仮想通貨ダッシュ(DASH)

匿名性の高さと取引(承認)スピードが売りの仮想通貨ダッシュ(DASH)



仮想通貨ダッシュ(DASH)。

リップルコイン(XRP)ではタイトルに仮想通貨という文言を付けませんでしたが、何故ダッシュ(DASH)ではわざわざ付けたかと言うと…。

だって付けないと某農業男子アイドルの職業って何?農林水産業?という長寿番組の番組名で検索されちゃうから。

仕方ないね、知名度が断然違うから…。

このブログ記事は仮想通貨ダッシュ(DASH)の特徴やメリット、リスクなどについて解説していきます。

仮想通貨ダッシュ(DASH)とは

仮想通貨の時価総額

仮想通貨の時価総額他ランキング8位!それがダッシュ(DASH)



無数にある仮想通貨の中でも他の通貨にはない特長をもっているのが、ダッシュ(DASH、取引単位:DASH)です。

仮想通貨ダッシュ(DASH)は、初めて公開された2014年にはダークコイン(Darkcoin)という名称でした。

しかし、2015年に改名されてダッシュ(DASH)となりました。

この改名の理由は明らかにされていませんが、ダークコインのダークが闇社会で使われるようなイメージを持たせるために改名に至ったとする説もあります。


ちなみにダッシュ(DASH)の発行上限枚数は2,200万枚です。

ビットコインの2,100万枚とほぼ同じ発行上限枚数です。


ダッシュ(DASH)の特徴と目的

ダッシュ(DASH)は“匿名性の高さ”と”取引スピード(承認スピード)の速さ”が特長として挙げられます。

ビットコインとそれ以外の仮想通貨(アルトコイン)の2つに分けられる仮想通貨ですが、ダッシュ(DASH)はアルトコインの一つに分類されています。

アルトコインとは、Alternative Coin(代替コイン)を略した名称のことで、ビットコイン以外の暗号通貨は全てこのアルトコインに属します。

しかし、アルトコインもそのほとんどはビットコインを元に開発されており、根本的な仕組みとしてはビットコインと大差ありません。


また、仮想通貨は目的別に分類すると、実際の決済を主目的としている通貨と、イーサリアムに代表される通貨技術をベースに契約など様々な目的や用途に利用されるプラットフォームの提供を主目的とする通貨の2通りがあります。

ダッシュ(DASH)はビットコインやライトコインと同様に、実際の決済を目的として開発されたデジタル通貨の仲間であり、実際のお金の代わりに決済されるための通貨として作られています。

特にダッシュ(DASH)は即時決済できることにこだわった通貨で、商品やサービスの購入の他、投資や送金といった様々な役割を低コストでこなすことのできる通貨です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer

ダッシュ(DASH)の魅力やメリット

次にダッシュ(DASH)の魅力やメリットなどについて解説していきます。

高い取引上の匿名性

ダッシュ(DASH)の大きな魅力やメリットとしてその高い匿名性が挙げられます。

ビットコインを利用すると利用者のアドレスや送金・受取といった取引の流れが公開されてしまうという課題がありました。

ダッシュ(DASH)は匿名性を確保するために「Darksend(ダークセンド)」という形式を採用しています。

これはコインミキシングという手法であり、ダッシュ(DASH)を送受信する際に管理ノードでシャッフルして受信したコインを受信者に送金するという方法です。

一つ一つの取引を複数の取引と混合させた上でまとめて送金処理が行われるがために、誰が送金したのかを判らなくするシステムとなっています。

取引スピードの速さ

ダッシュ(DASH)のもう一つの大きなメリットとして挙げられるのが、取引スピード(承認スピード)の速さです。

ビットコインの場合、送金にかかる処理時間は約1時間、イーサリアムで約2分かかりますが、なんとダッシュ(DASH)は4秒で処理が完了します。

この驚異的な処理スピードの実現は、「InstantX」という機能によるもので2015年に導入されました。

この機能では、分散されたコンピュータの中から承認用のマスターノードを選びだし、そのマスターノードに承認作業をさせることで処理スピードを飛躍的に高めることを可能にしています。

高いセキュリティレベル

ダッシュ(DASH)は処理時におけるセキュリティの高さも特筆できます。

「X11」という11種類のハッシュ関数を組わせたハッシュアルゴリズムの採用により、複数のハッシュ関数を利用するためにセキュリティの大幅な向上を実現しています。


ダッシュ(DASH)のリスク

一方、ダッシュ(DASH)にも注意すべきリスクがあります。

それはメリットとなっている匿名性の高さゆえ、ダークマーケットや麻薬の密売組織といった反社組織によるマネーロンダリングに利用されるリスクがあります。

そのために各国の政府から利用規制がなされる可能性がゼロではない仮想通貨でもあります。

もしそうなれば価格の暴落や一時的な価値の低下を招く恐れも出てきます。

しかし、今のところそのような兆候は見られませんので、もしダッシュ(DASH)への投資を考えている方はその特徴を頭の隅に入れておき、関連するような情報の有無について定期的にチェックしたほうが良さそうです。

bitFlyer

ダッシュ(DASH)の将来性

ここへきてダッシュ(DASH)には相次ぐ提携や利用促進を期待できるような環境が整ってきています。

2017年07月には世界最大手のIT企業であるApple社から取引対象となる仮想通貨として認められました

アップルストアの公式ウィレットアプリでダッシュ(DASH)がリリースされ、これを受けてダッシュ(DASH)の相場は高騰しました。

また、現在およそ30%のシェアを誇るビットコインATMサービスの大手取引所であるLamassu社と提携したことでも高騰を見せています。

日本では六本木といった都内を中心にATMが設置され、世界中にダッシュ(DASH)が認知され始めています。

このような傾向が続けば、今後はこれまで以上に価格が上昇し、時価総額が拡大していくことになるでしょう。


ダッシュ(DASH)の現在価格とチャート

上記のようなことがあり、ダッシュ(DASH)は順調に値を上げています。


仮想通貨ダッシュ(DASH)のチャート

仮想通貨のダッシュ(DASH)チャート



12月26日現在、ダッシュ(DASH)の現在価格は、およそ133,000円くらい。

一時は180,000円を超えるか!というところまで上昇しましたが、クリスマス休暇を控え手仕舞いする投資家がいたのか、一時期よりかは値を下げています。

しかし1年前はおよそ1,200円。

最大150倍!

現在でも110倍!

買っときゃ良かったダッシュ(DASH)…。

が、実用的で目的がはっきりとしており、提携企業の大きさから今後も期待が持てます♪


仮想通貨ダッシュ(DASH)のまとめ

他の通貨にはない特長として匿名性が高く、取引スピードも高いダッシュ(DASH)は、今後も大きな需要が見込まれる仮想通貨です。

ボラティリティが高い通貨ではありますが、大きな利益も期待できますので分散投資で少量ずつ投資していくというスタイルで臨みたい通貨とも言えます。


ダッシュ(DASH)が買える取引所

Binance(バイナンス)

仮想通貨ダッシュ(DASH)を買うなら一番のおすすめ。

なにせ取引通貨は100種類以上!手数料が安い!なんと0.05%!

下のコインチェックは安心おすすめの日本の取引所なのですが、手数料は変動制で安くて3%、だいだい3%~5%くらいです。

ただ、日本語対応も…海外(中国)の取引所なので、日本円での購入が出来ません…残念。

でもまあ、日本事務所も構えましたし、持っていて(口座開設して)得はあっても損はないです。

(本人性確認いらないし(笑)

詳しくは⇒Binance(バイナンス)は日本語対応の取引所【手数料激安】登録/送金/入金方法の使い方を説明

Binance(バイナンス)で口座開設



コインチェック

コインチェック取引所

コインチェックの取引通貨は全13種類



やっぱりコインチェック(笑

登録簡単、3日でハガキ到着⇒取引開始、分かりやすいシステム、見やすいスマホアプリと初心者におすすめです。

「初めて仮想通貨を購入するのにはぴったり」と言えます。

ただアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)を購入する時の手数料は比較的高いので、慣れたらBinance(バイナンス)で買った方が良いでしょう。

(逆に言えば手数料以外の文句・クレームをほぼ聞かないですね)

でも取引通貨は全13種類と国内では、ここでしか買えない通貨があるので開設せざるを得ない最初の取引所と言えます。

ちなみに、コインチェックだと100万までは盗難による補償サービスもあるので安心です♪

コインチェックで口座開設



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer


トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ 岡三オンライン証券_くりっく365
【毎週更新】トルコリラメキシコペソ南アフリカランドのスワップポイント比較ランキングを掲載中