トルコリラ円スワップFXブログ-好数値高評価

トルコ2017年4-6月期四半期国内総生産(GDP)は数値が錯綜していたけど…良い数値に♪

トルコ2017年4-6月期四半期国内総生産(GDP)

トルコ統計局は、2017年第2四半期(04月~06月)の経済成長に関するデータを発表した。

トルコ経済は、2017年第2四半期(04月~06月)において5.1パーセント成長した。

生産から見た2017年第2四半期(04月~06月)における名目国内総生産(GDP)の推計値は、16.3パーセント増の7342億100万リラ(日本円で約23兆4531億円)であることが明らかになった。

2017年第2四半期(04月~06月)の農業部門の総付加価値は、2016年第2四半期(04月~06月)に比べ、4.7パーセント増加した。

2017年第2四半期(04月~06月)の工業部門の総付加価値は、2016年第2四半期(04月~06月)に比べ、6.3パーセント増加した。

2017年第2四半期(04月~06月)の建設部門の総付加価値は、2016年第2四半期(04月~06月)に比べ、6.8パーセント増加した。

2017年第2四半期(04月~06月)のサービス産業部門の総付加価値は、2016年第2四半期(04月~06月)に比べ、5.7パーセント増加した。




トルコ2017年04-06月期四半期GDP

前期(01-03月期)実績前年比+5.0%、市場予想同+5.3%に対し、実績同+5.1%!


市場予想は下回ったものの、前期比実績を上回り、しかも5%超と言う数値は良い数値と言えるのではないでしょうか。

その証拠に部門別でみると、サービス産業部門は6%近く、工業部門は6%超え。

建設部門に至っては7%近い数値となっています。

この数値を見る限り、建設ラッシュに沸き、

トルコ政府の後押し施策もあり工業は順調に伸び、

サービスが伸びているということは国内消費も伸びており、

今までの産業である農業も堅調に伸びている様子が伺えます。

うん、トルコ経済は順調だ!

FXプライムbyGMO

高スワップポイント&約定力100%の完全約定!
キャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!
↑スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪


4-6月期四半期GDPを受けてトルコリラ

トルコ2017年4-6月期四半期GDPの結果、トルコリラがどうなったかと言うと…。

10銭程度のトルコリラ高円安…。

微妙…、この上昇自体がトルコのGDPによるものなのか、

北朝鮮が大陸間弾道ミサイルを発射しなかったこと、

それを受けてリスク回避姿勢が後退⇒ドル買い円売り新興国通貨買い(ドル高円安トルコリラ高)が進んだことが原因なのか良く分からないですね。

ただ、ドル/トルコリラを見る限りトルコリラの強さ底力が見て取れます。

分かりやすくすると、トルコリラ>ドル>円のいうな図式になっています。

リスク回避時の新興国通貨売りの割にはトルコリラは売られず(トルコリラ安にならず)、リスクオンになるとトルコリラはしっかり買われて(トルコリラ高になって)います。

つまり、トルコリラは強くなった!

(安い時にもっと買っておけばよかった…)



トルコリラ円取り扱いFX会社を選定する際にとても重要な最新のトルコリラ円スワップポイント比較ランキングを作成していますのでを見てくださいね♪

TOPページを下にスクロールすると出てきます。

トルコの政策金利は(2017年08月27日)現在8.0%

事実上の政策金利である後期流動性貸出金利は12.50%となっています。

高金利通貨として人気のオーストラリアドルやニュージーランドドル、そして南アフリカランド。

最近人気を高めつつあるメキシコペソなどの他の高金利通貨に比べてもスワップポイントが高く、大きな見返りが期待できる魅力が人気となっています。

昨年からトルコリラ円で1位2位を争う高スワップポイントを維持し続けている管理人おすすめのFXプライムbyGMO(←スワップポイント高くておすすめしていたらタイアップしてくれたよ♪)。

FX取引高5年連続世界第1位!と本気を出してきたGMOクリック証券

1通貨から購入が可能!トルコリラ複利運用積立投資に最適なSBI FXトレードがおすすめです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑


GMOクリック証券 マネーパートナーズ
スワップポイントはいつでも引き出し(出金)可能!