トルコリラ円スワップFXブログ-高金利通貨でスワップ生活

トルコリラ・メキシコペソ円スワップ生活
FXプライムbyGMO口座1ヶ月目を中身を公開!

高金利通貨でスワップ生活1ヶ月目

サトウカズオのFX取引状況は、このトルコリラ円スワップFXブログやtwitter(トルコリラ&メキシコペソ円スワップ生活)で正直に公開&報告していますが、資金管理がめちゃめちゃ(他の口座はレバレッジ高めで、証拠金は出し入れ、スワップポイントも引き出したりしています)なので、きちんと皆様に報告できる形で新たに始めたFXプライムbyGMOでの高金利通貨でスワップ生活。



1ヶ月経ちましたので、経過を報告します。


まずは下が1ヶ月前のスタート時、3月1日時点でのポジション状況です。

(正確には2月28日に少し値が下がったところで注文を出し開始したら、直ぐ刺さったので28日スタート(笑)


スタート時のポジションと注文状況

FXプライムbyGMOでのスタート時のポジションと注文状況




そして途中経過、3月10日時点のポジション状況が下記。


FXプライム2018年3月10日時点でのポジション

FXプライムbyGMOでの3月10日時点のポジションと注文状況



そして現在、4月1日時点のポジション状況が下記となります。


FXプライム2018年4月1日時点でのポジション状況

FXプライムbyGMOでの4月1日時点のポジションと注文状況




詳しくは下記で説明しますが、トルコリラ円・メキシコペソ円両方に影響するドル円は、リスク回避目的での安全資産と言われる円買いにより若干のドル安円高に。

(一時104円台をさまよっていた状況ですので、これでも随分と持ち直していますが…)

トルコリラ円は、政治・外交・地政学リスクからトルコリラ安に。

メキシコペソ円は、メキシコ関係のリスク後退によりメキシコペソ高が進んでいます。


収支(運用結果)で見ていくと、

トルコリラ円は、為替差損が発生しており、76,660円のマイナス

一方スワップポイントは、16,594円のプラス!

トルコリラで合計60,066円の損益!


メキシコペソ円は好調で、為替差益は42,400円のプラス!

スワップポイントも、14,850円のプラス!

メキシコペソで合計57,450円の利益!

結果、トルコリラ・メキシコペソ合計では2,616円の損益!となっています。

…残念(涙!


FXプライムbyGMO

↑スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪


円高トルコリラ安メキシコペソ高が進んだ理由

このブログではトルコの経済指標(更新頻度:ほぼ毎回)や、クロス円全般に影響を与えるアメリカの経済指標(更新頻度:中)。

ほとんど影響を与えないけど与えたときには書く日本の経済指標(更新頻度:小)

政策金利発表やポジティブな記事、メキシコの経済指標(更新頻度:小)を書いています。

上記からブログにタイトル通り(トルコリラ円スワップFXブログ)、トルコに関する記事がメインとなってしまいますが、今回為替に影響を与えた経済指標関連の記事って、金融政策は現状維持で金利も据え置きとなった、トルコ2018年3月政策金利発表



トルコ2017年12月失業率と1月経常収支

発表時は1トルコリラ=27.1円と史上最安値を更新しました。

今はもっと進んでいますけどね…(涙



両国とも強い数値となり、それぞれトルコリラ高・ドル高へと進んだトルコとアメリカ2017年10-12月期GDP



くらいでしょうか。

しかし!正直言うと、先月は各国の経済指標がどうとかと言う話ではなくて、政治的な動き、特にアメリカ・トランプ大統領の動き次第の為替相場でした。

ある意味(逆の意味で)トランプ相場の復活ですね。

トルコリラ・メキシコペソ、日本円も含め値(為替相場)が動いたのは、トランプ大統領が鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の追加関税を課す考えを表明したことにより、保護貿易⇒貿易摩擦激化⇒貿易戦争への懸念からリスク回避のドル売り円買い新興国通貨売り(ドル安円高トルコリラ安メキシコペソ安)が進みました。

この関税、当初は中国を狙い撃ちにし打たものかと思われましたが、トランプ大統領はすべての国に適用すると表明。

トルコ・メキシコ・日本は、結構な割合でアメリカに鉄鋼等を輸出しています。

トルコリラ・メキシコペソは経済への影響、及びリスク回避目的で売られ、逆に日本円は同じく経済への影響はあるものの、同じくリスク回避目的で買われました

しかし、この関税については、メキシコはNAFTA(北米自由貿易協定)の関係で適用外

NAFTA(北米自由貿易協定)再交渉でアメリカが何を言ってくるのかと言う不安はあるものの、安心感からか徐々にメキシコペソ高が進んでいきました。

しかしトルコ・日本はそのまま適用となり、特に日本は対日貿易赤字削減・貿易不均衡是正からのドル安円高誘導政策への警戒感から、トルコリラ安・円高はますます進んでいきました。


潮目が変わったのは、こちらも外交・地政学リスクの後退から。

上記貿易戦争について、アメリカと中国が水面下で交渉を開始していることが表面化。

貿易戦争への警戒感も後退し、リスク回避姿勢も後退しました。

さらに北朝鮮の金委員長とアメリカのトランプ大統領との会談も予定される中、北朝鮮の金委員長と中国の習主席が極秘会談。

朝鮮半島を巡る地政学リスクも後退したことにより、それぞれ円安トルコリラ高メキシコペソ高が進みました。

と言っても、メキシコペソはともかく、日本円とトルコリラの戻りは鈍く、上値は重い状態です。


うーん…、このトルコリラ円スワップFXブログと言うタイトルからは外れますが(笑)、今おすすめするというとトルコリラが不安定な分、安定感が光るメキシコペソかなー。

投資には「卵は一つのカゴに盛るな」と言う個人でできるリスク回避仕法があるように、トルコリラ・メキシコペソ半々くらいで始める方が良いかも…。



FXプライムbyGMO

↑スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪




今後も皆さんに公開&報告できるよう、ポジポジ病(追加ポジション注文)や、証拠金(保証金)を引き出したい(出金したい)のを我慢して、



のように複利運用積立投資を行っていきます。

うん、人にすすめる以上まずは自分が実践していかないとね♪


今後はFXプライムbyGMO口座を使って報告していきます。

FXプライムbyGMOはメキシコペソ円も取り扱いを開始し、今週もメキシコペソ円スワップポイント比較ランキングで1位でしたから、丁度良いです。

FXプライムbyGMOさん、今後もサトウカズオを含め、全国の高金利通貨スワップポイント派の為に頑張ってくださいね♪

でも一応競争ですので、下にトルコリラ・メキシコペソのスワップポイント比較ランキングを載せておきます。

是非、参考にしてみてください。




サトウカズオサトウカズオ

銀行の普通預金金利:0.001%

トルコリラなら年利30%以上、メキシコペソでも年利25%以上も十分可能!

まだ銀行にお金預けているの?

トレイダーズ証券[みんなのFX] FXダイレクトプラス
【毎週更新】トルコリラメキシコペソ南アフリカランドのスワップポイント比較ランキングを掲載中