仮想通貨ネオ(NEO)

中国版イーサリアムとも呼ばれるが、その性能が凄い!中華パワーで価格上昇中!



サトウカズオサトウカズオ

中国版イーサリアムとも呼ばれている仮想通貨ネオ(NEO)ですが、その実、他の仮想通貨の良いとこ取りで何でもできてしまうネオ(NEO)

さらには中国人の人口パワーで盛り上がりまくってます

サトウカズオは独断と偏見ですが、安心しておすすめできる仮想通貨として、リップル(XRP)ネム(NEM/XEM)イーサリアム(ETH)を推しています。

(上昇の余地は大きく、下落の可能性は少ない)

だったら中国版イーサリアムとも呼ばれている仮想通貨ネオ(NEO)も大注目です。

仮想通貨ネオ(NEO)とは?

仮想通貨時価総額ランキング

仮想通貨の時価総額ランキング12位!それが仮想通貨ネオ(NEO)!



中国版イーサリアム(ETH)とも呼ばれている仮想通貨ネオ(NEO)ですが、その理由はスマートコントラクト機能を搭載した仮想通貨だからです。

中国初のパブリックブロックチェーン(*1)として2016年の10月に誕生した当初はAntShare(アントシェア、通貨単位:ANS)と呼ばれていましたが、2017年06月にネオ(NEO)に名称変更しました。

(アリさんマークで可愛かったのですが…残念)

まあ、下の説明動画を見た方が早いですね(笑

(*1)
央管理者がおらず、不特定多数のネットワーク参加者が取引を認証していくブロックチェーンのこと。

仮想通貨ネオ(NEO)の紹介


仮想通貨ネオ(NEO)の魅力、イーサリアムとの違い

中国版イーサリアムとも呼ばれている仮想通貨ネオ(NEO)ですが、だったらイーサリアム(ETH)で良いのでは?と思うかもしれません。

いえいえいえ、そこは中国。

素直にイーサリアムを使っては中国人のプライドが許しません。

さらにイーサリアムとは違いこんなこともできるのです!

他の仮想通貨の良いとこ取り

後発に位置する(比較的新しい)仮想通貨だけあって、機能盛りだくさんです。

そこはさすが中国と言うしかないかもしれませんが、もうこれは他の通貨にできることはネオ(NEO)にもできる!というレベルです。

  • スマートコントラクト
  • スマートファンド
  • 予測市場
  • 広告市場
  • データ交換
  • 知的財産取引
  • 自動トークンプロバイダ
  • ソーシャルネットワーキング

ざっと挙げただけで上記がありますし、まだまだ書ききれないくらいあります。

驚くべきは仮想通貨Augur(REP)の未来予測機能も搭載していることです。

これは簡単に言うと、みんなの個々の考えを集結させてそこから未来予測を行うというものです。

(三人寄れば文殊の知恵、数万・数十万の事象が集まればより正確な未来が予測できるという品物です)

開発言語が豊富

イーサリアムは、イーサリアム独自のプログラミング言語を用いるため、開発のハードルが高く、開発者が少ないのが現状です。

またこれが難しい言語らしく、バグチェックも容易ではないようです。

逆にネオ(NEO)は、C言語やC++、JavaやPythonと言った、サトウカズオでも聞いたことがあるような一般的な言語に対応しているため、開発者にとっても難解なイーサリアム独自のプログラミング言語を新たに覚える必要がなく、ネオ(NEO)の開発環境にスムーズに入っていける、開発のハードルが低いという点が挙げられます。

そのため、凄い勢いでプラットフォーム開発とかが進められています。

中国経済圏

中国当局はお金のキャッシュレス化を進めています。

その時使われる(採用される)仮想通貨はなんでしょう?

ビットコイン(BTC)?イーサリアム(ETH)?中国と言うことでトロン(Tron)

少なくても、ビットコインやイーサリアムが選ばれる可能性は低いでしょう。

いまさら選ばないでしょうしね。

中国ではTwitterやFacebookは勿論、Googleだって使えません。

巨大な経済圏を元に独自の文化を築いています。

採用されるなら仮想通貨ネオ(NEO)の可能性高くないですか?

正式採用されなくても、何らかにはかかわっていきそうです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨ネオ(NEO)のリスク

ネオ(NEO)は中国発の仮想通貨であり、中国を中心に発展している仮想通貨でもあります。

中国の人口と経済力により、爆発した時の加速力(価格上昇力)は凄いのですが、なにせ中国。

中国当局の仮想通貨への規制次第では一気にしぼむ可能性もあります。

現に記憶に新しい、2017年09月のICO取引(仮想通貨を発行して行う資金調達方法)の禁止、仮想通貨規制でネオ(NEO)も影響を受け、価格を下げています。

よって中国当局の思惑次第とも言えます。


仮想通貨ネオ(NEO)の今後や将来性

中国はブロックチェーン技術を推進

ただ上記の仮想通貨ネオ(NEO)のリスクに関連してですが、誤解してほしくないのは、中国は仮想通貨に対して否定的な国ではないと言うことです。

ここはサトウカズオが中国当局に聞いた話ではないので一概には言えませんが(当たり前)、中国当局がICO取引禁止し、仮想通貨を規制したのは

  • 投資家保護
  • 違法行為排除
  • 金融市場の安定

のためです。

中国人民元が仮想通貨に流れ、中国人民元の国外流失、元安を防ぐという面があったのは否定しませんが、そこはなにせ中国。

仮想通貨が儲かると分かると一気に過熱し、一時は中国国内で行われたICOのおよそ9割は詐欺コイン(しかもそのまま持ち逃げ)という有様でした。

普通はね、違法か合法化の線引きを曖昧にするため「一応頑張りました、でも技術的・仕様的に無理でした、ごめんなさい」で撤退するのに、ICO終了したら即サイトを含む痕跡を消して逃げた例が数えきれないほどありました。

(いつぞやの株券売り規制の力業は凄かったですが、まあこれは多少納得できます)


逆に中国は仮想通貨と言うか、ブロックチェーン技術には非常に前向きです。

2016年から2020年間の第13次5カ月年計画でブロックチェーン技術による中国全分野のデジタル化の推進を修正項目として盛り込んでいます。

ブロックチェーン技術が推進されると言うことは、その技術の応用先の一つに過ぎない仮想通貨も当然推進されていくはずです。

(ブロックチェーン技術で仮想通貨を使わずに中国人民元を使っても、メリットはほとんどないですからね)

スマートコントラクトに基づく中国版イーサリアムとも言えるネオ(NEO)は逆に今まで以上に注目を浴びる通貨と言えるかもしれません。

むしろ中国だけではなく、華僑を中心とした東アジア、東南アジアでも盛り上がっていて、利用シーンがどんどん増えてきているのが現状です。

中国人は同族意識が強いですからね、日本のMONAコインと同様に、いや人口比(普通の人口+仮想通貨人口)でそれ以上に仮想通貨ネオ(NEO)を推しまくっています。

調整面はあるかもしれませんが、長期保有、投資目的としてはリスクの少ない、かつリターンが大きい通貨と言えます。

AIによる今後の仮想通貨ネオ(NEO)予想

参考として元マイクロソフトのコンサルタントだったクリフ・ハイ氏が開発したコンピュータによる未来予測プログラム「ウェブボット」の最新仮想通貨相場予測を紹介しておきます。

あくまでも参考にね♪

ネオ(NEO)は、スマートコントラクトに基づく中国版イーサリアムである。

中国当局による仮想通貨の厳しい取り締まりにもかかわらず、ネオ(NEO)は上昇するという。

これは中国当局と仮想通貨との新たな関係が始まるからである。

いまのところ、この関係が何を意味しているのかよく分からない。

さらに2018年01月になると、ネオ(NEO)はもっと急速に上昇する。

これは、02月の冬の時期に始まる仮想通貨のお祭り騒ぎのような上昇の前触れになるとされている。

この1カ月で3倍まで上昇していますが、まだまだもっと急速に上昇するそうです。

楽しみですね♪

bitFlyer

仮想通貨ネオ(NEO)の現在価格とチャート

上記のような理由により、仮想通貨ネオ(NEO)は順調に値を上げています。


仮想通貨ネオ(NEO)のチャート

仮想通貨ネオ(NEO)のチャート



01月05日現在、ネオ(NEO)の現在価格は、およそ12,200円くらい。

一時は12,800円位まで価格は上がり、今なお右肩上がりの上昇を続けています。

しかし年初は13円くらい!

え?!安っ!そのため価格差は、

最大984.6倍!

現在でも938.5倍!

買っときゃ良かった仮想通貨ネオ(NEO)…orz

しかし100,000円くらいまでは行くのではないかなーと秘かに思ってます。

むしろ技術的に、使用的に、コミュニティの盛り上がりを見ても、行かない理由があまりないと思います。

仮想通貨ネオ(NEO)の現在の価格、順調に値を上げているよね?


仮想通貨ネオ(NEO)が買える取引所

Binance(バイナンス)

仮想通貨ネオ(NEO)を買うなら一番のおすすめ。

というか、日本の取引所では未上場なので購入できません。

自然と海外取引所での購入となります。

しかしBinance(バイナンス)は日本語対応の取引所ですし、仮想通貨ネオ(NEO)以外にも取引通貨は100種類以上!しかも手数料が安い!なんと0.05%!

日本事務所も構えましたし、今後は日本でもBinance(バイナンス)が仮想通貨の取引所を制覇するのではないかという勢いです。

持っていて(口座開設して)得はあっても損はない取引所と言えます。

(本人性確認いらないし(笑)

ただ、海外(中国)の取引所なので、日本円での購入が出来ません…残念。

そのあたりの解説は⇒Binance(バイナンス)は日本語対応の取引所で登録簡単!使い方や送金/入金方法で。

Binance(バイナンス)で口座開設



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


FX取引ならヒロセ通商へ FXダイレクトプラス
トルコリラ円FX投資をするなら今でしょ!