階認証設定済みです



Binance(バイナンス)は海外(中国)の取引所ですし、必ず設定しておきましょう。

まあ、Binance(バイナンス)に限らず、仮想通貨取引所では必ず設定しておくべきです。

自分自身の身を、大切なお金を守るためです。

コインチェックでも、zaifでも、ビットバンクでも、BitFlyerでも、GMOコインでもやることは同じです。


Binance(バイナンス)の2段階認証は「携帯検証」「Google検証」の2つがあります。

しかし残念ながらSMSでの「携帯検証」は中国のみなので、素直に「Google検証」を行います。

GoogleだったらGooglePlayから、iPhoneだったらAppStoreから「グーグル認証」と入力すれば出てくるはずです。

(Binance(バイナンス)上では「Google検証」と書いてあるけど、アプリは「Google認証システム」だよね(笑)

さっそくインストールしましょう。


インストールが終わり、Google認証システムを起動したら、「バーコードをスキャン」を選択します。

Binance(バイナンス)に表示されているQRコードを読み取ってください。

6桁の数字が表示されるので、その数字を「4.二次検証コードを入力してください」と書いてある入力欄に記入し、「確認」ボタンを押します。

はい、設定完了です♪

2段階認証のまとめ

  1. Google認証システムアプリをダウンロード
  2. Google認証システムで表示されているQRコードをスキャン
  3. Binance(バイナンス)ログイン時のパスワードを入力
  4. Google認証システムアプリに表示された6桁の数字を入力
  5. 確認ボタンを押す

これで認証の設定は完了です♪

Binance(バイナンス)で口座開設



Binance(バイナンス)への送金/入金方法

無事ログインできたことですし、次は使い方を解説していきます。

取引も行える状態になりましたが、送金(入金)しないことには取引できませんね(笑


Binance(バイナンス)は中国の取引所(海外の取引所も同様)ですから、日本円を入金して購入…とはいきません

ビットコイン(BTC)を送金(入金)しての取引となります

ここが唯一と言えるデメリットでもありますし、ちょっと敷居が高いですね。

そんなの嫌だ―!という人はコインチェックをおすすめします。

まあコインチェックは、ビットコイン(BTC)の送付にも使いますので必須です。

口座開設されてない方は少ないと思いますが、まだの方はクリック⇒コインチェック(笑

この口座開設希望者で込み合っている時期でさえ、3日で本人確認完了ハガキが到着するなど(アルトコインの手数料以外は)おすすめな仮想通貨取引所です(笑

話がそれました…、Binance(バイナンス)への送金(入金)方法です。


Binance(バイナンス)の送金/入金方法

Binance(バイナンス)への送金(入金)方法は難しくないよ



一番上のバーの右側あたりの「資産」⇒「預金の引き出し」をクリックしてください。

ずらずらずらーーっと、仮想通貨・コインが並んでいます。

その数100種類以上!

もう数えるのが面倒くさいレベルです(笑

で、送金したい仮想通貨・コインの列の右側の「預金」をクリックすると、受け取りアドレスが表示します。

(「預金」の右隣の「お引き出し」が出金ですね(笑)


次に、上記で表示されたBinance(バイナンス)側の受け取りアドレス宛に、国内の取引所から送金します。

国内での取引所をまだ開設されていない方は、日本の取引所では取り扱い通貨が豊富なコインチェックで口座開設されることをおすすめします。

コインチェックで口座開設



コインチェックもビットコインの手数料”は”安い部類に入りますので、安心して購入してください(笑

コインチェックでビットコインを既に持っている、購入済みと言う方は、コインチェックからBinance(バイナンス)へ送金します。


コインチェック(coincheck)からの送金方法

Binance(バイナンス)への送金(入金)方法は難しくないよ



上の図のように「コインを送る」⇒「ビットコインを送る」を選択。

新規ラベル:Binance

新規宛先:Binance(バイナンス)で表示されたBTC預金アドレス

を記入し、後は「金額 (BTC)」を記入してOKです。


Binance(バイナンス)からの出金方法

Binance(バイナンス)からの出金方法も簡単です、難しくはありません。

Binance(バイナンス)への送金/入金方法の逆をすれば良いだけです。

コインチェックの画面から「コインを受け取る」⇒「ビットコイン」⇒「ビットコイン通常入金用アドレス」

に表示されている入金用アドレスをコピーして、今度はBinance(バイナンス)側の「お引き出し」をクリック。

BTC お引き出しアドレス:コインチェックで表示されたビットコイン入金用アドレス

利用可能:ご利用可能額

を記入して「提出する」を押すだけです(笑

送金/入金/出金方法まとめ

Binance(バイナンス)利用時の送金/入金/出金方法をまとめますね。


入金・取引開始時

  1. 国内の取引所(コインチェック等)からビットコイン(BTC)をBinance(バイナンス)へ送金
  2. Binance(バイナンス)でビットコイン(BTC)を元手に他の仮想通貨・コインを購入



取引終了・出金時

  1. 国内の取引所で取り扱っている通貨・コインはそのまま、取り扱っていない通貨・コインの場合は、いったん売却してビットコイン(BTC)に換金
  2. Binance(バイナンス)から国内の取引所(コインチェック等)へビットコイン(BTC)を送金


Binance(バイナンス)で口座開設



Binance(バイナンス)のアフィリエイト方法

はい、正直に書きます。

Binance(バイナンス)はアフィリエイトもやってます。

このブログ経由でBinance(バイナンス)で口座開設して、仮想通貨取引をしてくれるとサトウカズオが喜びます(笑

どこかで口座開設されるなら、下のBinance(バイナンス)で口座開設をクリックしてやってください(笑

Binance(バイナンス)のアフィリエイト方法は、


Binance(バイナンス)アフィリエイト

Binance Referral Programをクリック



Binance(バイナンス)のトップ画面から、上の図のようにBinance Referral Programをクリック。

そこに表示されたURLが、あなたのアフィリエイトコードになります。

Binance(バイナンス)で取引をして、その取引記録をブログやツイッターなどに「ADA(エイダ)コインに栄光あれ!」と書いてアフィリエイトコードを貼れば、加入してくれる…かも?


サトウカズオも、とりあえずビットコイン(BTC)を少額ですがBinance(バイナンス)に預けてみました。

ビットコイン(BTC)はこれからもハードフォークが予定されていますので、ハードフォークしたコインが貰えるのを楽しみにしています♪

まあ、これは「棚から牡丹餅」なので置いておいて、サトウカズオはCardano(カルダノ)=ADA(エイダ)コインとVerge(ヴァージ)に興味を持っています。

所詮出遅れましたが、もっと上がるのではないかなーっと…。

どちらも日本の取引所では取り扱っていません


また、Binance(バイナンス)の上記通り、東京に事務所を構えました。

金融庁の許可が下り次第、日本の取引所として”日本円”で多数の通貨・コインが買えるようになるかもしれません。

あとはやっぱり手数料がね…。

1通貨=120円として手数料5%だと約6円

Binance(バイナンス)だと手数料0.05%で約0.06円

日本の取引所とBinance(バイナンス)、100倍違いますよ…(涙

Binance(バイナンス)で口座開設



bitFlyer