仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain,DRGN)

ディズニーのプライベートなブロックチェーンプラットフォームとして誕生した仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain,DRGN)が熱い!



サトウカズオサトウカズオ

仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain,DRGN)がBinance(バイナンス)の新規上場してよ投票で、第3位!

今まで4位~5位でも上場していたことを考えると、ベスト3に入ったドラゴンチェーン(Dragonchain)のBinance(バイナンス)への上場の可能性は大!これは価格が上がる!と言えるのでは?

仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)価格上昇中!

Binance(バイナンス)第5回新規上場してよ投票

仮想通貨時価総額ランキング43位にして、Binance(バイナンス)新規上場してよ投票第3位!それが仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)



通常、ブログ記事の構成として「仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain,DRGN)って何?」という紹介から入るのですが、一番訴えたいこと、重要なことなので、一番最初に持ってきました。

確かにこのドラゴンチェーン(Dragonchain,DRGN)、ICO(仮想通貨を発行する際の資金調達方法)では大人気でした。

ICOの9割以上が「詐欺」という現状、上記のように「ディズニー発祥の仮想通貨」という信頼もあってか好評のうちに終了しています。

でも、その時の認知度はまだまだでした。

(すいません、その時はサトウカズオも知りませんでした)

年末年始になり、このドラゴンチェーン(Dragonchain,DRGN)の検索件数が、そしてドラゴンチェーン(Dragonchain)目当てでこのブログに来る人が増えています。

では何故この仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain,DRGN)が注目なのかと言うと、世界三大仮想通貨取扱所でもあり世界第一位にもなったことのあるBinance(バイナンス)で新規上場してよ投票、第3位となった仮想通貨なのです(01月05日締め、第3位)。

Binance(バイナンス)への新規上場の可能性大!となったからでしょう。

1位、2位とは大差がついてしまいましたが(笑)、通常ベスト3は新規上場されているので「Binance(バイナンス)に上場される(取引可能になる)のでは?」という期待からなのでしょうね。

ええ、世界三大取引所への上場ともなれば取引量も増え、一気に価格が上昇することは歴史が証明しています。

現に、現在価格も急上昇中なのです。

12月初旬45円だった価格が、今現在540円くらいに上昇してますよ、10倍は普通になっていますね。

怖いな仮想通貨!凄いぞドラゴンチェーン(Dragonchain)!

しかもディズニーとのかかわりがあるドラゴンチェーン(Dragonchain)。

人気が出ない訳がない!

乗らなきゃ!このビックウェーブに!

Kucoin(クーコイン)で口座開設しドラゴンチェーン(Dragonchain)を購入



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer

仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)とは?

既存のプラットフォームとは異なり、ドラゴンチェーンではデータを完全に管理することができます。

機密性の高いビジネスロジックとスマートコントラクト機能は独自のものです。


ディズニーのプライベートブロックチェーンプラットフォーム

仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain,DRGN)は、もともとディズニーのプライベートなブロックチェーンプラットフォームとして、2015年にディズニーのシアトルオフィスで開発されたもの」です。

これは事実。

しかし今後、ディズニーランド内の公式仮想通貨になるとか、ディズニー関連で事業が展開されるとかの情報は今のところありません。

仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain,DRGN)を管理する非営利団体であるDragonchain Foundation(ドラゴンチェーン財団)にも出資しているとか、資金援助しているとかも確認できていません。

そのため、ドラゴンチェーン(Dragonchain,DRGN)はディズニーが開発した仮想通貨ですが、今後ディズニー関連で利用されるかどうかは分かりません

しかし…、


仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain,DRGN)とディズニー

Disney Open Sourceにドラゴンチェーン(Dragonchain)が!



これって期待できるのではないですかね?違いますかね?

(ああー買いたいなー、お金いくらあっても足りないな~♪)

開発言語が豊富

ドラゴンチェーン(Dragonchain)は、JavaやPython、Node、C#と言った、サトウカズオでも聞いたことがあるような一般的な言語に対応しています。

そのため、開発者にとって新たなプログラミング言語を覚える必要がなく、ドラゴンチェーン(Dragonchain)の開発環境はスムーズに展開される、と言えます。

つまり、コスト面と市場対応スピードで大きな利点となり得ます。

安全で柔軟性の高い構造

  • サーバーレスシステムとスマートコントラクト
  • スマートコントラクトライブラリ機能
  • 高度な通貨の実装
  • あらゆる通貨に対応
  • 安全性―ビジネスデータと事業の保護
  • 高いスケーラビリティ―によるAmazon AWSやGoogleとの展開

まあ、下の説明動画を見た方が早いですね(笑

仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)日本語吹き替え版


bitFlyer

仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)の現在価格とチャート

上記のような理由により、仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)は順調に値を上げています。


仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)のチャート

仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)のチャート



01月08日現在、ドラゴンチェーン(Dragonchain)の現在価格は、およそ540円くらい。

一時は610円を超えていました。

しかし12月初旬の段階では45円!

え?!安っ!そのため価格差は、

最大13.6倍!

現在でも12.0倍!

買っときゃ良かった仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)…orz

いや、まあ…、Binance(バイナンス)の新規上場してよ投票で上位にくるまで知らなかった通貨だけどね(笑

この通貨をICOの時から知っていた人って、本当に仮想通貨のことを勉強しているか、ディズニー好きな人ですね♪

ただ…、他の通貨の兼ね合いもあり実用性はもっと先にならないと分からないですが、話題だけで人気が出そうな(=価格上昇)通貨です。

仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)の現在の価格、順調に値を上げているよね?


仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)が買える取引所

Kucoin(クーコイン)

仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)を買うなら一番のおすすめ。

というか、日本の取引所では未上場なので購入できません。

自然と海外取引所での購入となります。

しかしKucoin(クーコイン)は日本語対応の取引所ですし、仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain)以外にも取引通貨は70種類以上!しかも手数料が安い!なんと0.1%!

持っていて(口座開設して)得はあっても損はない取引所と言えます。

(本人性確認いらないし(笑)

ただ、海外(中国)の取引所なので、日本円での購入が出来ません…残念。

そのあたりの解説は⇒Kucoin(クーコイン)は日本語対応の取引所で登録簡単!使い方や出金/入金方法で。

Kucoin(クーコイン)で口座開設



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer


トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ 岡三オンライン証券_くりっく365
【毎週更新】トルコリラメキシコペソ南アフリカランドのスワップポイント比較ランキングを掲載中