トルコリラ円スワップ生活-貿易赤字経常赤字

もっと良い数値だと思っていたのに微妙に悪い数値だなー



中堅工業国を目指すトルコ。

その為にはこの鉱工業生産を上げていかなければいけないのですが…。

前回(前月)のトルコ01月の鉱工業生産は持ち直しただけに、今回はいかに!

トルコ2017年02月鉱工業生産

トルコ 02月鉱工業生産

01月実績前月比+1.3%、市場予想同+1.2%、結果同-0.4%

前年実績前年比+2.6%、市場予想同+2.5%、結果同+1.0%

ああー…駄目だ、前月とほぼ同じ市場予想に対し、大きくマイナスに。

前月が良かっただけにその反動か。

トルコは日本同様、資源が少ない国(人的資源は除く)なので、この鉱工業生産指数を上げて、原材料を輸入し、加工し、輸出して国を発展、豊かにしようとエルドアン大統領は考えています。

ひと昔はトルコの産業は、農業、観光業でしたが、今ではまさしく日本と同じように自動車などの付加価値の高い工業製品を主力にして頑張っているのいるのですが…。

確かにトルコ経済だけでなく、主な輸出先である欧州経済の景気経済が上向かないと、この数値も上がらない指標です。

トルコ側だけの責任ではないですが、エルドアン大統領には現在のトルコリラ安の材料に、もっと工場誘致に邁進して欲しいです。

現にドイツ、フランスの有力工場は、ドイツ、フランス内の工場を閉鎖し、人件費の安いポーランドに工場移転をしています。

(こういう背景がフランス大統領選挙の極右政党国民戦線の跳躍となっています)

この流れに沿って、フランス、イタリアの向上は是非トルコ国内に!(笑

船を使って地中海を渡って直ぐですよ♪

その為にもエルドアン大統領には引き続き治安対策・治安回復に努めて欲しいものです。


トルコ2017年02月経常収支

トルコ 02月経常収支

01月実績-27.6億USD、市場予想同-25.3憶USD、結果同-25.3億USD

こちらは市場予想通り!

しかも前月実績より改善!

それにしても、相変わらず自動車製造と輸出は好調という話だが、他が悪かったのか。

(そもそもトルコのマスコミだけに好調な自動車業界の話は大きく、不調な他の業界の話はしないことも十分あり得る)

まあ、絶好調のアメリカ経済は別として、他の国は上がったり下がったりです。

来月に期待したいです。


02月鉱工業生産と経常収支でトルコリラ

トルコ02月の鉱工業生産と経常収支の結果、トルコリラがどうなったかと言うと…。

こちらの微妙…誤差の範囲かな。

どちらかというとトルコの経済指標以外の要素で動いている気がします。

まあ現在、世界的な地政学リスクの上昇(シリア問題、北朝鮮問題、米ロの対立)によるリスク回避姿勢が強すぎて、トルコの1指標なんて相手にされていません。

分かり切ったことですが、トルコ経済やトルコリラ、クロス円のため日本経済や日本円よりも、やはり米国経済や米国ドル次第と言う結果となっています。


トルコリラ取引の参考にとトルコリラ円為替売買動向を作りました。

くりっく365上でのTRY/JPY売りとTRY/JPY買いの枚数を週ごとですが、記載しています。

「TRY/JPY買い勢の多くがロスカット(強制強制決済)された!」(かも)などが見て取れます…。

またトルコリラを運用する上で、真面目に選定したFX会社比較ランキング作りましたので、参考にしてやってください♪

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑

GMOクリック証券 マネーパートナーズ
スワップポイントはいつでも引き出し(出金)可能!