仮想通貨投資の始め方

仮想通貨投資、この流れに乗らなきゃ!このビックウェーブに



[2018年01月02日大幅加筆修正!ほぼ新作(笑]

サトウカズオが仮想通貨に興味を持つ前は、ビットコイン(BTC)が100万円を突破した時も「へ~」という感想でしたが、今ではリップルコイン(XRP)が250円を突破しても喜ぶのではなく、「早いよ、もっと買い増しさせてよ!」と思うようになった今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

何が言いたいかと言うと、

知っているor知らない
興味があるor興味はない
投資をしているor投資はしていない

随分と(機会損失の)差があるということです。

先行者利益…、まぁ仮想通貨の場合は、知っているか、興味があるかの差だった訳ですが、このページを見られているということは少なくとも仮想通貨に興味があると言うことですよね?

まだ間に合います、2017年は仕込みの時期でした。

(サトウカズオも仮想通貨買ったのは2017年12月からです)

飛躍するのは、ジャンプするのは2018年です。

恥ずかしいけど言いますよ、「いつ仮想通貨始めるの?今でしょ!」

仮想通貨とは何か?

仮想通貨とは、実体のない仮想のお金のことで、インターネット上で発行・取引されている通貨(コインとも言う)のことです。

その仮想通貨ですが、サトシ・ナカモトという開発者により2009年に発表された論文を基にブロックチェーンという暗号化技術により成り立っており、通貨の種類は現在約1,000以上にも上ると言われています。

この技術は、その通貨の売買など様々な取引データをネット上で記録させ、そのデータは通貨を保有する他の複数のユーザーから監視されているという仕組みとなっています。

それはなぜか?

ユーザーに成りすますような不正があっても、この監視する仕組みにより防ぎ、安全保つためです。


同じネット上のお金である電子マネーと似ているように思う方もいるかもしれませんが、仮想通貨はそれ自体で通貨として独立して取引可能な点で大きく異なります。

仮想通貨は、FXのような投資商品として売買したり、お金として商品やサービスの購入もできます。


仮想通貨を購入する場合はインターネット上にある「取引所」と呼ばれるところで、日本円など実際の通貨により購入することができます。

この取引所は日本をはじめ、様々な国に開設されています。

実際の購入は、取引所でアカウント開設をし、銀行振込や値っと振り込み、クレジットカード決済などを通じて自分のアカウントに入金すればすぐに取引することができます。

仮想通貨の税金

尚、仮想通貨の取引を通じて得た利益や含み益が発生した場合の税金ですが、株式などの取引と異なり、雑所得扱いとなります。

詳しくは税務署や関連情報サイトなどで確認してみてください。

(後日まとめて書いていきたいと思います)

かまいたち「仮想通貨始めてみたら?」
リスクはちょこっと、チャンスはドーーーン!


仮想通貨の魅力やメリット

仮想通貨はFXのようにネット上で売買できる便利な通貨ですが、FXにはないメリットや特長があります。

そのメリットをご紹介していきましょう。

通貨としての高い実用性や利便性

仮想通貨には普通の通貨にはない高い実用性や利便性があります。

まず、インターネット上で24時間いつでも、世界のだれとでも取引できます。

銀行や国が発行などに一切関係しないので、為替にあるような国の金融政策やマーケット情報により翻弄され、価格が大きく上下に揺さぶられる心配がありません。

(別の理由で値が大きく動くことはありますが…)

また、銀行を通さないことで手軽に格安で、なおかつ短時間で海外送金することもできます。

高いボラティリティと短期間で大きく儲かる可能性

仮想通貨の大きな魅力の一つが、数か月から数年という短期間で価格が急騰し、大きな利益を手にできる可能性があることです。

例えば、数ある仮想通貨でも世界で一番有名なビットコイン(BTC)は、たったの数年間で10万倍という信じられないほどの急騰を見せましたし、Verge(バージ,XVG)1年間で最大37,125倍!もの上昇となりました。


1日あたりのボラティリティ(価格変動)が高いために取引チャンスが多いのもメリットと言えます。

これは特に短期トレード主体の投資家にとっても旨みの大きい通貨です。

発行上限と高い希少性

ほとんどの仮想通貨は発行できる上限が予め決められており、出回るほど希少性が増していくというのが特長です。

(注:発行上限無しの通貨もあります)

従って、通常の通貨のように大量に発行されることで、その通貨価値が大きく目減りしたり、インフレを引き起こすといったことが起こりません

また、日々新しい仮想通貨が誕生しているので、発行直後の値が低い時に仕込んでおけば、短期間で急上昇して大きな利益を得ることも考えられます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer

知っておくべき仮想通貨のリスクやデメリット

高いボラティリティと短期下落リスク

高いボラティリティ(価格変動)はメリットとして既にご紹介しているので矛盾すると思われるかもしれませんが、値動きの荒さはリスクであると同時に取引チャンスにもなるといった相反する側面があります。

投資初心者の方は、短期間で利ザヤを稼ぐための売買を行うといった無理はせずに中長期、少なくとも数年は保有するつもりで取引したほうがいいでしょう。

(いわゆる「ガチホ」(=がっちりホールドして手放さない)戦略です)

反対に短期で利益を上げたい方には、一日あるいは数週間で大きく値が動く仮想通貨は利益を上げるチャンスがたくさん潜んでいるといえます。

詐欺コイン(通貨)の存在

仮想通貨とは、誰でも簡単に発行できるために詐欺通貨には気を付ける、と言うことを考えなければなりません。

日々新しい通貨が誕生しているため、中には本物の通貨とできるだけ多く交換し、その直後に消滅するようなものもあります。

投資初心者の方は特に出たばかりの新しい通貨や取引量・市場が極端に小さい通貨には手を出さないようにし、なるべく取引規模の大きい通貨に限定投資することで詐欺通貨に遭遇するリスクを緩和できます。

課題となっている取引所の顧客資産管理と安全性

既存通貨との交換により手に入れる仮想通貨ですが、そのようにして顧客から預けられた資産と取引所の資産を分けて「分別管理」するという仕組みがまだ徹底されているとは言えないのが現状です。

従って、たとえ取引所が顧客資産の分別管理をおこなっていると説明していても、どこまで信憑性があるのかがわかりません。

日本では、金融庁が2017年04月に資金決済法改正を通じて法整備をおこない、取引所は業者登録制になりました。

しかし、顧客資産の分別管理や海外の取引所では法整備がそこまで進んでいない国や業者もあり、まだ改善の余地がたくさんあると言えます。

このため、情報サイトなどでおすすめの取引所に関する最新の情報やニュース、ランキングなどをチェックしながら、できるだけ取引規模が大きい取引所を何社かに分散したりして取引するなど自衛手段を取る必要があるかもしれません。

かまいたち「そもそも仮想通貨とは?」
リスクはちょこっと、チャンスはドーーーン!


仮想通貨の今後と将来性

これだけ高騰しており、盛り上がっている仮想通貨の今後や将来性ですが、さらに発行機関や新しい取引所、さらに一般の利用者を増やしていきそうな勢いがあります。

その理由としては、これだけ取引参加者が増えているとはいえ、将来の潜在的な取引参加者全体からすれば参加者は未だわずかだからです。

今後は仮想通貨の取引を傍観してきた大口個人投資家だけでなく、機関投資家なども巻き込めばさらなる高騰を見せるかもしれません。

また、ここにきて大手金融機関やIT系企業もこぞって新規通貨の発行や仮想通貨の会社への出資などを通じて仮想通貨に本格参入すると表明してきています。

今後ますます仮想通貨の取引高や通貨の種類が増えていく可能性は十分に高いと言えるでしょう。


例えば海外では、仮想通貨のランキングでトップグループの一角を占める「リップルコイン(XRP)」にはすでにGoogleが出資しています。

日本国内に目を向けると、みずほフィナンシャルグループやゆうちょ銀行、地銀数十行の連合で新規の仮想通貨「Jコイン」の構想を打ち出しています。

また、2017年度中に三菱UFJフィナンシャルグループの仮想通貨である「MUFGコイン」の新規発行を予定しています。

このMUFGコインの場合、ビットコイン(BTC)などと異なり、1コインを1円の価値を持たせる決済手段として発行する予定となっていますが、これまで仮想通貨とは縁遠い一般の利用者も巻き込む可能性があり、仮想通貨の認知度が上昇し、既存の仮想通貨の価値を押し上げる効果があると言えるでしょう。

bitFlyer

仮想通貨のまとめ

仮想通貨は、その代表格とも言えるビットコイン(BTC)などをはじめ、ここへきて急騰を見せ、いくつかの仮想通貨はバブルの状態であるとも言われています。

しかし、仮想通貨に限らず、どのような通貨でも急騰を見せれば値ごろ感が出るところまで調整が進む(暴落する)のはいわばマーケットの常識です。

たとえ一時的に大きな調整が入り、下落する通貨が現れても、中長期では仮想通貨全体として、潜在的にまだまだ上昇していくポテンシャルがあると言えるでしょう。

株やFXなどで投資に慣れている方だけでなく、投資初心者の方でもリスクを過度に恐れる必要なく、余剰資金の範囲で少額投資をすることで、仮想通貨の魅力を触れながら大きな利益を手にできるチャンスがあるのが仮想通貨です。


仮想通貨が買える取引所

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)



仮想通貨を買うなら一番のおすすめ。

なにせ取引通貨は100種類以上!手数料が安い!なんと0.05%!

さらにビットコインゴールドやビットコインダイヤモンドなど、ビットコインからハードフォークしたコインを普通に付与してくれます。

ただ、日本語対応も…海外(中国)の取引所なので、日本円での購入が出来ません…残念。

でもまあ、日本事務所も構えましたし、持っていて(口座開設して)得はあっても損はないです。

(本人性確認いらないし(笑)

詳しくは⇒Binance(バイナンス)は日本語対応の取引所で登録簡単!使い方や送金/入金方法

Binance(バイナンス)で口座開設



ビットフライヤー

ビットフライヤーbitFlyer



日本国内最大の通貨取引量、ユーザー数を誇り、世界第14位の取引所、それがビットフライヤー

資本金も国内最大で安心して預けられます。

またアルトコインの手数料はごにょごにょながらも、ビットコインなら手数料も安い!

(参考:ビットフライヤーを利用しながら手数料を削減する方法⇒Changelly(チェンジリー)を使うことで手数料はビットフライヤーの1/10!?)

あ、クレジットカード決済での購入はクレジットカード分の割り増し手数料が発生するのでダメですよ♪

ビットフライヤーで口座開設



コインチェック

コインチェック取引所

コインチェックの取引通貨は全13種類



やっぱりコインチェック(笑

登録簡単、3日でハガキ到着⇒取引開始、分かりやすいシステム、見やすいスマホアプリと初心者におすすめです。

「初めて仮想通貨を購入するのにはぴったり」と言えます。

ただアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)を購入する時の手数料は比較的高いので、慣れたらBinance(バイナンス)で買った方が良いでしょう。

(参考:コインチェックを利用しながら手数料を削減する方法⇒Changelly(チェンジリー)を使うことで手数料はコインチェックの1/10!?)

逆に言えば手数料以外の文句・クレームをほぼ聞かないですね。

でも取引通貨は全13種類と国内では、ここでしか買えない通貨があるので開設せざるを得ない最初の取引所と言えます。

ちなみに、コインチェックだと100万までは盗難による補償サービスもあるので安心です♪

コインチェックで口座開設



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer


トレイダーズ証券[みんなのFX] FXダイレクトプラス
トルコリラ円FX投資をするなら今でしょ!