トルコリラ円スワップFXブログ-好数値・堅調

ドル円は一時112円台を回復!
終値も111円94銭と好位置を維持



先週のドル円は、米中貿易協議が進展し、対中国制裁関税の引き上げが延期されたこと。

アメリカ10-12月期の国内総生産(GDP)が前期比年率+2.6%と市場予想を大きく上回ったことから、ドル買い円売り(ドル高円安)が進みました。

結果、終わってみれば前週比で1円28銭程度のドル高円安となりました♪

2月25日週のFX自動売買の実績

トラッキングトレードやiサイクル注文、ループイフダンにトラリピでオーストラリアドル/円

トライオートFXで豪ドル/円とアメリカドル/円、そして豪ドル/NZドル(とトルコリラ/円)で運用中のFX自動売買の実績の先週一週間の取引実績は+30,492円となりました。

通貨別・FX自動売買システムソフト別では…、

オーストラリアドルの実績

トラッキングトレード
先週比+2,234円

iサイクル注文
先週比+2,036円

トライオートFX
先週比+2,248円

トラリピ
先週比+2,040円

ループイフダン
先週比+1,859円




オーストラリアドルでのFX自動売買システムソフト別の実績・利益、設定については【毎週更新】FX自動売買おすすめランキングをご覧ください。


米ドル/円、豪ドル/NZドル

トライオートFX
トライオートFX全体22,323円-豪ドル分2,248円=先週比+20,075円




となっています。

豪ドル/NZドル・ドル/円は好調ですね♪

はやくトルコリラによる-1,600万円分を取り戻したいです!

しかしいったい、いつになるのやら…(涙


FX自動売買システムソフトの仕組み上、当初の含み損は仕方がないでしょう。

これからポジションの新規⇒決済を繰り返して、徐々に含み損を解消。

最終的に利益を生み出すシステムとなってくれれば良いです。


しかし、ほんと為替って上がったり下がったりですね。

小さな幅のレンジ相場、大きな幅のレンジ相場の中を行ったり来たりしています。

まあ、このままレンジ相場が続いてくれるならば、管理人的にも大助かりです♪

自動リピート型注文の自動売買システム(トレード)上、一時的な評価損は仕方がないので、設定はこのままで。

要は損切りにあい、確定損にならなければ良いのです。

(損切りは指定していないので、損切り=強制決済=確定損=退場となる訳ですが…)

FX自動売買システムがどのように変わっていくか、不安でもあり楽しみでもあります♪


あ、”ほったらかし”で利益を出す・儲けるのが目的ならば、トライオートFXのおすすめ自動売買をインヴァスト証券に訪問し、直に聞いていますので、良かったらこちらも読んでみてください♪


2019年2月25日週のまとめ

先週のドル円は、

【ネガティブ材料】
●各国中央銀行ハト派へ傾斜

●中国・欧州・インド経済の鈍化懸念
⇒世界経済の鈍化懸念は現実味を帯びている

●トランプ大統領「強すぎるドル求めず」とFRB批判


【ポジティブ材料】
●強いアメリカの経済指標
⇒アメリカ10-12月期GDPは予想以上!

●世界的株高
⇒ナスダック総合指数は10週連続の上昇!

●米中貿易協議の進展・期限延長への期待

●イギリス、EUからの離脱時期延期の可能性高まる


【中立材料】
●アメリカ利上げ休止の可能性

●アメリカ利上げ継続の可能性

⇒結局はデータ(経済指標)次第


と、ネガティブ材料よりもポジティブ材料が勝り、結果ドル円はドル高円安展開となりました。

結局ドル円では、週の終値はおよそ1ドル=111円94銭と、先週の終値110円66銭から1円28銭程度のドル高円安となり、この週の取引を終えています。

米朝首脳会談

ベトナム・ハノイで2月27-28日に渡って行われた米朝首脳会談は、合意に達することができず物別れに終わりました。

一部報道によると、北朝鮮は制裁の完全な解除を要求する一方、非核化については寧辺の核施設の廃棄以外の譲歩には応じなかった、とのこと。

リスク進行で円高が進むかと思われましたが、逆にトランプ大統領が安易な合意をしなかったからか、市場への影響は軽微でした。

アメリカ10-12月期GDP

アメリカ連邦政府機関閉鎖の影響で延期されていた、アメリカ10-12月期の国内総生産(GDP)は前期比年率で、

07-09月期:+3.4%
市 場 予 想:+2.2%
10-12月期:+2.6%!

と前期実績は下回ったものの、市場予想を大きく上回ったこと。


さらに2月シカゴ購買部協会景気指数も、

01月実績:56.7
市場予想:57.5
02月実績:64.7

と、こちらも市場予想を大きく上回ったことから、ドル買い(ドル高)がさらに進む結果となりました。

米中貿易協議の進展

3月1日に期限を迎える対中国制裁関税の引き上げなどを巡る米中貿易協議にて、トランプ大統領やクドロー国家経済会議(NEC)委員長がそれぞれ、

「米中貿易協議がかなり進展した」

「中国への関税引き上げを延期する」

と表明。

さらに一部報道によるとアメリカ政府高官から

「3月中旬に開催予定の米中首脳会談で貿易協定案署名も可能」

との見解を明らかにしたことから、リスク回避姿勢は後退。

リスクオン(リスクを取ってでもリターンを得る)の円売り(円安)が進みました。


結果ドル円は、112円台を回復し、さらに112円07銭-08銭まで上昇。

結局ドル円は、111円93銭-94銭でこの週の取引を終えています。

ドル円の推移

先週のドル円推移は、110円35銭-36銭から112円07銭-08銭でした。

ちなみに先々週のは、110円38線-39銭から110円94線-95銭です。

さらにその前の週は、109円68銭-69銭から111円12銭-13銭です。

参考までにその前は、109円42銭-43銭から110円15銭-16銭です。

ひとつおまけに前週、108円49銭-50銭から109円73銭-74銭です。

もうひとつおまけで、109円14銭-15銭から109円99銭-110円です。


トラッキングトレード

スプレッド+手数料最狭!
一番儲かるFX自動売買最有力候補!

2019年3月4日週の予想

今週のドル円は、底堅い推移が予想されます。

米中貿易戦争解決への期待や、弱いユーロ(ユーロ安ドル高⇒結果円安)が続くとみられることから、ドル高地合いは続くとみられます。

しかしドル買い(ドル高)材料も乏しく、上値は重い展開が予想されます。


今週の重要なアメリカ・日本のイベントは、

03月05日のアメリカ:2月 ISM非製造業景況指数

03月08日のアメリカ:2月 雇用統計

などが予定されています。

また欧州でも03月07日に欧州中央銀行(ECB)理事会が開催され、政策金利の発表があるなど、今週は月初めと言うこともあり、重要イベントが目白押しとなっています。


欧州中央銀行(ECB)理事会では、政策金利の据え置きが予想されているため、ここではやはり月に一度のお祭り(笑)、アメリカ雇用統計について語ります。

失業率
01月実績:4.0%
市場予想:3.9%

非農業部門雇用者数(前月比)
01月実績:+30.4万人
市場予想:+18.5万人

平均時給(前年同月比)
01月実績:+3.2%
市場予想:+3.3%

と、なかなか強気な予想となっています(汗

市場予想を上回るようだと、利上げ観測も再燃し、ドル買い(ドル高)材料となるでしょう。

米中貿易協議

米中貿易協議については、上記通り合意に向けて進展が見られたようですが、中国側が核心的利益で大幅に譲歩するとも思えません。

中国側の技術移転・補助金制度などにおける米中協議が長期戦となった場合、リスク回避としての安全通貨としてドルが買われやすい(ドル高になりやすい)状況となるでしょう。

アメリカ経済指標

今週はアメリカ2月ISM非製造業景況指数、2月雇用統計など、重要経済指標の発表が予定されています。

各指標が市場予想を大きく上回れば、追加利上げ期待からのドルへの支援材料(ドル高)となる見込みです。

ドルは年初来最高値更新中

ドル円は1日、1ドル=112円台を回復し年初来最高値を更新しました。

新たなドル買い材料が出てこなければ、一定の目途を達成したことで上値は重くなることが予想されます。

今週のレンジ予想

今週の予想レンジは、110円00銭から113円00銭までと予想します。

ちなみに先週は、109円50銭から112円50銭という予想でした。

(1ドル円為替見通しブログの1管理人の予想ね)


ループイフダン

30,000円キャッシュバック!
オリジナルレポートプレゼント

FX(外国為替証拠金取引)の感想

普通首脳会談となれば、まずは事務方が詳細を詰めて合意に達し、あとは署名するだけと言うイベント的な催しで行うものですが、今回の米朝首脳会談は違ったようです。

上記通り、金正恩委員長の法外な直談判?により交渉は決裂。

朝鮮半島を巡る地政学リスクは払拭されず、リスク要因の円高になり得たのですが…市場は冷静そのもでしたね(笑

金委員長は平壌からハノイまで列車で。

トランプ大統領も飛行機ですが地球を半周して行った割には、成果は乏しいものでした。

ただ継続協議は続けられるそうですし、決裂したからと言って、北朝鮮が再び大陸間弾道ミサイルをぶっぱなす…とは思えないので、また市場も忘却の中に消えていくのでしょうね。


しかし、ベトナム近くのインドとパキスタンという核保有国同士で軍事衝突が起こっています。

民間航空機はパキスタン上空や、インドとの国境近くを避けて飛んでいることからも、南アジアの地政学リスクも高まりつつあります。

ただ…こちらも市場は冷静そのもですね…。


株価はNYダウ平均は前週比0.02%安とわずかながら10週ぶりに反落し、10週連続の続伸とはならなかったものの高値圏(26,000ドル台)で推移しており、昨年10月3日に付けた史上最高値(26,828.39ドル)に近づいてきています。

ナスダック総合指数は前週比0.90%高と10週連続の続伸を記録。

S&P500も0.39%高と5週連続の続伸となっています。

年初来ではNYダウ平均が11.10%高。

ナスダック総合が13.52%高。

S&P500が11.08%高と、かなり値を戻しています。


さらに注目の恐怖指数(VIX指数)は13.57と、昨年2018年12月24日に付けた36.07の3分の1近くまで低下。

先週の13.51と比べても…、僅かながら上昇も、ほぼ横横展開と言って良いでしょう(笑

(通常は10から20の間で推移する指数です)


市場も投資家も落ち着きを取り戻しつつあります。

この勢いで株高ドル高金利高展開となって欲しいものですね♪

個人的には特にアメリカ株価は本当に頑張れー!

(どこにでもある1ドル円為替見通しブログの1素人管理人の意見ですからね!)


FX自動売買運用設定時のドル円相場は、

短期:107円~114円程度のレンジ相場
長期:105円~115円程度のレンジ相場

と予想します。

(管理人は現在12円の想定変動幅を取っており、プラスマイナス12円まで耐えられます)


当たり前ですが、やはり為替って上がったり下がったりです。

小さな幅のレンジ相場、大きな幅のレンジ相場の中を行ったり来たりしています。

お金は儲けることよりも、失わないようにすることの方が重要です。

精神安定のためにも、お金を損しないためにもレンジ幅は広く、大きく取ることをお薦めします。

トレイダーズ証券みんなのFXトルコリラ セントラル短資FX
【毎週更新】アメリカドル南アフリカランドのスワップポイント、FX自動売買のランキングも掲載中!